ツイッターのおすすめ有料ツール比較ランキング

ツイッターのおすすめ有料ツール比較ランキング


  1位:Twitter Brain(ツイッターブレイン)(佐藤潤)

  2位:ツイッターキング2(林浩平)

  3位:フォローマティックXY(北川雅嗣)

  3位:Twister(ツイスター)(福田 功)

  5位:Twipon(ツイポン)(堀行光昭)

  5位:フィードマティック(田島文忠)

  5位:フォローブースターPRO(今村吉宏)

  5位:TWIBO(ツイボ)(大田賢二)


ほぼ有名どころと言える有料ツイッターツールを8つ挙げて、
ご覧の通り、1位から8位まで順位付けさせてさせて頂きました。


それぞれの教材における詳細レビューについては、
上記のリンクよりそれぞれご確認頂けますので、
ここではそれぞれの「比較」を前提にした批評を
各教材1つ1つに対して述べていきたいと思います。

1位:Twitter Brain(ツイッターブレイン)


今回のランキング対象になっているのは、


「ツイッターのツールが付属している教材」


というくくりで順位付けさせて頂きましたので基本的には


ツールの機能性 + 付属教材の質の高さ


が、その評価基準となっているのですが、
これらを総合的に見るなら、やはり「一番のお勧め」は、
1位に挙げた「Twitter Brain」になると思います。


ツールのみで言うなら、既にTwitter Brain後、
Twitter Brainのツールを意識してリリースされたであろう、
細かい機能が追加されているツールも出ているのですが、


・ビジネス活用において不可欠な機能は既に備わっている事

・その活用における付属教材が群を抜いて手厚い事



この2点がその「決め手」として挙げられるポイントであり、


「初めてツイッターのツールを導入する人」

「ツイッターを初めてビジネス活用していく人」



を対象とするなら、やはりこのツールが一番のお勧めです。


何だかんだ言ってもこの手のツイッターツールは、
結局のところ使い手次第、活用法次第ですので、
どんなに細かい機能が豊富なツールを手にしても、
それらを有効に使えなければ何の意味もありません。


ただ、それが「多機能なツール」であればあるほど、
そこには簡素な「使い方マニュアル」が付属するのみで、


「そのツールをビジネスに活用する為のマニュアル」


が付いていない傾向にあります。


その点が、この「Twitter Brain」は一切抜かりが無く、
ツールとしても3本の指に入るレベルの、
ビジネス活用に必要な機能はほぼ全て揃えたものでありながら、


「ツイッターやそのツールをビジネスに活用していく為の教材」


としては、ダントツで1番に手厚いマニュアルが
そのツールに付属していると捉えて問題ありません。


故に、その「総合点」として1位に挙げるツールとなりました。

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)の詳細レビュー


ただ、もしもツイッターのツールのみをお求めであり、、
そのビジネス活用におけるマニュアル等が特段、不要であるなら、
2位に挙げたこちらのツールがお勧めかと思います。


2位:ツイッターキング2


ツイッター系の有料ツールとしては、
最も「最新版」と言えるツールがこちらで、
販売開始も2016年と、一番の後発ツールです。


ただ、この手のSNS系のツールなどは基本的に、
先立つ主要ツールの機能性を上乗せしていくものですので、
最新で販売されているツールが豊富な機能を備える事にあります。


とは言えツイッターツールとしての機能性は、
ツイッターブレインが登場した際に兼ね備えていた


「注目度の高いツイートを自動で取得してBOT化する機能」


が大きな目玉になった以降、そこまで目を見張るような、
目新しい機能が追加されたツールが登場した形跡は見られません。


細かい機能の豊富さを見比べていくと、
間違いなくこの「ツイッターキング2」のツールは、
1位に挙げた「Twitter Brain」のツールよりも、
多様な機能を備えている「進化したツール」になってますが


「ビジネスやアフィリエイトへの実用性」


という点では、ハッキリ言ってそこまでの大差はありません。


あとは、PC上で起動するPCツールか、
サーバー上で起動するWEBツールかの違いくらいです。


そこは、それぞれメリット、デメリットがありますので、
その比較も踏まえて批評をしている以下の記事を参照してください。

>ツイッターキング2の詳細レビュー


WEBツールよりもPCツールにメリットを感じる人で、


「ツールさえ手に入ればOK」

「その活用におけるノウハウ等は不要」



という人はこちらの「ツイッターキング2」で良いかと思います。


3位:フォローマティックXY


一応、順位付けとして3位に挙げているものの、
このランキングは2位と3位にかなり大きな差があります。


そのわりにツール本体の販売価格は「高め」ですので、
実質的な「推奨ライン」は1位、2位までで、3位以降は


「あえて買うメリットがあまり見当たらないツール」


というのが実情です。


3位以降のツールがそこまで「悪い」わけではないのですが、
ツールとしての完成度等を考慮してしまうと、
どうしてもそこに歴然とした「差」が開いている為、
あえて3位以降のツールを購入するメリットが見当たらないわけです。


とくにその「歴然とた差」を作っているのは、
やはり先ほどの「ツイッターキング2」の中でも挙げた、


「注目度の高いツイートを自動で取得してBOT化する機能」


を備えているかどうかが大きなポイントになっています。


というのも、この機能が付属したTwitter Brainが登場するまで、
ツイッターにおける「ツイート」は、ツールの利用者が
最近のトレンドなどを地道にリサーチしていった上で、
1件、1件をコツコツと作成していくしかないものでした。


そういう自作のツイートを1つ1つを「BOT化」していきながら、
この「フォローマティック」などを利用していたんです。


ですが、そのツイート文を作るには、
それなりの「センス」も必要となる上に、
しっかりとした「リサーチ」も兼ねていくと、
その労力だけでも相当大変なものなのが現実だったわけです。


そこに「Twitter Brain」が


「注目度の高いツイートを自動で取得してBOT化する機能」


を引っ提げて登場し、一気に話題と注目を集めたのです。


言わば労せず、トレンドを押さえたツイートを一括で取得し、
それを「リライト(編集)」してBOT化したり、
そのままBOT化していく事が出来てしまうようになり、
これまで大変だったツイートの作成作業が大きく簡略化されたわけです。


そうなると、あえてこの機能を備えていないツールをあえて購入し、
導入していくメリットはほぼ無くなったのが現実であり、
ツイッターツールの選定基準としては、


「注目度の高いツイートを取得してBOT化する機能の有無」


が、かなり大きな基準になったという感じです。


そこが1位、2位と3位以降にある大きな違いだという事です。


ですので、一応3位には挙げたものの、
このフォローマティックXYについては、
あえて1位、2位に挙げたツールを購入せずに、
強いて導入するメリットは「ほぼ無いに等しい」と思います。

>フォローマティックXYの詳細レビュー


3位:Twister(ツイスター)


こちらをフォローマティックXYと同率3位とした上で、
5位以降のツールを全て一律した順位にしているのは、
一応、そこにはそれなりの線引きラインがあったからです。


また、順位的にはツールの機能性的に
フォローマティックXYと同率3位としましたが、
フォローマティックXYは「1位」「2位」のいずれかのツールで、
どちらかを購入するなら、まず必要のないツールである事に対し、


「1位、2位のツールにも無い独自の視点とノウハウ」


を兼ね備えているのが、この「Twister(ツイスター)」になります。


というより、このTwister(ツイスター)に関しては、
ツイッターのツールよりも「ノウハウ」がメインの教材で、
一応、付属のツールもそこに併せて付いてはきますが、


「フォローアンフォロー + BOT機能」


という、本当にほぼ最低限の機能しか備えていない、
ツイッターツールとしては、かなりシンプルなものでしかないんです。


ただ、そこに付属している教材で提唱されている、


「ツイッターのトレンドを狙っていくノウハウ」


が、他のツイッター教材にも無い独自の視点を持っているものなので、
これは普通に相応の価値があると見て良いノウハウだと思いました。


ツールの機能性のみで言えばフォローマティックXYですが、
付属教材で提唱されているノウハウは断然、Twisterが上です。


そして、そのノウハウは、1位の「Twitter Brain」でも、
全く取り扱われていない視点のノウハウが提唱されていますので、
これはこれで、興味があれば押さえておいて損は無いものだと思います。

>Twister(ツイスター)の詳細レビュー


5位以降の有料ツイッターツール


5位以降に挙げたツールは、既に販売終了になっているものや、
機能やノウハウ自体がもはや「古い」としか言えないもので、
いずれも現在のツイッターではほぼ使えないものと捉えていいと思います。


基本的に、この手のツールが販売を終了する理由は、
そのツール自体の有効性が厳しい状況になり、
そのアップデートも追いつかないような場合ですので、


>Twipon(ツイポン)

>フォローブースターPRO


この2点は、その風潮から「販売終了」となったツールであり、


>TWIBO(ツイボ)


は、上記の2つよりも更に販売時期が前のツールなので、
その有効性はほぼ無いに等しいと思って良いツールです。


そこにもう1つ名前を挙げている、


>フィードマティック


は、フォローマティックXYと同一の販売者が販売しているツールで、
フォローマティックXYの初期版であるフォローマティックに、
コンテンツの自動生成ツールが付属したものになっているのですが、


・コンテンツ生成ツールを含めたツールの性能

・それらの活用ノウハウにおける再現性や有効性



このいずれも、著しく「低い」のが現実である為、
こちらを購入するなら、素直に同じ販売者が販促している、
2位に挙げたフォローマティックXYの方で良いかと思います。


ツイッターのおすすめ有料ツールの比較ランキング総括


以上、ツイッターのツールを付属している情報商材、教材の、
比較ランキングとその比較を前提とした批評でした。


1位:Twitter Brain(ツイッターブレイン)(佐藤潤)

2位:ツイッターキング2(林浩平

3位:フォローマティックXY(北川雅嗣)

3位:Twister(ツイスター)(福田 功)

5位:Twipon(ツイポン)(堀行光昭)

5位:フィードマティック(田島文忠)

5位:フォローブースターPRO(今村吉宏)

5位:TWIBO(ツイボ)(大田賢二)


是非、参考にしてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年8月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報商材ランキング

このページの先頭へ