確定申告で会社に副業、副収入がバレてしまう理由とバレない方法。

井上です。


アフィリエイトを副業でやっている。


このような人は非常に多いんじゃないかと思います。


そして、このような人の中には、


「実は本業(会社)の方で副業が禁止されている」


という人も、決して少なくはないんじゃないでしょうか。


当然、そのような人はバレなりように副業をしたいわけですし、
バレないように副収入を得ていきたいのだと思います。


ですが、実際にアフィリエイトで収入を得られるようになると、
当然、その副収入に関しては別途、申告が必要になります。


本業の方の収入は給料から税金が差し引かれていますが、
アフィリエイトなどでASPから支払われる報酬は、
一切、税金が差し引かれていないため、
自らその収入を税務署に申告する必要があるんです。


ただ、このような「副収入の申告」については、


「それが原因で本業(会社)に副業がバレてしまう」


という事が実際に「ある」のが実状なので、
副業、副収入を会社に隠したい人ようなにとって、
その申告をどうするかは悩みのタネの1つかもしれません。


ですので、今日のブログ講座では、


・副収入の申告で会社に副業がバレてしまう理由

・どのように申告をすれば、会社に副業がバレないのか



この辺りを言及してみたいと思います。


確定申告で会社に副業、副収入がバレてしまう理由とバレない方法。


まず1つ確実に言える事として、
確定申告をする事、した事自体がそのまま、
自分が勤める本業の会社に知らされる事はありません。


ですので、


確定申告をする = 会社に副業がバレる


というのは、大きな間違いなんです。


むしろ、アフィリエイトなどで稼いだ収入を申告しない時点で、
それは普通に「所得を隠している事」と同じですので、
金額によって、それは「脱税」にあたります。


ハッキリ言って、会社に副業や副収入がバレる可能性より、
国税や税務署に脱税がバレる可能性の方が遥かに高いですから


「副収入の申告をしない(確定申告をしない)」


というのは、会社に副業、副収入を隠す云々以前に
法律的にマズい事になってしまうのが現実です。


それこそ「脱税」の方で摘発されれば、
その調査などに会社側にもメスが入りますから、
もはやバレるバレないどころの話ではなくなります、、、。


よって、アフィリエイトである程度の副収入を得るようになったなら、
その収入を申告するという事は普通に避けられない事なんです。


一応、その申告ラインについては、


「雑所得は20万円まで申告が不要」


とされていますので、諸経費を差し引いた副収入が
年間20万円を超える場合は別途、申告が必要だと思ってください。


ただ、そのような副収入の申告を行った事自体が、
本業(会社)の方にバレるわけではないなら、
何故、会社の方に副業、副収入がバレてしまうのか。


それは「住民税の納税通知」が会社側に送られてしまうからなんです。


副業、副収入がバレる理由は住民税の納税通知。


住民税は基本的にお住まいの市町村に納付するものなのですが、
サラリーマンの場合は住民税の給料から天引きされるのが一般的です。


つまり、その天引きした住民税は会社の方が、
その社員が住民票を置いている市町村に納税しているんです。


そして、その住民税納付の流れとしては、
各市町村から天引きした住民税の支払いを求める通知が
1年の所得をもとに計算されて会社側に通達されます。


要するに会社側は1年に一度、
社員から天引きした住民税をその通達をもとに
代わりに納税していくというわけです。


その際、本業の方で手にしている収入とは別に
個人的に確定申告をした収入(所得)があった場合、、、


市町村側では、その別に申告された所得分の住民税の方も、
その人の住民税を天引きしている会社側に通達してしまうんです。


その社員に対して会社側で天引きしている住民税以上の金額が


「この社員さんの住民税は○○円なので納税してください」


という形で通達されてしまうんですね。


当然、そのような通知が市町村から届いた時点で、
その社員が会社から支給している給料とは別に、
何らかの副収入を得ている事は普通に分かってしまいます。


結果、そこで副収入、副業がバレてしまうというわけです。


副業、副収入を隠し通す2つの方法。


ただ、これが副業、副収入が会社側にバレてしまうロジックであるため、


「住民税の納税通知から副収入がバレないようにする事」


を徹底できれば、本業である会社側に対して
副業、副収入は普通に「隠し通せるもの」なのが実状です。


その方法としては大きく分けると2つあるのですが、
1つは確定申告の際に副収入分の住民税を自分で納税するようにする事。


2つ目は自分個人の所得を増やさないように、
副業で得た収入を法人の利益という形で申告する事です。


前者の方法は確定申告の際の簡単な手続きで行える分、
特別な手間などは一切かからないメリットがありますが、
これは市町村側の手違いなどで上手くいかない場合があり、


「100%ではない」


という、やや致命的なデメリットがあります。


一応、副収入の申告を個人で申告する際、
その分の住民税に関しては自分で納税するように
それを指定できるチェック項目も存在するのですが、
そこはお役所側の人為的な業務の一環になってしまっているため、


「職員の確認ミスで会社側に納税の通達が行ってしまう」


という事が少なからずあるのが実状のようです。


私自身にそういう経験があるわけではありませんが、
実際、こういう情報はよくネットでも目にしますので、


「自分で納税するように申告をしたので大丈夫」


と100%安心できる対策ではないのが現実みたいですね。


そういった点で100%確実にバレずに済むのが、
根本的に自分個人の所得を増やさない事であり、
自分個人の所得が増えなければ住民税も増えませんので、
会社側に住民税の通達云々で副業がバレてしまう事もありません。


そしてそれを実現できるのが2つ目に挙げた、


「会社(法人)を作って全ての収入を法人の利益として申告する」


という方法なわけです。


確実な対策は「会社(法人)」を作る事。


基本的に法人(会社)の利益と個人の利益は別モノなので、
法人に幾ら利益が積み上がっても個人の所得とは関係ありません。


よって、住民税が上がってしまう事もないため、
その兼ね合いで会社に副業がバレる事もなくなるわけです。


もちろん、これは実際に会社(法人)を作る必要があり、
会社の方で利益を計上していく必要がありますから、
経理という点では多少、手間が増える部分もあると思います。


ですが、長い目で見ると個人よりも法人の方が、


「節税効果」


という点では数多くのメリットがありますので、
副業の方での「儲け」が増えていけば増えていくほど、
法人化は早いに越した事はありません。


実際、私もアフィリエイトの収入は全て、
会社(法人)の売上として計上してますからね。


ですので、副業がバレるバレないで、
会社(本業)の方との兼ね合いを気にして、
確定申告の度にビクビクしている人も多いようですが、


「会社(法人)を作って申告すればいいのに。」


というのが率直なところです。


結局のところ、それが最もバレない申告方法ですし、
節税という点でもメリットが大きいからですね。


会社設立に要する費用なんてたかが知れてますし、
それ以上の費用対効果は「節税効果」の方で十分に生まれます。


そして何より、それくらいの利益をしっかりと出せばいいんです。


儲けるため、稼ぐために副業をやるなら、
稼げれば稼げるだけいいに決まってますから、


「稼げるだけ稼ぐためにやる」


のであれば、遅かれ早かれ法人化はする事になります。


稼げば稼ぐほど、法人にした方が節税効果が高くなるからです。


そういったところも含めて、会社に副業を隠したい人ほど、
すぐにでも会社を作って申告をしていけばいいというのが私の考えです。


最後は


「稼ぐ気でやるなら、すぐにでも会社を作りましょう!」


みたいな話になってしまいましたが、
確定申告で本業(会社)の方に副業がバレてしまう理由と、
その対策方法についてを簡単に解説させて頂きました。


一番確実な「対策」は会社を作る事で間違いありませんので
もし、確定申告でいつ副業がバレないかとビクビクしているようなら、
選択肢の1つとして普通に検討してみてはどうかと思います。


是非、参考にしてください。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年5月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイターの税務講座

アフィリエイトの収入、報酬の税金と確定申告について。

井上です。


先日、このブログで


「ネットビジネスに特化した税金対策」


を題材とする情報商材を取り上げたところ、
そこから税金に関する質問を頂くようになりました。


その中で、とくに多くの方から頂いているご質問が、
アフィリエイトで稼いだ収入、報酬の「申告」についてで、


「アフィリエイトの収入をどう申告すると税金が安くなるのか」


といった税金そのものを安くする「節税対策」についての質問や、


「収入を申告すると会社に副業がバレてしまうのではないか」


といったアフィリエイトで稼いだ収入や報酬の申告によって
それが本業の方にバレてしまう事を懸念する質問を多く頂いてます。


ですので、今日はアフィリエイトで稼いだお金の申告について、
その「税金対策」や「会社側に副収入がバレてしまう理由」などを
それぞれ、可能な限り分かり易く言及してみたいと思います。

アフィリエイトの収入、報酬の税金と確定申告について。


まず、アフィリエイトなどで稼いだ収入、報酬については、
大きく分けて、以下の3つの申告方法が挙げられると思います。


・個人の「雑所得」としての申告

・個人事業者の「事業所得」としての申告

・法人の「事業所得」としての申告


1つ目の「個人の雑所得としての申告」は、
誰もが何の事前手続きも必要とせず行えるものです。


ある意味では「一番手軽な申告方法」ですね。


対して2つ目の「個人事業者としての申告」は、
事前に個人事業の開業届けを出しておく必要がありますが、
その個人事業を開業する届け出もさほど面倒なものではありません。


管轄の税務署へ足を運べばすぐに行えるものなんです。


ただ、同じく3つ目に挙げた「法人としての申告」は


「法人(会社)の設立」


が必要になるため、これは若干の手間と費用がかかります。


ですので、この「法人としての申告」には、
少なからず、そこに敷居があると言えるかもしれません。


ですが、この「法人の設立」もお金と手間さえかければ、
誰でも出来る事なので、収入を申告する「選択肢」としては、
会社員の人も含めて候補に挙げられるものなんです。


その上で、どの申告方法が最も「有利」なのか。


その率直な答えは、やはり「法人を作る事」だと思います。


現に私もそうしていますし稼いでいるアフィリエイターほど、
ほぼ例外なく、会社を作って収入を申告していますので、


「法人を設立して法人の事業所得として収入を申告する」


という申告方法が、最も税金を安く出来ると考えて間違いありません。


アフィリエイトで実際に稼ぐ金額が大きくなるほど、
個人の雑所得、個人事業者の事業所得に対しての税率に比べ、
法人の事業所得に対しての税率の方が「低い」からです。


ただ、これはそれなりの稼ぎ(収入)があって初めて、
それなりの税金が生じるものになりますので
実際に稼いでいる収入の額によっては


・個人の「雑所得」としての申告

・個人事業者の「事業所得」としての申告



これらでも支払う税金が変わらないケースや、
実質的にこれらの方が税金が安くなるケースも考えられます。


大前提として、雑所得、事業所得とされるものは、


「手にした収入(報酬)から必要経費を差し引いたもの」


にあたるのですが、この金額が一定の金額よりも少なければ、
個人、個人事業者は、その収入(所得)そのものを
税務署に「申告」しなくても良い事になっているからです。


申告をしなくて良い = 税金はかからない(0円)


という事であり、個人であれば雑所得が20万円以下、
個人事業者であれば事業所得が38万円以下は
税務署に所得を申告しなくても良い事になっています。


対して、法人の場合は所得が0円でも申告の義務があり、
また、所得が0円でも法人税が7万円かかる事になっているため、
この「法人税の最低ライン」が所得の少ない場合においては、
支払う税金が高くなる要因になってしまうわけです。


ただ、アフィリエイトで稼いでいく収入が大きくなれば、
それだけ経費を差し引いた所得の金額も大きくなるはずですので
やはり税率が低くなる分、法人として所得を申告した方が
実際に支払う税金は確実に安くなります。


個人、個人事業者では出来ない節税対策も
法人には幾つかありますので、そういったところも含めて、
普通のサラリーマンくらいの収入を稼げているようなら


「税金対策」


という点のみを言えば法人が有利なのはまず間違いありません。


逆にそれ以下の「副収入」というレベルなのであれば、
個人、個人事業者としての申告でも十分だという事です。


サラリーマン並みの収入を得ているなら「法人化」が有効。


ただ、法人を設立するレベルではない段階における、


・個人の「雑所得」としての申告

・個人事業者の「事業所得」としての申告



この2つの申告方法にも実は大きな違いがあり、
これも基本的には後者の方に大きなアドバンテージがあります。


その最も大きな違いとしては


・必要経費として認められる範囲が大きくなる事

・青色申告が行えるようになる事



この2点で、後者はそもそもの青色申告の補足が必要になりますが
前者は物凄く分かり易い「明確な違い」にあたると思います。


というのも「雑所得」としての申告と「事業所得」としての申告は、
自分がその「アフィリエイト」などのビジネスそのものを
税務署に「事業」として届け出るかどうかの違いからくるもので、


「個人事業の開業届」


を管轄の税務署に出さなければ、それは「事業」とはみなされません。


事業とみなされないものからの所得は全て「雑所得」になるわけです。


よって、この「雑所得」に関しては経費と認められる範囲も狭くなり、
基本的には、その収入を得るために要した「直接的な費用」しか、
税務署側は「経費」として認めてくれない傾向にあります。


例えば「アフィリエイト」を事業として届け出ていれば、


・パソコンの購入代金

・ネットの通信料

・アフィリエイトに関連する情報商材、書籍の購入費

・同業者との食事代

・実際に作業を行っている自宅の賃料(家賃)

・実際に作業を行っている自宅の光熱費(電気代など)



こういったものを全般的に「経費」に出来ますので、
実際に稼いだアフィリエイト報酬からこれらの費用を全て指し引き、
その上で算出された金額に対して税金がかかるようになります。


上記が全て「事業の為の必要経費」と判断されるわけです。


ですが、アフィリエイトを事業として届け出ていない場合は、
それは「事業ではない」という判断になるため、
上記は全て経費として認められない可能性が高いです。


上記の出費は全て事業のための必要経費ではなく、


「私生活の中の出費」


とみなされてしまうわけです。


その最終的な判断は税務署や調査員次第になるのですが
個人事業者として申告をしていれば、すんなり経費になるものも、
個人の雑所得として申告している場合は否認される場合があるんですね。


故にアフィリエイトで得た収入を「個人の雑所得」として申告する場合、


・その収入に直結している必要経費

・且つ個人の私生活とは、全く無関係な出費



などでなければ、基本的には「経費には出来ない」と考えてください。


となると、アフィリエイトの場合、個人の雑所得としては、
ほぼ「経費」にできるものは「無い」に等しく、


「広告」

「ツール」



などを利用していれば、その利用料などは上記に該当するため、
必要経費に出来ると思いますが、せいぜいそのレベルだと思います。


更に事業所得の場合は「基礎控除」という
38万円まで所得を差し引ける控除枠があるので、


アフィリエイトで稼いだ収入-必要経費=事業所得


この金額が38万円以下であれば申告そのものも必要ありません。


個人事業の開業届けそのものは管轄の税務署に行けば、
誰でもその場で必要事項を記入して簡単に出せるものですからね。


その際、併せて「青色申告の承認申請書」を出しておけば
先ほど挙げた「青色申告」を行う事も可能になるため、


・青色申告特別控除として更に65万円が控除できる

・所得以上の経費を年度を跨いで繰り越せるようになる



とった更に大きな税務面での優遇を受けられるようになるんです。


要するに個人事業者となって青色申告を行えば


基礎控除38万円+青色申告特別控除65万円 = 103万円


この範囲まで、実質的に所得税が0円になる上に、


・パソコンの購入代金

・ネットの通信料

・アフィリエイトに関連する情報商材、書籍の購入費

・同業者との食事代

・実際に作業を行っている自宅の賃料(家賃)

・実際に作業を行っている自宅の光熱費(電気代など)



こういった必要経費を「損失」として
翌年度に繰り越していく事が出来るわけです。


実際、上記のような経費はアフィリエイトで稼ぎがあろうとなかろうと、
毎年、一定ラインの金額が出費として出ていくものだと思いますので


「アフィリエイトで年間100万円くらい稼いだ」


という場合でも、上記の経費をもろもろ合算すると
年間100万円以上になるという人は普通にいると思います。


そういう人は、その赤字分を翌年度に繰り越して、
翌年度の収入から差し引く形で所得を申告できるという事です。


一応、雑所得も経費を差し引いて
20万円までは申告が不要となっていますが


・必要経費として認められる範囲が大きくなる事

・青色申告が行えるようになる事



この2点の違いはかなり大きいので、
アフィリエイトで少しでも収入が上がり始めたなら、
個人事業の届け出は出しておく事をお勧めします。


個人事業の開業届を出すと副業がバレる?


ただ、ここでもう1つ浮上してくる問題が、


「副業が禁止されている会社に勤めている」


というケースで、アフィリエイトを副業でやっている人は、
本業で勤めている会社の方に「副業をやっている事」や、
本業以外の収入がある事を隠す必要があります。


ただ、この「副業がバレてしまう可能性」において、
個人事業の開業届けそのものはほぼ「無関係」なのが実状で、
会社側に副業がバレる仕組みは、そもそもそこじゃないんです。


これについては別途、そこを言及した記事がありますので、
興味がある人はこちらを参考にして頂ければと思います。

>確定申告で会社に副業、副収入がバレてしまう理由とバレない方法


以上、ひとまず今回はアフィリエイトで稼いだ収入の申告方法として、


・個人の「雑所得」としての申告

・個人事業者の「事業所得」としての申告

・法人の「事業所得」としての申告



この3つの方法を挙げて、その違いを簡単に言及してみました。


この手の話はどうしても専門用語だらけで分かり難くなりがちなので、
出来るだけ、専門的な話は避けて分かり易く解説させて頂いたつもりです。


需要があれば、こういうネタもちょいちょい記事にしていきますね。


あと、ここで少し言及した法人だからこそできる節税対策や、
個人、個人事業者の税率と法人の税率の具体的な違いは
以下の記事で別途、細かいところを詳しく解説してみました。

>個人事業者と法人の税金、税率の違いとメリット、デメリット(執筆中)


興味があれば、こちらも併せて参考にしてみてください。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年4月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイターの税務講座

このページの先頭へ