LINE@とメールマガジンの今後の市場、需要動向。

井上です。


今更、あえて言う事でもありませんが、
スマートフォンの普及と共に


「LINE」


がメールに変わる通信手段として主流になってきています。


スマートフォンのユーザー同士であれば、
今はメールのやりとりよりも明らかにLINEが主流ですからね。


そうなると、私達のようなアフィリエイターも含めて、


「メールマガジン」


を情報発信の手段として用いていた事業者なども、
そこに「LINE」を導入するべきかという選択肢が出てきます。


実際に「LINE@」というLINEで
メルマガのような事を出来るサービスも登場していますので


リスト集め = メールアドレスの収集


というこれまでの流れを、


「LINEアカウントの収集」


に切り替えている業者さんもいるみたいです。


ネットビジネス系のアフィリエイターの中にも、
メルマガをやりつつLINE登録を促して、
両方を使い始めている人も少なからず見かけます。


そんなLINEが、メールマガジンを押し退け、
アフィリエイターや事業者からの情報発信手段としても、
今後、主流になっていくのかどうか。


そして、メルマガ発信をLINE発信に切り替えるべきなのかどうか。


今日は、その辺りの私なりの見解や考えを書いてみたいと思います。

LINE@とメールマガジンの今後の市場、需要動向。


まず、LINEは「到達率」がほぼ確実で、
そこはメールマガジンよりも明らかな優位性があります。


メールマガジンはどこのメルマガ配信スタンドを利用しても、
メールそのものが届かないという可能性が少なからずありますし、
届いても迷惑メールに入ってしまう可能性なども避けられません。


そこが開封率、既読率などにも絶対的に影響してしまうわけです。


その点で、LINEは基本、発信した情報そのものが
ユーザーに「届かない」という事はほぼ100%ないものです。


そして、今のご時世であれば、スマホに届いたLINEメッセージは、
まず大多数の人は、ほぼ確実に目を通すと思います。


そういう点で、LINEの到達率は100%、
開封率、既読率もほぼ100%に近いんじゃないでしょうか。


そこはメールマガジンにはない大きなメリットと考えていいと思います。


ですが、現に私は今もメルマガの読者を集め、
メールマガジンによる情報発信は普通にやっていますが
LINE@の利用も、LINE登録の収集も一切やっていません。


その大きな理由は以下の3つです。


・そもそもLINEは「アフィリエイト」を禁止している

・メルマガへの登録よりも登録のハードルが高く登録率に響く

・スマホで発信する情報や紹介するサイトなどを見て欲しくない



1つ1つ言及していきます。


◆そもそもLINEは「アフィリエイト」を禁止している

まず1つ目はLINEそのものの利用規約の問題で、
一応、LINEはアフィリエイトを禁止しているような規定があり、
おそらくLINE@などでアフィリエイトを大々的に行うと、
アカウントそのものを削除されてしまうと思います。


そうなった場合、集めたリスト(LINE登録)も抹消され、
顧客とコンタクトを取る術がいきなり無くなってしまうわけです。


これって、ものすごいリスクですよね・・・。


ただ、これはあくまでも使い方の問題なので、


「アフィリエイトリンクを直に紹介しないようにする」


といった形でアフィリエイトに利用できる余地は普通にあります。


基本、自分のブログやサイトへの誘導に留めるという使い方ですね。


まあ、それでも内容によってはLINEが禁止事項にしている、


「営業、宣伝、広告、勧誘」


とみなされる可能性はありますので、
それでもアカウント抹消のリスクは避けられません。


そういう点で、やはりLINEをメルマガの代わりにして、
LINE登録のみで顧客リストを集めていくというのは、
今の現状では「リスクが高い」というわけです。


◆メルマガへの登録よりも登録のハードルが高く登録率に響く

また、LINEは「メールアドレス」と違って、


「捨てアド」


というようなものは存在しません。


要するに、自分が普段から日常的に使っているスマホ1台につき、
普段、日常的に使っているLINEアカウントが1つしかないわけです。


それを登録させるからこそ、開封率、既読率が上がるわけですが、
当然、その「登録」というプロセスにはハードルが生まれます。


もちろん、メルマガの読者を集める視点においても、
強いて「捨てアド」の読者を集める意味は無いのですが、


・メインのアドレス

・サブのアドレス



といったものくらいは多くの人が普通に持っているので、
ひとまずは「サブのアドレス」でもメルマガの登録をしてもらえれば、
そっちのアドレスには、情報を発信していく事が出来ます。


登録する方も、一応はメルマガを読みたくて登録するわけですから、
サブアドレスと言えど、メインのアドレスほど頻度は高くないにせよ、
ある程度は定期的に確認して読みたいメルマガなどは読んでいるはずなんです。


ですが、LINEではこういうレベルの読者が集まらなくなるため、
どうしても「登録」へのハードルが高くなってしまい、
メルマガへの登録よりも、その登録率は少なからず下がってしまいます。


「ひとまずサブアドレスで試しに登録してみる」


こういう読者を集めにくくなるというわけです。


◆スマホで発信する情報や紹介するサイトなどを見て欲しくない

それでも上記に挙げた2つのみに関して言えば、
メルマガも一緒にやっておけばカバーできるデメリットだと思います。


なので、私がLINEを導入していない一番の理由は、
この3つ目に挙げるものが一番大きい部分かもしれません。


というのも、LINEで情報を発信したり、
LINEで自分のブログや何かのサイトなどを紹介した場合、
当然、LINEはスマホで見るものになりますので、
そのメッセージもブログも全てスマホで読まれる事になります。


これが、そもそも私は「嫌」なわけです。


少なくとも、私のメールマガジンやブログの内容は、
しっかりと集中して読んで「勉強」して欲しいものなので、
スマホで何となく暇つぶし感覚では読んで欲しくないんですね。


でも、いざメッセージがスマホにLINEで届いてしまうと、
どうしても、そのまま何となくそれを読まれてしまう事になりますし
そこにURLが貼ってあれば、そのまま観覧してしまうと思います。


そういう感じでメルマガやブログを読まれるのが嫌なので、
私は例え到達率や開封率が下がってしまうとしても、
やはりPC用のメールアドレスにメルマガを届けたいわけです。


LINE@とメールマガジンの今後の市場、需要動向。まとめ


ただ、これはあくまでも私の情報発信のスタンスや、
私のやっているメルマガやブログのテーマだからこその話なので、
そのスタンスやテーマによってはLINEで良い場合もあると思います。


ですので、そこは自分の発信している情報を
その読者やターゲットにどんなスタンス、
どんな意識で読んでもらいたいかで、
LINEの導入を検討してみてください。


世の中のほぼ全ての人がパソコンなど使わなくなり、


「Eメール(メールアドレスを介しての情報のやりとり)」


を一切しなくなったというような状況になれば、
嫌でもLINEによる情報発信を検討せざるを得ませんが
少なくとも、今はそんな状況ではありませんからね。


現に私も私が師事している方なども、
メールマガジンだけで普通に数字を出せています。


スマホでネットを見る人が増えているのは間違いありませんが、
机に座り、パソコンに向かっている人が減っているわけではないんです。


ネットを見るだけならスマホでも十分かもしれませんが、
やはり情報を打ち込んだりという「業務」の部分では、
パソコンを使ってネットを利用する人がいなくなる事はありえません。


そうである限りパソコンを使ってキーボードで情報を打ち込める、
メールの利用者や需要が無くなる事も考えられませんから、
私はまだまだメールマガジンだけでも十分だと思っています。


あくまでも私の私見ですが、私がメルマガの情報発信だけで
今も普通に「稼げている」というのは紛れもない事実です。


そこだけは現時点において、間違いありません。


そこも含めて、参考にして頂ければと思います。


LINE@とメールマガジンの今後についてでした。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年4月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メールマガジン

ステップメールに「シナリオ分岐」は必要なのか。

井上です。


先日「悪魔のステップメール」という、
ステップメールのマーケティング教材を紹介したのですが、
そのセールスレター及びマニュアルの内容には、


「ステップメールのシナリオ分岐」


を重要視する必要性が解説されていました。


悪魔のステップメールのレビュー


以下、その一部を引用した一文です。

ステップメールを配信するサービスも今ではたくさんありますが、

ここで一点、大事なことは、シナリオが分岐できないステップメールはほとんど意味をなしません。

(中略)

シナリオ分岐機能のないステップメールサービスはマヨネーズが入ってないポテトサラダと同じなのです。


この「シナリオ分岐機能」というのは、
予め決めておいた特定のURLをクリックした人だけを、
また別のシナリオに自動分岐していくような機能の事を意味します。


そして先ほどの「悪魔のステップメール」セールスレターの引用文は、
ステップメールは「シナリオ分岐機能」が無ければ
もはや話にならないと言わんばかりの文面です。


そんな「ステップメールのシナリオ分岐機能」ですが、
果たして本当にそこまで必要で重要なものなのでしょうか。


今日はその辺りの「必要性」「重要性」について、
私なりの視点で言及してみたいと思います。

ステップメールに「シナリオ分岐」は必要なのか。


ちなみに先ほど文面を引用した「悪魔のステップメール」という教材は、
もう7年も前の2008年頃からリリースされていた商材です。


つまりこの商材の販売者さんは、もうかなり前から、


「ステップメールにはシナリオ分岐機能が必須である!」


という事を唱えていたことになるわけです。


ですが、今現在、この業界でメールマガジンを
ステップメール化して配信しているような人は多くいますが、


「シナリオ分岐」


を使ってステップメールを組んでいる人はあまりいないと思います。


現に私もステップメールは普通に使っていますが、
シナリオ分岐などは一切やっていません。


勿論、シナリオ分岐はやればやったで「メリット」はあります。


ですが、その反面的な「デメリット」もあり、
総合的に考えて私は「デメリットが大きい」と判断している為、
意図的に「やっていない」わけです。


まずその「メリット」として挙げられるのは、
特定のURLをクリックした人だけを
シナリオ分岐していく事によってそのリスト全体から


「特定の情報に興味がある人だけを絞り込んでいける事」

「特定の属性の人達だけを抜き出していける事」



などが挙げられます。


そのような特定の情報に興味がある読者や、
特定の属性の読者だけを絞り込んでいけば、
それに応じた専門性の高い情報や特化した情報の発信によって、
より高い反応を狙っていく事が可能になるわけです。


そしてこのようなメリットに対してのデメリットですが、
まずその大きなものとして挙げられるのは、


「シナリオを分岐した分だけステップメール原稿が必要になり、
 その作成に相応の労力と時間と手間がかかるようになる。」



というところ。


ただ、これは「労力をかける以上のリターン」が期待できるなら、
存分にその労力を費やすだけの価値はあると言える部分です。


ですが、その肝心な「労力に対してのリターン」と言う面でも、
先ほどのシナリオを分岐させるメリット以上に、
私はシナリオを分岐させてしまう事で生じる
デメリットのが大きいという考えを持っています。


そのデメリットというのが、


「あえてシナリオを分岐してリストを分けてしまう事で、
 その分岐対象になった人にしか特定のメールを送れなくなる事」



要するに、


「分岐対象に“ならなかった人”に特定のメールを送れない事」


です。


勿論、ステップメールにおけるシナリオの分岐というものは、
シナリオ分岐によって分けた特定の人にだけ、
それに見合った特定のメールを送る為に行っていくものです。


ですが、言う程メールマガジンというのは、
全ての読者がしっかりと全てのメールマガジンを観覧し、
全てのメールを常に集中力を高めて読んでくれるわけでは無いんです。


これはどんなにブランディングが上手くいっていても、
読者さんには読者さんなりの生活リズムやテンションがありますので
たくさんの読者がいれば、人それぞれ、そのタイミング等によっても
その開封率や精読率などが変わってくるのは当然かと思います。


要するに本来であればシナリオ分岐されるはずの人が、
そのタイミング等の要因によって、
分岐されない可能性というのも少なからず考えられるわけです。


そしてそれは、読者が増えて来れば増えてくるほど、
その数も決して馬鹿にならないものになってきます。


シナリオを分岐してステップメールを組んでいた場合、
そういった「分岐漏れした読者」には、
当然その分岐対象になる人達へのメールは届かない事になりますので、
本来、上げられるはずの売上も上がらない可能性が出てきます。


私はそれが嫌なんですね。


それなら初めから全ての読者を対象にする前提で、
あえて分岐する必要も無いシナリオを組んで、
出来るだけ全てのメールを全ての読者に届けていった方が
私は「取りこぼしもなく成果を上げられる」と考えています。


結局、その方が複数のシナリオでメールを作る必要も無い為
手間も労力もかからない事になりますので、
私的にはその方が効率的でメリットが大きいと思うわけです。


また、そもそもの「リスト収集」の段階で、
ある程度、属性を絞って読者を集めていくようにしてしまえば、
強いてそれ以降でリストを絞り込む必要も無いというのもあります。


要するに、私のメルマガ(ステップメール)のスタンスは、


「常に全ての読者層が興味を持ちそうな情報、オファーを発信する」

「それを前提にリスト収集段階で属性を絞っていく」



という方向性で徹底していますので、
根本として「シナリオの分岐は必要ない」と判断しているわけです。


ただ、根底としてそういうスタンスを取っているのは、
シナリオ分岐をするとメールの見逃しや、
たまたまそのタイミングでURLをクリックしなかったような、
本来は「分岐対象になるはずの読者」が分岐対象にならず、


“そのメールや届けていきたい読者に対して
 その先のオファーを根本として送る事が出来なくなる事”



がシナリオ分岐の一番のネックとして挙げられるからです。


あえて手間と時間をかけてシナリオを分岐させ、
複数のステップメールのシナリオを作り込んでも、
いまいちその労力に見合うメリットが無い。


これが「シナリオ分岐」に対しての私の率直な意見ですね。


是非、参考にしてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年9月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メールマガジン

メルマガ配信スタンドの選び方とステップメールの必要性について。

井上です。


私はこのブログを介して以下のような
無料のメルマガ講座と有料のアフィリエイト講座をやっています。


(無料講座)井上太一の無料メルマガ講座

(有料講座)井上太一アフィリエイト倶楽部


いずれの講座でもメインで扱っている講義内容は、


「私がこのブログを介してどういう戦略で、
 どうやって年収3000万円以上を稼いでいるのか」



という私自身が実際にやっている,
この「アフィリエイト活動」を主とするもので、
その軸となっている戦略が「DRM」という手法になります。


DRM=ダイレクトレスポンスマーケティング、ですね。


一般的に言われているDRMのプロセスは、


1、リストを集め
2、リストを教育して
3、リストに売る


というものになりますが、私の場合は


1、このブログでメールマガジンの読者を集め、
2、その読者さんに有益な情報を提供して信頼関係を深め、
3、有益な商品を紹介(アフィリエイト)していく


という流れでDRMをブログアフィリエイトに応用しています。


まあ、ここまではこのブログでも無料講座の方でも、
何度も噛み砕いてお話ししているところなのですが、
私のDRMのプロセスにおいて重要な役目を担っているのは
あえて言うまでもありませんが、


・読者を集める為のこのブログ
・読者と信頼関係を作っているメールマガジン



この2つです。


基本的に私が提唱するアフィリエイト戦略は、
この2つのメディアを軸に展開していく手法なので、
私の講座に参加頂いた方には当然、同じ手法を推奨しています。


当然、それぞれにおいて最も重要になってくるものは、
その内容(コンテンツ)や情報の質なのですが、
その前段階でもう1つ重要になるのが


「どうブログを作っていくか」
(どのブログサービスを使っていくか)

「どうメールマガジンを発行してくか」
(どこのメルマガ配信サービスを使っていくか)


と言った、各メディアそのものの「サービス選び」です。


ちなみに「ブログ」におけるサービス選びについては、
以前、こちらの記事で私のブログの構築に使っている
ブログサービス等をほぼそのもあまご紹介済みです。


井上太一アフィリエイトブログの作り方。


ただ、「メールマガジン」の方については、
まだブログの方で取り上げた事が無かったので、
今回は私が使っているメルマガサービスについてと、


「メルマガ配信サービスを選ぶ際のポイント」


などについて解説していきたいと思います。

メルマガ配信スタンドの選び方について。


一応、基本的なところからお話ししていきますが、
メールマガジンの配信には、一般的に
メールマガジンの配信を行える「スタンド」を利用します。


メルマガ配信スタンドを利用する理由、メリットとしては、


・読者を集める為のメールアドレスの登録フォームが使えるようになる

・集めた読者(メールアドレス)の管理がしやすくなる

・多くの読者にメールマガジンを一括配信出来るようになる



そこへもう1つ「ステップメール」という機能が
そのメルマガスタンドに備わっていると、


・予め決められたシナリオに沿ってメルマガを自動配信出来る


というメリットが追加されます。


よって、メルマガスタンドを利用していく理由、メリットは、
主にはこの3つ、ないし4つが挙げられると思います。


勿論、これ以外にもメルマガスタンドには、
多種多様な機能が備わっていますので、
その機能の数だけ「出来る事」「メリット」もプラスされます。


例えば、


・名前挿入機能(読者の名前を挿入出来るようになる)

・メール開封率の計測機能(開封率がわかるようにある)

・クリックカウント機能(URLのクリック率が分かるようになる)

・シナリオ分岐機能(読者のアクションごとに配信シナリオを分岐できる)


などですね。


中には、こういった機能を重要視して、
メルマガスタンドを選んでいる人もいると思います。


ただ、初めてメールマガジンを発行していくような人が
さほどその「重要性」「使い勝手」もよくわからない状況で、
細かい機能を先立って気にしても、そこまで意味を成さない気がします。


少なくとも私はそう思いますので、
初めてメールマガジンを発行していくという人が
利用していくメルマガ配信スタンドを決めていく場合
強いて確信を持った「この機能が必要」という拘りがある人で無ければ、


「無料のスタンドを使うか、有料のスタンドを使うか」


を1つの選定基準にすれば良いかと思います。


勿論、普通に考えれば「無料」に越した事は無いのですが、
実質的に無料で配信を行えるメルマガスタンドで、


「到達率」
「機能性」
「安心度」


この3つがある程度の基準を満たしているメルマガ配信スタンドは、
私が知る限りでは1つしかありません。


以下の「まぐまぐ」という無料メルマガ配信スタンドです。


まぐまぐ:http://www.mag2.com/


まぐまぐは無料メルマガ配信スタンドとしては、
国内一の利用者数と運営実績がありますので、
サービスの安定性という点では下手な有料スタンドより上です。


「メールの到達率はまぐまぐが一番いい」


という意見もあるくらいで、
実際に有料のメルマガスタンドを使っている人も
まぐまぐを利用した配信を同時に行っているケースがあり、
サービスの安定性は申し分ない無料メルマガ配信スタンドです。


ですので「無料のメール配信スタンド」という選択肢は
私が知っている限りでは「まぐまぐ」という事になるかと思います。


ただ無料の配信スタンド(まぐまぐ)を利用していくか、
有料の配信スタンドを利用していくかは、
有料メール配信スタンドにおけるメリットを踏まえて、


「その有料配信スタンドのメリットに見合う価値」


がどれくらいかで判断していくべきかと思います。

有料スタンドか無料スタンド(まぐまぐ)か。


当然「有料の配信スタンド」にはそれ相応のメリットがあります。


端的に無料スタンドである「まぐまぐ」では“出来ない事”が、
実質的な有料スタンドのメリットという事になりますので、
その「まぐまぐでは出来ない事」としては、


・外部からの収集リストの一括登録

・ステップメールの配信

・その他の解析機能(開封率、クリックカウントなど)



主にはこんなところです。


外部からの収集リストの一括登録というのは、
読者増サービスなどを使って集めたリストや
無料レポートスタンドなどで集めたリストなどですね。


こういった外部からの収集を前提にする場合、
まぐまぐの利用はお勧めしません。


実際は「出来ない事も無い」のですが、
かなり高額な有料オプション料を取られますので
そのオプション料を払うくらいなら、
普通に有料の配信スタンドを使った方がいいと思います。


ただ、それ以上に大きいのはやはり「ステップメール機能」で、
メールマガジンをシナリオ化して自動配信していきたいなら、
やはりこの機能は外す事が出来ません。


現に私が「まぐまぐ」では無く、
有料のメルマガスタンドを利用している理由は、
この「ステップメール機能」がまぐまぐには無いからです。


登録直後にはこのメールを送って、
○日後にはこのメールを送って、
その更に○日後にはこのメールを送って・・・


という事を完全に自動化したい人は、
やはりステップメール機能が付いている、
有料のメルマガスタンドを利用していくべきだと思います。


現に私のDRMのノウハウは、
このステップメール講座を作り込んでおく事で、


「読者との信頼関係の構築から売り込みまで」


を完全に自動化していく事を前提にしていますので、
このような自動化の流れを体系化させていきたい場合は、
やはりスタップメールの機能は必須です。


ただ、とくにそういった自動化を考慮せず


「自分は常にリアルタイムな情報発信だけに徹したい」


という人であれば、ステップメールはとくに不要ですので、
まぐまぐを使ったメルマガ配信でもとくに問題はありません。


まあ、ビジネス的な効率性を重視するのであれば、
やはりステップメールによる自動化は絶対にした方がいいですけどね。


お勧めの有料メルマガ配信スタンド。


では、有料のメルマガ配信スタンドではどこがお勧めなのか。


この決め手は、


・到達率(サービスの安定性)

・ステップメール機能の有無

・料金



私はこの3つを重視するべきだと思います。


そこへ開封率やクリックカウント等の機能を求める場合は、
もう少しその機能性もチェックしていく必要がありますが
ここ最近の有料スタンドであれば最低限の機能は備わってます。


その辺りも含めて、私がお勧めしているのは、
以下の「アスメル」という配信スタンドです。


ステップメール配信スタンド「アルメル」


月額3333円のみで、シナリオ数、
配信読者数等の制限が一切無く、
到達率も含めてサービスの方安定していますので


・到達率(サービスの安定性)

・ステップメール機能の有無

・料金



これら3つの要素全てにおいて、
他の有料スタンドより好条件が揃っていると思います。


情報商材業界のアフィリエイターさんの多くは


「エキスパートメール」


というメルマガスタンドを推奨している人が多いですが、
私的には機能そのものが全般的に使いにくいという点と、
多くの人が言う程、到達率があまり良くないという点。


また、システムの仕様変更のようなものが頻繁にあり、
その度にエラーやバグが多く出る上に、
サポート対応があまり親切では無かったなど、
私はあまりお勧め出来る要素を感じませんでした。


対してアスメルの方は「以前までは」私自身も
メインで使っていたメール配信スタンドですので、
有料のメルマガスタンドとしては、
やはり私はこの「アスメル」の方をお勧めしています。

>ステップメール配信スタンド「アルメル」


ちなみに今現在、私が使っている配信スタンドは、
こちらのアフィリエイトプログラムに参加すると使わせてもらえる
プログラム参加者限定の配信システムの方を利用しています。

Copyrighting Affiliate Program

サービスの利用者が「プログラム参加者のみ」なので、
アスメル以上にメールの到達率等が良い傾向にあり、
そこが決め手で乗り換えました。

メール配信スタンドは全体的な利用者数が増えていくると、
どうしても全体的な到達率は下がってしまう傾向にある為、
こういう閉鎖的なサービスの方が安定性等は高い傾向にあります。

料金は月額2100円から利用させてもらえるようになっています。


以上、メルマガ配信スタンドの選び方と、
ステップメール機能の必要性等についてでした。


是非、参考にしてみてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メールマガジン

このページの先頭へ