情報商材レビューにおける集客効果を重視した商材選びのポイント

井上です。


前回に引き続き、情報商材のレビュー記事によって、
ブログへの集客効果を高めるポイントを講義していきたいと思います。


前回の講義:情報商材レビューの書き方とその集客効果を高めるポイント


前回の講義では、集客効果を高める事を前提として、
より質の高い見込み客をブログに集めていく上で、
どのように情報商材のレビュー記事を書いていくべきか。


その「書き方」についてのポイントを講義させて頂きました。


ただ「見込み客の集客」を目的としてレビューを書いていく場合、
そのポイントとして重要になるのは「記事の内容」もさる事ながら、


「どの情報商材をレビューするか」


も、その集客効果を大きく左右していくものになりますので、
今日はその「情報商材選びのポイント」について追って講義していきます。

集客効果を重視したレビューする情報商材選びのポイント


まず「集客」を目的とする情報商材のレビュー記事は、
その商品名や販売者名の「キーワード」を狙い、
そのキーワードで検索エンジンの上位情事を狙うものになります。


故に、その情報商材そのものがほとんど知られていないような場合や
多くの見込み客から見向きもされていないような場合などは、
そもそもその情報商材に「検索需要が無い」という事になるわけです。


つまり、そのような検索需要(検索ボリューム)が、
根本的に「無い」に等しいような情報商材は、
それをどんなに手厚くレビュー、批評していったとしても、
ほぼ集客効果は『見込めない』わけですね。


当然ですが、そんな情報商材をレビューしても全く意味がありません。


よって、集客を目的として情報商材をレビューするのであれば、
その情報商材に、それなりの検索需要は必要であり、
その検索ボリュームは髙ければ高いほど、高い集客効果が見込めます。


そして、そんな「検索需要の高い情報商材」の見極め方として、
最も簡単な方法はやはり「売上ランキングを参照する事」です。


インフォトップ、インフォカートなどの大手ASPにおいて、
売上ランキングでトップに出て来ているような情報商材は、
それだけ「買っている人が多い」という事ですから、
多くの人にそのセールスレターが「読まれている」わけです。


多くの人がそのセールスレターを読んでいるという事は、
実際にそこで情報商材を購入している人以上に、


「その情報商材を買おうか迷っている人が多い」


と考えられる為、そういう人達の大半は、
その商品名や販売者名でキーワード検索をして
その情報商材の評判やレビューを探ろうとします。


つまり、売れている情報商材ほど、
そのセールスレターが多くの人に読まれている可能性が高く、
その購入を迷っている人が検索をしている可能性が高いんですね。


まさに「そういう人達」を狙い撃ちしていけばいいわけです。


あとは、インフォトップなどのランキングに出ていないような
アドモールなどのランキングを公開していないASPの情報商材や、
インフォプレナーが独自の決済システムで販促しているような商材でも、


「多くのアフィリエイターが率先して販促している情報商材」


などは、同じく検索需要が高まっている可能性が高いと言えます。


多くのアフィリエイターがブログで取り上げているとか、
有名アフィリエイターがメールマガジンなどで
しきりに紹介している、とかですね。


そういう目立ったプロモーションが仕掛けられているものは、
ASPのランキングに出ないような情報商材でも、
検索需要が高まっている可能性が高いと考えられる為、
これも高い集客効果を狙えるレビュー対象になる商材と言えます。


よって、この「検索需要」というポイントについては、


・大手ASPの売上ランキング

・他のアフィリエイターによる露出の高さ



この2つを指標に見ていけば、
その需要が高いものは簡単に判断出来るという事です。


検索需要の高さ=集客効果の高さ とは限らない?


ただ、この「検索需要」というポイントは、
あくまでもその指標の1つになるものであって、
必ずしもこの需要が高い情報商材が、
高い集客効果を望める情報商材であるとは限りません。


勿論、この需要は高いに越した事はないものですが、
この検索需要のみでは「測れない要素」もあり、
検索エンジンからの集客効果を望んでいく上では、


「そのキーワードで上位表示を取れるかどうか」


も極めて重要なポイントになってきます。


そして、その上位表示の「取り易さ」は、結局のところ、
ライバルとなるサイト、ブログの「多さ」や「強さ」に左右され、
そんなライバルサイトが多く、強いほど上位表示は困難になるのです。


逆に言えば、そんなライバルサイトが少なく、弱ければ、
そのキーワードでの上位表示は「容易」になりますので、
手っ取り早く、高い集客効果を望んでいくのであれば、


・検索需要(検索ボリューム)が高く

・ライバルサイトが手薄



そんなキーワードこそが「狙い目」と言えます。


要するに、その情報商材キーワードの検索需要が高いわりに、
あまりその商材を取り上げているサイトやブログが少ないものこそが


「すぐにでも高い集客効果を発揮出来る可能性が高い情報商材」


と言えるわけです。


そして、その「ライバルサイトの多さ、強さ」については、
その情報商材の名称をそのままキーワード検索をして、、


・どれくらいの数のサイト、ブログがヒットするか

・上位に出てくるサイト、ブログの情報が詳しいか(手厚いか)



を実際に見て判断していくという方法が1つ。


あとは、販売(発売)されたばかりの、
新しい情報商材を狙っていくという方法も
その「手っ取り早い方法」の1つとして挙げられます。


新しい情報商材であるほど、その商材を取り上げ、
記事を書いているようなライバル(アフィリエイター)は、
必然的に「少ない」傾向にあるからです。


少なくとも、インフォトップなどの、
ASPを介して販促されている情報商材であれば、


「新着情報商材」


というところにその商材が出ていれば、
それが新しい情報商材である事は一目で分かりますし、
アフィリエイターの管理画面からであれば、
その公開日なども簡単にチェックしていく事が出来ます。


それらを確認していけば「新しい情報商材」の判断は、
全て機械的に行っていく事が出来るというわけです。


よって、手っ取り早い判断基準としては、


『ASPの売上ランキング上位に出ている新着の情報商材』


このような情報商材は、必然的に集客効果を高く見込めます。


よって、集客を目的として情報商材のレビューを書いていく際は、
以下のような基準を前提に情報商材を選定していってください。


・検索需要(検索ボリューム)の多さ
 → 大手ASPの売上ランキングを指標にする
 → 他のアフィリエイターによる露出の高さを指標にする

・そのキーワードにおけるライバルサイトの数と質
 → 実際に検索して調べる
 → ASPの新着情報商材を狙う


いち早く、その集客効果を発揮していく上では、
上記のようなポイントが極めて的確な
その「判断基準」と言えるのではないかと思います。


現に私もこのブログの中で「集客」を目的として、
情報商材のレビュー記事を書いていくような場合は、
この基準を前提に情報商材の選定をしていますので、
是非、参考にしてみてください。


今回の講義と前回の講義内容を併せて参照頂き、
情報商材のレビュー記事の作成を徹底して頂ければ、


「集客効果の高いレビュー記事」


を、嫌でも書けてしまうんじゃないかと思います(笑)


前回の講義:情報商材レビューの書き方とその集客効果を高めるポイント


情報商材系のアフィリエイターさんは、
併せて参考にして頂ければと思います。


井上



<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年5月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

このページの先頭へ