稼げる情報商材と詐欺商材を見極める方法。

井上です。


年末時期に近づくとネットビジネス業界、
情報商材業界はほぼ決まったように、


「高額塾」


と呼ばれるような価格帯の情報商材や、
それらの販促を控えた無料オファーが飛び交います。


ですが、残念ながら、毎年のようにそのほぼ全てが
多くの「被害者」と呼ばれるような人達を生み出してしまう、
散々な結果に終わっていく傾向にあるのが現実のようです。


そのような「結果」が明るみになって初めて、
それらの高額塾や情報商材などは


「詐欺商材」


と呼ばれたりするわけですが、
そういったものが詐欺(まがい)である事は、
それらにお金を支払った人達には知る由もありません。


そのような事を知る由も無かったからこそ、
そのような高額塾や情報商材に代金を支払い、


「被害者」


になってしまっているわけです。


ですので、今日は詐欺商材のレッテルを貼られてしまう、
そんな高額塾、情報商材などの見分け方。


対する優良な情報商材の見分け方、
その判断方法などを私なりの視点で言及してみたいと思います。

稼げる情報商材と詐欺商材を見極める方法。


まず、ここ最近の高額塾と呼ばれる情報商材や、
インフォトップなどで一気に売れるような情報商材は、
その大半が、決まった特定のインフォプレナーか、
そういう人が「仕掛け人」になっているものなのが現実です。


ですので、その高額塾に先立つ無料オファー、
情報商材を率先して紹介しているアフィリエイターも、
その特定のインフォプレナーとの「繋がり」があるような、
決まったアフィリエイターばかりなのが実状なんです。


もちろん、インフォプレナーとアフィリエイターが
個人的に繋がっている事自体は何ら悪い事ではありません。


ですが、さほど「良いもの」とは言えないような情報商材や、
極論、ほぼ詐欺に近いような情報商材の販売を「結託」し、
その片棒を担いで押し売りしているようなアフィリエイターが、
実状として、少なからずいるというのが現実なんです。


ただ、逆にそのような実状を「逆手」に取れば、
明らかに粗悪で詐欺的な情報商材に関しては、
そのようなインフォプレナーやアフィリエイターの


「繋がり(相関図)」


で割り出せない事もありません。


それこそ、詐欺的な情報商材を次々と世に出してくる、
特定のインフォプレナーやその仕掛け人となっているような人は


「ネタ元になる人(情報やノウハウの提供者)」


をあの手、この手で差し換えてくる傾向にありますが、
意外にその販売責任を担っている業者(特定商法記載の業者)や
それを売っているアフィリエイターは、ほぼ同じ顔ぶれだったりします。


要するに、表面的な「情報提供者」は変わっていても、


・特定商法表記上の販売者(販売業者)

・それを広めるアフィリエイター達



これらはわりと同じだったりするわけです。


もちろん、その「仕掛け人」によっては、
特定商法表記上の販売者(販売業者)も綺麗に差し替えてきますが、
それでも、それを広める「アフィリエイター」はそうそう変わりません。


ですので、特定の情報商材や高額塾が気になった場合は、


・その情報商材やオファーの名称で検索する

・そのオファーを出している人、販売者の名前で検索する



これらはまず最初にやるべき事ですが、これと併せて、


・特定商法表記を確認してその販売業者名を検索する

・それを率先して紹介しているアフィリエイターを検索する



これらも併せて行っていく事をお勧めします。


その情報商材や販売者名であまりに悪評が多い場合は、
もはやその時点で、その情報商材は要注意ですが、
新しく世に出てきた情報商材や情報提供者の場合ですと、
当然、そういった悪評などの情報はほとんど出てきません。


ただ、そういう場合も特定商法表記上の販売業者名や、
それを率先して広めているアフィリエイター名で検索をすると、
その業者やアフィリエイターの過去の評判が出てきますので、
そこで「前科」のようなものが出て来る場合はやはり要注意です。


要するに、そういう販売業者やアフィリエイターは、
以前も粗悪な情報商材や詐欺的な情報商材を販売、紹介して、
悪評が立っている可能性が高いので、それを確認するわけです。


ただ、ここで注意するべきなのが、
ネット検索で「評判」や「悪評」をチェックしていく際、
幾つかの(複数の)サイトの評判を出来る限り多く見てください。


というのも、十分に内容が伴っているような情報商材や、
しっかりと真っ当にやっている販売業者やアフィリエイターでも、
少なからず「悪評」「批判」のようなものはあって当たり前だからです。


100人が100人、大満足するような情報などそうはありません。


また、この業界は「同業者による誹謗中傷」のようなものもあるので、
そこに書かれている悪評や批判が全て「事実」とは限らないんです。


ですが、実際に幾つかのサイトの評判を通して見ていけば、


「何が本当で何が嘘か」


くらいは、それとなく見えてくると思います。


それこそ、本当に悪質で詐欺的な情報商材や、
そういう情報商材を売っているような業者、アフィリエイターは
総合的に見ても、圧倒的に悪評や批判が書かれたサイトの方が多いです。


逆に言えば、本当に良質な情報商材や、
そういう情報商材をまともに売っている販売者、
そういう情報商材を真っ当に紹介しているアフィリエイターは、
確実に批判的な声よりも「肯定的な声」の方が多いんですね。


ですので、数件の悪評や批判の声でその情報商材、
その販売者やアフィリエイターを判断するのはちょっと早いです。


それこそ、私の名前、


「井上太一」


で検索しても、10件に1件くらいは、
私の事を批判しているような人の意見も無いことはありません。


また、私が全力でお勧めしているような情報商材でも、
やはり、少なからずそれを肯定しない意見は出てきます。


ですが、やはり全体的な比率で見れば、
本当にまともにアフィリエイトをしている人や、
本当に良質な情報商材は確実に「肯定的な評判」の方が多いです。


ですので、ネット上でその「評判」を調べていく際は、
あくまでも全体の「比率」で見てください。


どっちの方が多いか、ですね。


もちろん、半々くらいの割合で批判意見と肯定意見がある人は


「人によって、その情報商材やその人自身の評価が分かれている」


という事ですから、そこはその情報商材や、その人のスタイルなどが、
自分に合っているか、自分の求めるものに合致しているかを、
それこそ、そういった評判を指標にして判断していけばいいと思います。


やはり、明らかに詐欺的な情報商材やそういうものを売っている人は、
全体的に、相応の評価を受けている傾向にありますので、
絶対数として、悪評の比率が情報商材や、そういった販売者、
また、そういうアフィリエイターが推奨する情報商材は要注意です。


稼げる情報商材と詐欺商材を見極める方法。まとめ。


以上、優良な情報商材と詐欺商材を見極める方法としては、


・その情報商材やオファーの名称で検索する

・そのオファーを出している人、販売者の名前で検索する



この辺りは既に多くの人がやっていると思いますが、
これさえもやっていない人も未だに少なくは無いみたいなので、
それが高額な情報商材であるほど、まず「評判」をチェックしてください。


ただ、新しく世に出てきた情報商材や販売者の人など、
あまり参考になる評判が何も出て来ない事がありますので、


・特定商法表記を確認してその販売業者名を検索する

・それを率先して紹介しているアフィリエイターを検索する



この2つによって出て来る「評判」も要チェックです。


おそらく、こちらで何の評判も出て来ない事はないと思いますので、
あとは、その全体的な比率や1つ1つの評判内容の方で、


「本当にお金を出すだけの価値がある情報商材なのか」

「本当に信頼できる販売者(アフィリエイター)なのか」



を判断していく事をお勧めします。


ほんの一部の批判的な意見や事実と違う同業者の中傷意見だけに捉われず、
あくまでも全体的な評判の比率や内容で判断していくべきだという事ですね。


是非、参考にして頂ければと思います。


それでは、また次回。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年3月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス

NAVERまとめで稼ぐ事が出来るか。集客性とインセンティブ収入はについて。

井上です。


先日ご紹介した某情報商材のレビューで、
その内容が「NAVERまとめ」を利用するものだと記載したところ、


「NAVERまとめを使えば稼げるんですか?」

「NAVERまとめの集客ってどうやるんですか?」



というようなご質問を何件か受けました。


いい機会なので今日は「NAVERまとめ」について書いていきます。

NAVERまとめとは


NAVERまとめ(ネイバーまとめ)は、
あの「LINE」のサービスを提供している
LINE株式会社が運営している情報サイトです。


NAVERまとめ

http://matome.naver.jp/


様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、
ひとつのページにまとめて公開出来るというサービスで、
アクセス数に応じて報酬を稼ぐ事が出来まる
独自の広告収入プログラムを利用者に提供しています。


会員登録は無料で利用者は
ブログの記事を投稿するような感覚で

「まとめ記事」

を作成して投稿していく事が出来ます。


イメージとしてはウィキペディア(Wikipedia)に近いですが
ウィキペディア(Wikipedia)よりは遥かに敷居が低く、
お小遣い稼ぎが出来て自己アピールや集客等も自由に出来ます。


ウィキペディアのように自分が投稿した記事を
他の人にいじられる事もありません。


そう考えると感覚として言えば
ブログとウィキペディアを足したようなサービスですね。


ただ記事の投稿機能はまさに「まとめ」に特化していて
画像の挿入や文章の引用、見出しやテキスト挿入など
初心者でも簡単に「まとめ記事」が作れるようになっています。


そして自分が投稿した「まとめ記事」にアクセスが入る事で、
そのアクセス数に応じた広告収入が貰えるという仕組み。


これが多くウェキペリアにもブログにも無かった点で、
実際にお小遣い稼ぎ目的で、NAVERまとめに
そのまとめ記事を投稿し始めている人もたくさんいると思います。


ウィキペリアの編集なんてやった事が無かった人も
その敷居の低さとお金が稼げるという点で、
NAVERまとめの方は「やってみよう」という意欲が湧き、
実際にチャレンジしている人が多いようです。


そんな意欲を持って記事を投稿している人が急増しているせいもあり、
NAVERまとめは検索エンジンにも非常に好まれている傾向にあります。


ウィキペリアがあらゆるキーワードで上位表示を取れているように、
この「NAVERまとめ」も検索エンジンにはかなり好まれています。


そんな現状から、最近は「集客」の目的で、
この「NAVERまとめ」を利用し始めているブロガーや
サイト運営者なども増えて生きているというわけです。


NAVERまとめは稼ぐ事が出来るのか。


NAVERまとめの広告収入プランは
まとめインセンティブプログラムという名称で
下記のページに報酬プランの詳細が書かれています。


NAVERまとめインセンティブプログラム

http://help.naver.jp/faq?itemNo=1155


ただあまりに説明が細かすぎて正直ちょっと意味がわかりません。。。


グーグルアドセンスもそうですが、
こういう広告収入プログラムは何故かその報酬体系が複雑で、
ヘルプを読んでもイマイチ意味がわからない事が多いです。


この「NAVERまとめ」の報酬プログラムも
私としてはちょっと意味不明だったので、
理解している人の記事が無いかグーグルで調べてみたところ、
結論としてはおおよそこういうレートらしいです。


50PV=1円


要するにそのまとめ記事に50アクセスが入れば1円。


100アクセスで2円。


10000アクセスで200円くらいという事。


10万アクセスでも2000円くらいという事なので、
まあ・・・楽に稼げる話なんて無いという事ですね。


グーグルアドセンスの収益目安が
1万PVで2000~4000円くらいと言われていますから、
その目安と比較した結論を言うと報酬の目安は10分の1程度です。


ただ「NAVERまとめ」自体が検索エンジンに強いので、
ブログよりはアクセスが集めやすい傾向にある事も事実。


あとはこの目安をどう捉えるかですが、
やはりお小遣い稼ぎの域は超えないというのが実情のようです。


この「NAVERまとめ」の広告収入プログラム1本を
本業やビジネスとするのは現実的ではないと思います。


NAVERまとめを集客に利用する方法。


ではこの「NAVERまとめ」を集客に利用するのはどうなのか。


これは普通に「アリ」だと思います。


むしろNAVERまとめの広告収入プログラムを目当てにするより、
自分のブログやサイトへの集客媒体の1つとして利用し、
そのアクセスを有効に活用する方が私は賢いと思います。


現にそういう目的で利用している人もどんどん増えていますね。


例えばThe Million Writingの宇崎恵吾さんも
こういうまとめを作って集客を図っているみたいです。


>コピーライティング、マーケティング、文章の書き方のまとめ。

>心理学、行動心理学用語、マーケティング用語の一覧まとめ


このような形で集客の入口の1つとして、
自分のブログやサイトにマッチするまとめ記事を作成し、
引用元やリンク先としてリンクを張り巡らせておけば、
そこからの継続的な集客を見込んでいく事が出来ます。


この「まとめ記事」が検索エンジンの上位にヒットするようになれば、
それこそかなりのアクセス数を見込み続ける事が出来るわけです。


そう考えるとこの「まとめ記事」の方も、
ある程度、キーワードを意識して作成していけば、
その記事が狙ったキーワードで上位表示される可能性も高まります。


オーソドックスな利用方法としてはこんなところだと思いますが
やっておいて損は無いのではないかと思います。


トレンドアフィリエイトなどをやっているような人は
何かトレンドに沿ったまとめ記事を作り、
そこからブログへの誘導を図っても面白そうですね。


こういった新たな媒体を活用したマーケティングは
まずはやってみる事が大事ですから、
興味や可能性を感じた人は是非、やってみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年3月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス

ネットビジネスで「稼げない人」の共通点。

井上です。

今日の記事は「ネットビジネスで稼げない人の共通点」というテーマです。


私がネットビジネスを始めた際に集中して研究した1つの要素が
この「稼げていない人の共通点」でした。


そして今も多くの人の相談を受けている中でも
稼げていない人には「落とし穴」と言ってもいいくらい、
大半の人が陥っている共通点がある事が見えてきています。


今日はその落とし穴の中でもとくに重要な点を紹介していきます。


「あれ、それって自分に当てはまるぞ…」


そんな部分があった場合は即、改善した方がいいと思います。


稼げない人の共通点1:嘘で押し売り。


「こんなに一生懸命レビューを書いているのに売れません。。。」


そんな相談を持ちかけてくる人には大抵この共通点があります。


もちろん、一生懸命レビューをするのは全然いいです。


本当にいいものを強く推奨する事も悪いとは言いません。


ただダメなのは自分が何の実績も成果も得られていないものを
あたかもそれが確実な情報であるかのように「押し売り」する事です。


実際のところ新しい情報商材を盛んに取り扱う、
大半のアフィリエイターはこれに該当しています。


私はだからせいぜい10万とか、
良くて100万くらいしか稼げないんだよ。と言いたいです。


いや、それでも十分です!という人はいいかもしれませんが
それでもそんな事をやっていたら絶対に長続きはしません。


何故なら情報商材の大半はハズレだからです。


そんな実際はなかなか再現性の低いノウハウを
あたかも確実だと言われて売りつけられた人はどう思いますか?


間違いなくそのブログからは二度と情報は買いませんよね。


そもそも発売後2~3日とか1~2週間の情報を
これは本当に最高の情報です!みたいな売り方をしている時点で…。


そんな短期間で情報の再現性なんてまだわからないでしょ、普通。


そういう意識で書いている文章に人が惹きつけられるはずがありません。


その記事を書いている人が根っからの一流詐欺師だというなら話は別です。


それでも先ほども言ったように売上が上がるのはほんの一瞬ですし、
仮に一流の詐欺師なら発売して数日の情報をベタ褒めしたりはしません(笑)


そんなバレバレの嘘はつかないですね、間違いなく。


要するにやっている事がどういう視点で見てもダメダメという事です。


それなら素直に価値のありそうな情報を見つけて
その検証実績をありのまま載せていく方が絶対にいいと思います。


価値のある情報がわからない?


それならまず私が推奨している情報を試してみてください(笑)


少なくとも私は自分が実証できた本当に価値のある情報しか薦めてませんので。


ひとまずの鉄板教材はやはり「ミリオンライティング」ですかね。


では次にいきます。


稼げない人の共通点2:エセ成功者を意識し過ぎる。


私はネットで目立っている人の大半はエセ成功者だと思っています。


稼いでいないのに稼いだという言い張る事は誰でも出来ます。


そしてそんな人達の言葉を真に受けてしまっている人は大抵うまくいきません。


当然ですよね。


実際に稼いでもいない言葉に耳を傾けてそれを真に受けてるんですから。


大抵そういうエセ成功者の意見はあれは詐欺、これは詐欺という中傷と
「だけどこれは本物です。」というような押し売りレビューです。


実際にその押し売りレビューにさえ流されてしまい、
ほとんど価値の無い情報にまで手を出してしまうという始末…。


結局自分の意見やノウハウを持っていないようなエセ成功者は
そうやって適当な中傷記事を書いて信用を得ようとします。


まあ批判意見というのはどんなものでも説得力を感じるのが人間です。


実際にこの業界は詐欺的な情報が多いので
その意見が最ものように聞こえてしまう事も多い。


でもあれが詐欺だこれも詐欺だと言っている人ほど
その人も同じ穴のムジナだという可能性は極めて高いです。



そうやって適当な中傷記事を書いて
自分自身や関係者の情報を押し売りしていくわけですね。


そんなものに引っかかっていては話になりません。


価値の無い情報を示していくより
価値のある情報を提供していく方が人のためになる事は明白です。


実際にインフォトップなどのアフィリエイターで
売上上位に入っているような人の媒体を見てみてください。


あれが詐欺だこれが詐欺だと
他人の批判をしているような人は一人もいないはずです。


それぞれが自分なりに価値のある情報を提供しているはずです。


そういう姿勢でビジネスをしている人は
その人自身も常にスキルやノウハウを向上させているものなんです。


他人のあら探しをしていても身に付くものなど何もありません。


そんなエセ成功者の意見に振り回されず、
自分なりに価値のあるものを提供していく姿勢が
結果として自分自身も向上させていけるという事です。


もうそんな情報に振り回されるのはやめましょう!


では次。

稼げない人の共通点3:
テーマ、目的、ターゲットが明確になっていない。


今回の記事はどれも重要な要素ですがとくにこれが一番大事です。


うまくいっていない人は大抵そのコンテンツに
テーマや目的、そのターゲットが明確になっていません。



逆に言えばうまくいっている人が皆これらを一貫させているという事です。


SEOが大事です、ライティングを勉強しましょう、これからは動画の時代です。。。


これでは読んでくれている人達に愛想を尽かされて当然です。


勿論ネットビジネスで稼いでいくためにはどれも重要ですし
その分野で価値のある情報を紹介していくのもいいと思います。


ただどの情報を紹介していく時も「これが最も大事!」みたいな言い方をされれば
聞いている方も当然ウンザリしてきます。


複数のテーマを取り扱っていく事が悪いとは言いませんが
テーマを広げていくのは1つのテーマで多くの人と信頼関係を築いた
その後にするべきだと思います。


まずは1つのテーマで信頼関係を築いていく事が大切です。


目的やターゲットに関しても同じです。


ターゲットを広げるのは結構ですが広げるほど
多くの人に共感を得られるだけの文章スキルが必要になります。


趣味も思考も違う人達から共感を得られる文章というのは
そう簡単に書けるものではありません。


だからこそ最初はある程度ターゲットを明確にして、
その人に向けた文章を書いていくわけです。


ターゲットを明確にすればそれだけ特化した文章が書けます。


そういう文章にこそ人は共感するわけです。


この辺りの考え方ははまさに「ミリオンライティング」の受け売りですが
この点の「文章に宿る無意識の力」というのは、
あまり文章などを書いた事の無い初心者ほど強く出てくる傾向にあります。


ある程度スキルを上げていけばそれをコントロールすることも可能ですが
やはり最初は自分自身の意識が無意識的に文章に現れるわけです。


ただ重要なのはターゲットを明確にするというだけではありません。


その上で「目的」を明確にする事も大切です。


メールマガジンに登録して欲しいのか、
無料オファーを受けて欲しいのか、
紹介する情報を買って欲しいのか。


あれもこれもと要求すれば読み手は結局どうしていいかわからなくなります。


1つのテーマ、1つのターゲットに1つの目的。


まずはこれが基本原則だと考えてください。


1つ1つのコンテンツ、1つ1つの記事、1つ1つの文章、
これら全てにこの基本原則が当てはまっていくわけです。


何をするにもまずはこれを意識していくようにしてくださいね。


追記

ちなみにこの記事の目的をあえて言わせてもらうなら、
1つは「この人の話はタメになる」と思ってもらう事です。


そう思ってもらえればまたブログに来てもらえると思いますし、
メールマガジンに登録してみようと思う人も出てきます。


勿論、純粋にこういう大切な事を多くの人に学んでもらいたい、
そのために大事な事を伝えたいという気持ちもあります。


今の私のビジネス自体がそういう観点からスタートしているわけですから。


そういうわけで私のメール講座の方では
こういったブログ講座でお伝えしているような内容を更に掘り下げて、
より具体的な事やそのノウハウなどをシェアしていっています。


興味があれば是非登録してみてください。


井上太一の無料メール講座


追記2

あと、記事の中で名前が出ていたミリオンライティング。

私が知る限り最高のライティング教材です。

興味がある人はこちらを読んでみてください。

ミリオンライティングのレビュー


それではまた。

>ブログ講座一覧へ

タグ

2013年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス ブログ講座

ネットビジネス講座~初心者が1000万円を稼ぐまでのステップ~

井上です。


今日は私が実際に歩んできたネットビジネスのステップを踏まえて
最も初心者向けなビジネスモデルから
段階を追ってネットビジネスの種別を分けていきたいと思います。


勿論この段階通りにビジネスを進めていく必要はありませんが
右も左もわからない人がコツコツと収入源を増やしていくという点では
これから紹介するステップが一番すんなりといくのではないかと思います。


それではまず第一段階から。


ツイッターを利用したアフィリエイト



まず私が推奨するのはツイッターを利用したアフィリエイトです。


私はブログとメールマガジンからビジネスをスタートしたのですが
ブログへのアクセスやメルマガの読者を増やしていくのに比べて
ツイッターページへのアクセスやフォロワーを増やしていく事の方が
遥かに簡単な作業でわりすぐに出来てしまいます。


ツイッターのアフィリエイトに向いているのは下記の2つ。


・楽天アフィリエイト

・無料レポート、無料オファーのアフィリエイト



楽天は幅広く色々な商品をアフィリエイト出来る点から
あまり警戒される事なく自然にアフィリエイトが出来ます。


無料案件のアフィリエイトもお金がかからないという点で
試に読んでみようという人がわりと出てきやすい利点があります。


アフィリエイトでツイッターの利用者をターゲットにする場合は
あまりにビジネスっぽい事をすると敬遠されてしまうため、
こういったライトな商品が適しているわけです。


いずれも高額案件とは言えませんが
月に数万円程度はこれだけでも十分に稼ぐ事が出来ます。


勿論あなたとしてはもっと稼ぎたいと思われるかもしれませんが
100万円を稼ぐにはまず10万円。


10万円を稼ぐには1万円。


1万円を稼ぐにはまず1000円です。


背伸びをするから結果がついてこない事もありますので
まずは一歩一歩収入を増やしていく事に重きを置いていきましょう。


わりと真面目にフォロワーを増やしていけば
2000人くらいのフォロワーで月数万円は十分に稼げるはず。


その具体的な手法などはメール講座などで公開していますので
興味が湧いた方は是非こちらの方も購読頂ければと思います。


無料メール講座はこちら


ツイッターアフィリエイトである程度のフォロワーと実績が上がってきたら
それを利用して次のステップに進みます。


ブログアフィリエイト×アドセンス


次なるステップとしてはブログを作る事をお勧めします。


ブログではアドセンスなどの広告を貼り、
クリック課金型の報酬を稼いでいくのがいいと思います。


ツイッターの方からもブログへアクセスを流せるので
アドセンスの報酬ならおそらくすぐに数千円単位で上がり始めるはずです。


ブログの方はテーマを決めて、
毎日そのテーマで更新を続ける事が重要になります。


SEOやら何やら色々と言われていますが
結局のところ質の高いサイト(ブログ)を運営するのが一番です。


グーグルもどんどん進化していますので
小手先のSEOでは結局すぐに順位は落ちてしまいます。


ブログの更新頻度が高く質の高い記事を更新していれば
アクセス数も検索順位も必ず自然と上がってきます。


これは私が様々な研究をしていった上での結論ですので間違いありません。


ですので、出来るだけ質の高い記事を書ける
自分の好きなジャンルでブログを作りましょう。


好きでもないジャンルの記事を更新し続けるのは苦痛なものです。


まずは騙されたと思って2カ月くらい
一生懸命好きなジャンルのブログ記事を更新し続けてみてください。


ツイッターを合わせれば間違いなく数万円の収入にはなっているはずです。


オークションビジネス


ここでアフィリエイトから少し離れて
オークションビジネスを初めていくのもいいと思います。


人によってがここから手を付けるのもありかもしれません。


日々のコツコツと作業を続けていく事が
少しづつ収入に繋がっていくアフィリエイトに比べて
オークションは買った売ったでわかりやすく利益が出ます。


ただそれだけに何のノウハウも持たずに始めると損をする可能性もあるため、
先立つ勉強とある程度のリサーチが必須になります。


アフィリエイトに関してはまずやってみろという考えですが
オークションビジネスに関してはまず勉強しろという感じでしょうか。


このブログでもオークション関係の情報を、
無料のもの、有料のもの問わず紹介していますので、
一度目を通してみてはどうかと思います。


ブログアフィリエイト×物販・情報


アドセンスである程度の収入を手に出来るようになったなら、
そのブログのキャッシュポイントをもう1つ増やします。


物販か情報商材をアフィリエイトしていきましょう。


先立って決めたジャンルによって、
マッチしそうな物販もしくは情報などを扱っていくのがいいと思います。


どちらにしてもいきなり高いものを紹介してもおそらく成果が出ないので
まずは数百円とか数千円くらいのものを紹介していってください。


サイドバーに貼っておくというのもありですが
こういった成果報酬型のアフィリエイトはやはりレビューがモノを言います。


ここから購買意欲を掻き立てる文章が要求されるようになるわけです。


コピーライティングというヤツです。


文章を書くのが苦手という声はよく耳にしますが
ネットで数十万円単位のまとまった収入を稼ぎたいなら
ある程度のコピーライティングは必須です。


もしもコピーライティングの力無しに数十万円というお金を稼ごうとしたなら
数万、数十万というアクセスを集めるサイトが必要になります。


そんなサイトを作るより数百アクセスで稼げる
ライティング力を付ける方が絶対に楽です。


月に数十万円稼ぐ程度のライティング能力なら
さほど努力しなくてもポイントを押さえる程度の勉強で十分に身に付きます。


メール講座ではそういったライティング講座などもやっていますので
興味があれば是非購読頂ければと思います。

無料メール講座はこちら


メルマガアフィリエイト


これはブログで情報商材を扱い始めるタイミングで同時に初めてください。


メルマガアフィリエイトの収入はとにかく読者次第です。


読者の質と量。


あとはそこに発信していく情報次第で全てが決まります。


読者はブログで集めていく事を基本にすれば質はおのずと高くなります。


お金をかけて読者増サービスなどを使うのもアリですが質はあまり良くありません。


とにかくブログやツイッターからコツコツとでも読者を集めていく事です。


実際にこの記事にも2回ほどメール講座の案内をしましたよね?


こうして私もコツコツとブログから読者さんを集っているわけです。


仮に1万人の読者がいたならわずか1%の人が
1万円の情報を買ってくれるだけでその日の売上は100万円です。


情報商材なら3万円、5万円というものもたくさんありますし、
そういうものには大抵2万円、3万円の報酬がついています。


つまりそんな読者が10万人、20万人いたら・・・


計算するだけでも楽しくなってきますよね。


ただこれは全く非現実的な話ではありません。


実際に私はこうしてメルマガ一通で
一日に100万円単位のお金を普通に稼ぎ出しているんです。


私がネットビジネスを教えた人達の話をしても
ブログとメルマガで月に数十万円なんていうのは普通にザラです。


ツイッター+ブログ → メルマガ


この集客プロセスが基本と考えてください。


ツイッターで売り込みはNGですが、
自分のメルマガまで関心が高まっている人達になら、
自分が価値のある商品だと思うものを紹介するのは多いに結構です。


実際にそれで反応が取れるはずです。


ただ価値の無いものを売り込むのは絶対に辞めましょう。


その時は稼げるかもしれませんがそれっきりで終わってしまいます。


当たり前の話ですね。


でも多くのアフィリエイターはこの当たり前の事をしていません。


要するに目先にお金のために大損をしているんです。


こういうところもメール講座では詳しくお話ししています。


ステップの方もここまで来たら次はこれしかありません。


情報起業


最後のステップとして興味があるならこれもアリだと思います。


この段階まで来ると自分なりのノウハウというものも固まっているはずですので
それをマニュアルにして販売していったり、
コンサルという形で教えていく事をビジネスにしていくわけです。


よく○○塾と謳われているものがまさにこれですね。
(こっち系の教材は良いイメージのものがありませんが)


アフィリエイトは自力で売り上げを上げてなんぼですが
情報の販売者になるとそんなアフィリエイターが
自分の商品を売る側に回ってくれます。


その頃にはネットを介してでも関係を築けている人がいるかもしれませんし
仮に自分で自分の商品を売っても売り上げがほぼそのまま利益になります。


自分自身にある程度の販促力がついていれば
ASPのランキングなどに顔を出す事もそう難しくはありませんので
そうなれば勝手に他のアフィリエイターも協力し始めるわけです。


私はほとんどのノウハウを無料で公開している方なので
あえてお金をとって教材にしようという考えは今のところありませんが
この段階ですと月収1000万円も普通に見えてくるラインだと思います。


ツイッターを媒体にしたアフィリエイトから
ブログ、オークション、メルマガ、情報販売というステップ。


これが一から月収1000万円を目指すわかりやすい流れではないかと思います。


まだこういうビジネスには何1つ手をつけた事が無いという人は
まず10円、100円、1000円と実際に稼ぐステップを体感してみてください。


一歩を踏み出してその成果を出す事が出来たなら、
その一歩を二歩三歩と進めていけばいいんです。


何か壁にぶつかった時や聞きたい事がある時はいつでもメールなどを頂ければ
私の方からも可能な限りアドバイスをさせていただきますよ。


そうやって良い関係を築きながら、
質の高い情報を共有していくのが私のスタイルなので。

>ブログ講座一覧へ


PS

ここでお話ししたステップの具体的な事例なども
メール講座の方ではわりと詳しくお話ししたりもしていますので
よろしければこちらの方にも登録頂ければ嬉しいです。

無料メール講座はこちら

タグ

2013年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ネットビジネス

このページの先頭へ