情報起業、情報販売ビジネスについて。インフォプレナーとアフィリエイター。

井上です。


先日にかなりの辛口レビューをした商材で、


「情報起業ビジネス」


のステップとノウハウを題材にした高額塾教材があったのですが
その商材がインフォトップで売れているのを見て、
今になって情報起業を考える人達が増えているのかな・・・と、
改めてそのトレンド的なものを感じるところがありました。


情報起業家(インフォプレナー)かアフィリエイターか。


そもそも情報起業ビジネスは情報商材を販売する
いわゆる「情報販売ビジネス」の事で、
インフォトップなどで売られている情報商材は
全てその情報起業ビジネスをしている人達が発行しています。


要するに私達のような情報商材のアフィリエイターは、
その情報商材をアフィリエイトして稼いでいるわけです。


インフォトップなどのASPでは、
その情報販売をする人達をインフォプレナーとして集め、
それを紹介する人達をアフィリエイターとして集めています。


そんなインフォプレナーとアフィリエイターを繋いでいるのが
インフォトップやインフォカート、アドモールなどのASPですね。


ここで一昔前まではネットビジネスを始めようという段階で、


・情報起業(インフォプレナー)か。
・アフィリエイト(アフィリエイター)か。



というような選択肢が暗黙の了解であったような気がします。


勿論、これは今でも普通にある選択肢なのですが、
今はどちらかというと有無も言わさず


「初心者がネットビジネスを始めるならまずはアフィリエイト」


という風潮になっている気がします。


まあ確かにアフィリエイターの方がいざ「始める!」という時に
先立って必要なハードルは色々な意味で「低い」と思われています。


多くの人がそう思っているからこそ、
初心者はアフィリエイトから・・・という風潮になっているわけです。


でも実際はどうなんでしょうか。


今日はちょっとその辺りを改めて考えてみたいと思います。


情報起業のハードルとアフィリエイトのハードル


まずこの「ハードル」の定義と言うか意味合い的なところを言うと、
ただ情報起業するだけ、ただアフィリエイトをするだけというなら、
これはどっちのハードルもあって無いようなものです。


だって適当な商材を作ってサイトにアップしたり、
適当なブログを作ってアフィリエイトリンクを貼れば、
それで情報起業をした、アフィリエイトをしたと言えるわけですから、
それでは実際のところ何の意味もありません。


ですのでこの「ハードル」はそれなりに「稼ぐ」という事を前提に、
稼ぐ為に必要なハードルという考え方で話を進めていきます。


ではまず情報商材のアフィリエイトで稼ぐ為の主なハードルとしては


・ブログを作ってそこにアクセスを集める
・メルマガをするならリストを集める
・それらの媒体で情報を発信する
・そこから情報商材が売れれば儲かる



ザックリ言ってしまうとこれくらいだと思います。


実際のところアフィリエイトはこれで稼げますからね。


対して情報起業の方はと言うと。


・情報商材に出来るノウハウなどをコンテンツ化にする
・情報商材を売る為のセールスレターを作る
・その情報商材が売れれば儲かる



まあ、同じような視点で見るとこうなりますね。


これらを見比べてどうですか?


ハッキリ言って私はとくにどっちも
その「稼ぐ」というハードルは変わらないように思います。


どっちも結局は自分なりのオリジナリティを持って
「情報」を提供して稼いでいくものだと思うからです。


世間的には「情報商材を作る」と聞くと、
そこに高いハードルを感じてしまうようですが、
アフィリエイターがブログやメルマガで発信していくものだって、
結局のところは「情報」なんですよ。


そこに価値を感じてもらえないと、
アフィリエイターとしての信用やブランドに繋がりませんので
結局そのブログやメルマガから情報商材が売れる事もありません。


要するに「価値のある情報を提供する」というところは、
どっちで稼いでいく上でも必要なわけです。


ただ情報起業は「お金を貰って情報を提供する」事が前提で、
情報商材のアフィリエイタトはどちらかと言うと無料で情報を発信して、
まずは信用やブランドを構築し、それをアフィリエイトに繋げます。


大きいポイントとしてはそこに違いがあるだけで、
結局は「価値のある情報」を提供しなければならないわけです。


ただアフィリエイターの場合は先立って無料で情報を提供しますので、
なかなか「詐欺的」な事は出来ません。


その無料の発信情報で価値を感じてもらってナンボなわけですから。


でも情報起業はその「詐欺的」な事が出来てしまいます。


だって先にお金を頂いてから情報を提供するのが情報販売ですからね。


現にそれを良い事にクソみたいな情報を、
馬鹿みたいな価格で売っているインフォプレナーは
ハッキリ言ってこの業界には物凄く多く見られます。
(というかぶっちゃけそういう人の方が多いです。)


そう考えるとある意味、ハードルが高いのは
インフォプレナーよりアフィリエイターの方じゃないか・・・。


そう言えるところも一理あると思います。


ただここまでの話を踏まえて1つだけ結論を添えておくと、
初心者が「稼ぎやすい」のはやっぱりアフィリエイトの方です。


その理由はまさに私が普段からその重要性を強調している、


「コピーライティングスキルの重要度」


にあります。


アフィリエイターはインフォプレナーのライティング力に頼れますが
インフォプレナーは自分のライティング力がほぼ全てです。


要するにアフィリエイターは反応が取れるコピー、
すなわち「セールスレター」にアクセスを流せばOKですが、
インフォプレナーはそのセールスレターを作る側ですので、
そこでそれなりのものを作れるスキルが無いと
どんなにアクセスを集められても稼ぐ事が出来ないわけです。


そこが「稼ぎやすさ」に直結してくるわけですね。


ではそこから更に踏み込んで「どっちが稼げるのか」を考えてみます。


情報起業とアフィリエイト。どっちが稼げるのか


これは率直に言うならやはり「情報起業」だと思います。


何故なら情報販売は多数のアフィリエイターの協力を得られるので、
100人のアフィリエイターが協力してくれれば、
それはまさに「100人力」の力になります。


でもアフィリエイターは基本的には単独の力しか出せません。


自分のブログやメルマガにお客さんを集めるのは
基本的には自分だけだからです。


そういう観点で言えば情報起業の方が稼げるという結論になります。


ここまでの話を総括してあなたがどっちを目指したいと思うか。


情報起業家かアフィリエイターか。


ただ先ほどもお伝えしたように、
どちらも結局のところやるべき事は価値ある情報の提供です。


そのあり方や方向性がちょっと違うだけですから、
突き詰めれば、どっちもやる事は一緒だという事です。


その上で情報商材のアフィリエイターとして、
この業界で成果を上げていく方法などについては、
このブログ、私のメルマガで普段から発信していますし
それを徹底的に体系化したものはこちらでバンバン公開しています。

井上太一アフィリエイト倶楽部


ただもしもあなたが「情報起業」の道を辿っていきたい場合は、
こちらの教材が情報起業教材としては最もお勧めです。

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


内容としては、


・1から価値のある情報商材を作り上げる方法


から


・売れるセールスレターの書き方


そして


・情報商材を爆発的に売るノウハウ


更には


・1から情報起業で成功した人達の具体的な事例


など、情報起業ビジネスに必要なスキルやノウハウ、
またそのモチベーションを上げられる事例に至るまで、
必要なものは全て詰め込まれていると言っていいと思います。


ただこのネットビジネス大百科を推奨しているアフィリエイターは、
大抵これを「ネットビジネスを学べる教材」と評して
「情報起業の教材」としては紹介していない傾向にあります。


これは世間的に「情報起業は敷居が高い」と思われていたからで、
そういう紹介の仕方では売れないだろうと、
多くのアフィリエイターが判断していた為と追われます。


ただこれは実際のところ完全に「情報起業の為の教材」です。


そしてそういう観点で手に取ってこそ価値がある教材でもあります。


確かにネットビジネス全般を学べる教材とみなしても良いのですが
そういう見方をするなら私は他の教材を勧めます。


ただ「情報起業の為の教材」というなら、迷う事無くこの


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


を推奨します。


ちなみにこの教材の「コピーライティング講座」は
木坂健宣さんという方が担当している音声コンテンツなのですが、
これがコピーライティングという観点のみでも非常に勉強になります。


コピーライティング教材と言えば
宇崎恵吾さんの「The Million Writing」ですが、
その筆者である宇崎さんもネットビジネス大百科の、
木坂健宣さんのコピーライティング講座には賞賛の声を挙げています。


「The Million Writing」がテキスト形式で、
その原理原則がしっかりと体系化された教材であるなら、
ネットビジネス大百科のコピーライティング講座は
それをまた別の方向から学べる音声教材という感じですね。


読んで学ぶ事に長けた人もいれば聞いて学ぶ事に長けた人もいます。


そして両方の形式で学べばその理解は更に深まるはずですので、
コピーライティングを学ぶという観点でも、
「The Million Writing」とはまた別の音声形式という点で、
ネットビジネス大百科のコピーライティング講座は非常にお勧めです。


価格は10000円と「The Million Writing」よりやや高めですが
その目的で購入しても全く損は無い教材だと思います。


情報起業のイロハをしっかりと学びたい人、
もしくはコピーライティングの学ぶを更に深めたい人は、
是非手に取ってみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年6月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:情報起業講座

このページの先頭へ