SEO対策で意味のある事と意味の無い事。

井上です。


私はこのブログの集客を主に検索エンジンから行っています。


そして、検索エンジンからの集客を主体としている以上、
それ相応の「SEO対策」と言われるものもやっていますが、
私がこのブログで実際に行っているSEO対策は、
たぶん多くの人が認識している「それ」とは違う部分が多いです。


正しくは、多くの人が「SEO対策」と捉えているものを、
私は、ほぼ気にしていない(やっていない)傾向にあり、
いざ実際にやっている事は本当にシンプルだったりします。


その辺りの「私が実際に行っているSEO対策」については、
以前に公開しているこちらの講座で解説済みですので、
興味があればこちらを参照してください。

>私がこのブログでやっているSEO対策について


そして今日は、以前に講義させて頂いた
私が実際にやっているSEO対策に対して、


「私があえて気にしていない(やっていない)SEO対策」


について講義してみたいと思います。


要するに、多くの人が「有効なSEO対策」と捉えているものの、
私はとくに気にしていない(やっていない)対策について、
その理由などを解説していきたいと思いますので、


「どういうSEO対策が有効なのか。」

「どういうSEO対策は有効ではないのか。」



というところを明確に知っておきたいような人は、
是非、最期までお付き合いください。


それでは、早速いってみましょう。


SEO対策で意味のある事と意味の無い事。


検索エンジンへの上位対策である「SEO対策」には、
以前も今も、様々なサイトやブログなどで


「このような対策が有効です。」


といった情報が数多く公開されているような状況にあり、
その中には完全に「的はずれ」としか言えない情報や、


「以前は有効だったものの、今は有効とは言えない」


という情報が、そのまま普通に促されていたりします。


現にそのような情報を真に受けてしまっているせいか、
私の「アフィリエイト倶楽部」に参加されている方から、


「このようなSEO対策はしなくていいんですか?」


といった相談や質問を頂く事も多いような状況です。


その中でも、わりとよく頂く傾向にあるものとしては、


・ドメインは日本語ドメインを取得した方がいいのか。

・中古ドメインはSEO対策に有効なのか。

・被リンク対策ツールなどは利用した方がいいのか。

・文字数は何文字以上の記事を書けばいいのか。



といったようなもので、これらに関して言えば、
私はほぼやっていない(気にしていない)対策なのが現実です。


要するに、上記のような要素と「SEO(上位対策)」は、
全くもって「無関係」とは言わないものの、


「強いてSEOを意識して対策していくものでもない」


というのが実際のところですので、その理由などを含め、
上記の1つ1つを取り上げて補足していきたいと思います。


SEO対策における「日本語ドメイン」の有効性


この「日本語ドメイン」のSEO上の効果については、
以前にこちらの記事でそのテーマに特化した講義を解説済みです。

>日本語ドメインのSEO対策効果、優位性、メリットについて


基本的にドメインによるSEO対策上の有利、不利は、
全くもって「無関係」という事はありませんが
そこまで大きな意味(優位性)があるものでもありません。


よって、あえてSEO対策を意識して、
日本語ドメインを取得するという必要は「無い」と思います。


そもそも主要検索エンジンである「グーグル」は、
あくまでもインターネット利用者の「利便性」を第一に考え、


「その検索キーワードに対して最適と考えられるサイト」


を前提に、その順位を定めてサイトを表示していますので、
そのような検索エンジンの大原則を前提に捉えるなら、


「ドメインの綴り」

「ドメインが日本語か英語か」



などは、ネットの利用者側にとっては、
普通に「どうでもいい事」でしかありません。


少なくとも、検索エンジンを利用している側は、


「中身が伴っている良質なサイト」

「自分が求めている情報が表示されているサイト」



こそを求めていますので、その前提においても、
ドメインなどはどうでもいい要素の1つでしかないわけです。


ドメインでサイトの良し悪しを判断するような人などいませんからね。


そして、検索エンジン側もそのような利用者側のニーズに対して、


「中身が伴っている良質なサイト」

「利用者が求めている情報が表示されているサイト」



こそを上位に表示させるべく、日々進化してきていますので、
利用者側が「ドメイン」をサイトの判断基準にしていない以上、
検索エンジン側がそのような要素に比重を置くこともありえません。


せいぜい、そのドメインの綴りで判断する事は、


SEO対策.com


というドメインのサイトがあれば、それが
SEO対策に関係する情報を扱っているサイトである事を
そのまま一目で判断できるというくらいですので、
検索エンジン側による評価も、せいぜい「その程度」です。


とは言え、それは本当に「多少の優位性」であり、
そこまで大きなSEO対策効果があるとは言えません。


結局のところ、多くの人が求めているサイトは


「中身が伴っている良質なサイト」

「自分が求めている情報が表示されているサイト」



だからです。


ですので、検索エンジン側も強いて、
どういう情報を扱っているサイト(ブログ)なのかを


「ドメイン(日本語ドメイン)」


で判断しやすいというだけのサイトを、
そこまで優位に評価するような事もまず無いわけです。


SEO対策における「中古ドメイン」の有効性


続いても、ドメイン関連のポイントになりますが、
この「中古ドメイン」のSEO上の効果についても、
既にこちら記事でそのテーマに特化した講義を解説済みです。

>中古ドメインの有効性と効果、リスクと懸念点について


こちらについても主なポイントとしては先立つ
日本語ドメインの解説内容を前提に捉えてもられば、
それでほぼ「相違」はありません。


ただ、この「中古ドメイン」については、
モノによっては日本語ドメインよりも遥かに優位性があり、
その反面で「リスク」と言えるものもあるというのが現実です。


というのも「中古ドメイン」というのは、
以前に別のサイトで利用されていたドメインであり、
基本的に検索エンジンは「ドメイン」でサイトを判断している為、


「検索エンジン側の認識」


としては、その「ドメイン」そのものに対して、
相応の「評価」のようなものが情報として残っています。


俗に言われる「ページランク」などの情報ですね。


また、中古のドメインには以前のサイトに対しての


「被リンク」


と呼ばれる、そのドメインに対しての被リンクが、
貼り付けられたままになっているものも多く、
それがSEO対策においては多少なりと有利に働きます。


要するに中古ドメインは、モノによっては、


・高いページランク

・被リンク効果



を得られる状態からサイトを運営できるメリットがあるわけです。


現に中古ドメインを取得(購入)するような場合は、
そういった情報を事前に調べて購入する必要があるのですが、
ページランクはあくまでも「変動するもの」なので、
仮にランクが高いドメインを買ってもすぐに落ちる場合もあります。


また、被リンクについても、
ただ数が多ければ良いものというわけでもなく、


「どのようなサイトからの被リンクか」


も重要であり、そのリンク元のサイトの評価が低かったり、
自分が運営しようとしているサイトとほぼ関係が無ければ、
そのような被リンクは、ほぼ効果を得られません。


いざ高いお金を払って中古ドメインを取得しても、
ほぼSEO上の効果を得られずに終わる可能性もあるという事です。


SEO対策における「被リンク対策ツール」の有効性


この「被リンク対策」や、その「ツール」については、
こちらのブログ講座の講義がほぼその「答え」に近いかと思います。

>被リンク対策とそのツールの効果と注意点


被リンクのSEO上の優位性は先ほども解説済みですが、
基本的にそれをツールで増やしても、ほぼ効果は得られません。


ですので「被リンクを増やす事」にSEO上の効果はあっても、
そのような「ツール」にはほぼ効果は無いというのが現実です。


むしろ、そのようなツールで増やせる被リンクは、


・ほぼ効果を得られない価値の無い被リンク

・スパム判定の要因となるような不自然な被リンク



のどちらである可能性が高いため、むしろ


「使わない方がいい」


くらいだと思います。


先立って解説してきたドメインは拘ってマイナスはないものですが、
被リンクを増やすようなツールは使う事自体に


「ペナルティ(スパム判定)」


が伴いますので、私は基本的にお勧めしません。


被リンクはあくまでも「自然に増やしていくべきもの」であり、
検索エンジン側もそのような被リンクこそを評価しますので、
ツールなどによって人為的に対策をしても意味が無いという事です。


コンテンツにおける文字数とSEO


こちらについても、以下のブログ講座で解説済みです。

>ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEO対策に最適なのか


結論から言えば「文字数」という要素そのものが
そのままSEO対策に有利になるものでは無いため、


1000文字以上

2000文字以上

3000文字以上



というような基準を前提に記事を書く行為には、
SEO対策上の意味や効果はほぼ「無い」と考えてください。


評価される記事(コンテンツ)は1000文字でも2000文字でも、
むしろそれが100文字でも200文字でも評価されます。


逆にそれが何万文字でも評価されい記事はされません。


そして、その評価を左右するものは結局のところ、


・そのコンテンツ(記事)からのサイト巡回率

・そのコンテンツ(記事)からのサイト滞在時間

・そのコンテンツ(記事)への被リンク数



などであり、これらに結びつくものは結局のところ、
そのコンテンツ内容における「質」です。


いざその記事にアクセスした人がその内容に価値を感じれば、
そのサイトの他の記事も読んでみたくなるものですので、
必然的に巡回率も滞在時間も長くなります。


また、そういう記事は「シェア」したくもなるものである為、
同時に「被リンク」もどんどん貼られていくわけです。


ただ、やはり訪問者をそれなりに「満足」させ、
その内容に「価値」を感じさせられるような記事は、


「それなりの情報量」


が伴うものになるはずですので、
記事の文字数も必然的にそれなりになるものだと思います。


ただ、物理的な観点でも、情報量(文字数)が多ければ、
その記事を読み終えるまでにも時間を要するようになる為、


「そのコンテンツ(記事)からのサイト滞在時間を延ばす」


という点では、情報量(文章量)はあればあるほど有利にはなります。


ですが、結局その内容が伴っていなければ、
大半の訪問者は途中でページを閉じてしまったり


「戻るボタン」


を押してしまいますので、結局のところは、
その「コンテンツ内容」と「質」こそが重要なわけです。


要するに、情報量(文字数)という要素は、
あくまでもその内容が伴っている上で有利になるものであって、
文字数という要素のみがとくに有利になるものではありません。


まして「何文字以上ならSEO対策に有利」などは、
全くもって、あるはずもない基準と言えます。


何より文字数(量)を意識して内容が乏しいもの記事を書いても、
そのような記事は訪問者にも検索エンジンにも評価されませんので、


「何よりも質を重視した上で量があれば尚良い」


という意識で質が伴った記事をしっかりと書いていくようにしてください。


結局のところ、それが一番の「SEO対策」なわけです。


現に私が徹底している「対策」はそれが主ですし、
それ以外の「対策ポイント」も基本的には


「記事を書いていく上で押さえていける事」


以外、ほぼSEOの対策的な事は何もやっていません。


そういうところも含めて、私がSEO対策において、


「具体的に何をやっているのか」


については、冒頭でも挙げた以下の講座をご覧頂ければと思います。

>私がこのブログでやっているSEO対策について


以上、今日はSEO対策における、


・ドメインは日本語ドメインを取得した方がいいのか。

・中古ドメインはSEO対策に有効なのか。

・被リンク対策ツールなどは利用した方がいいのか。

・文字数は何文字以上の記事を書けばいいのか。



といったポイントについての1つ1つの意味、
そしてその「効果」について講義させて頂きました。


今後のサイト運営、ブログ運営の参考にして頂ければと思います。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年9月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

被リンクのIPアドレスを分散させる効果とSEO対策への有効性について。

井上です。


今現在における「有効性」はともかくとして、
一般的に「SEO対策」と呼ばれているものの中には、


「被リンク対策」


と呼ばれる「被リンクを増やす対策」があり、
その被リンク対策の効果を高める上では、


「被リンク元となるサイトのIPアドレスを分散させる」


といった「IPアドレスの分散対策が有効」と言われています。


ただ、そもそもの「被リンク対策」が有効と言われていたのは、


・ペンギンアップデート

・パンダアップデート



と呼ばれる検索エンジンの大幅なアップデートが行われる前の話です。


ですので、今は、そのような「以前の風潮」と比べても、
色々と勝手が違っている状況にある事は間違いありません。


そういった数々のアップデートを重ねた、
今現在の検索エンジンにおいて、


・被リンクを増やしていく被リンク対策

・IPアドレスを分散させるIPアドレス分散対策



これらの有効性やその効果について講義してみたいと思います。

被リンク対策の有効性とその効果について。


まず、今現在の検索エンジンにおいても、
多くの被リンクが付いたサイトやブログがSEO対策上、


「検索エンジンに高く評価される」


という事は、現実として間違いありません。


例えば、


「出口」


というキーワードをグーグルやヤフーに入れて検索してみると、
その検索結果1ページ目の最上段には必ず


「Yahoo! JAPAN」


のトップページが表示されますが
本来「出口」というキーワードとはほぼ関係性の薄い
ヤフージャパンのトップページがその最上段に出て来る理由は、


「出口」


というキーワードによる「被リンク」が
ヤフージャパンのトップページに対し、
数多くのサイトから貼られている為に他なりません。


これは「アダルト系のサイト」などで、


「あなたは18歳以上ですか?」


というような年齢確認を求めるページにおいて、
18歳未満の人を誘導するリンクに


「出口」


というキーワードリンクが貼られている事が多く、
その誘導先の多くがヤフージャパンのトップページである為、
結果としてヤフージャパンのトップページが、


「出口というキーワードによる被リンクが多数付いているサイト」


となっている事から、その「被リンク」が判断の基準となり、
実際に出口というキーワードで検索を行った際には、
ヤフージャパンのトップページがその最上段に出てくるわけです。


つまり、これはグーグルが「被リンク」やその「キーワード」を、
検索結果を定める際の「判断基準の1つにしている」という事であり、
現実として多くの被リンクが付いているサイトやブログが、
検索エンジンに評価されている事は「間違いない」ということです。


ですが、


「被リンクの多いサイトが検索エンジンに評価される事」


と、


「被リンク対策が有効である事」


は決して「イコール」ではありません。


少なくとも、一般的に言われる「被リンク対策」は、


「意図して人為的に被リンクを増やしていく対策」


の事を指しますので、このような行為については、
主要の検索エンジンであるグーグルが「対策」を講じているからです。


それこそ、


「被リンク数の多いサイトが検索エンジンに評価される」


という事実から、多くのSEO対策業者などが、
被リンクを人為的に増やしていくような行為を繰り返し、
そのような対策を講じたサイトが横行し始めた事で、


「グーグルにとって本意ではないサイトが上位に表示される」


という状況が度々、垣間見えるようになってきた為、
グーグル側としてもそこを対策してくるようになったわけです。


それが俗に言う「ペンギンアップデート」というわけですね。


よって、基本的に「人為的に被リンクを増やしていく対策」は、
現在の検索エンジン対策においては、さほど効果は無く、
むしろ「ペナルティ」を受けるリスクさえあるというのが現実です。


被リンクが検索エンジン対策に対して、
一定の効果がある事については間違いありませんが
これはあくまでも「自然に増えていった被リンク」が前提であり、
それが人為的なものでは「意味が無い」という事です。


ただ、そんな「人為的な被リンク対策」を人為的に見せない為の対策。


それが冒頭でも挙げた「IPアドレスの分散対策」です。


IPアドレスの分散対策とその有効性について。


ウェブサイトは基本的に「サーバー」に置かれてものであり、
サーバーには全てIPアドレスというものが割り振られています。


要するに1つのサーバーに複数のサイトを作成し、
それらのサイトから「被リンク」を貼っていっても、
サイトのIPアドレスが全て同じであれば、


・被リンク対策としての効果も薄くなる

・それが人為的な被リンク対策とみなされる



という点から、複数のサーバーにサイトを作成していけば
結果的にその「IPアドレス」も分散させる事が出来るため、


・被リンク対策としての効果も高くなる

・人為的な被リンク対策とみなされる可能性も低くなる



というのがIPアドレスを分散される対策のメリットです。


確かにIPアドレスが同じサイトからの被リンクは、
実質的に同じサイトからの被リンクとみなされる傾向にあり、


・被リンク対策としての効果も薄くなる

・それが人為的な被リンク対策とみなされる



というような事も現実としてある模様です。


よって、この「IPアドレスの分散」を前提とすれば、
被リンクを人為的に増やしていくSEO対策も、
現実として有効であり「効果がある」と考えて問題ありません。


ですが、ここで注意が必要なのは、


「IPアドレスの分散」


を謳い文句にしているような「被リンク対策サービス」や、
そのような被リンクを増加させる「ツール」などです。


確かにIPアドレスを分散させる被リンク対策は「有効」ですが、
これを「サービス」や「ツール」として提供しているものは、
ハッキリ言って、効果が無いどころか


「ペナルティのリスクがある」


というのが現実であり、まず利用等は避けた方がいいと思います。


その理由として、どんなに複数のサーバーにサイトを作り、
そのIPアドレスを「分散」させていたとしても、
それらのサイトからの「被リンク」を


・被リンクサービス

・被リンクツール



というような形で不特定多数の人へ提供していく以上は、
結果的にそのサービスやツールを利用していくサイト全てに対し、
同じサイトの被リンクが付けられる事になります。


例え、完全にIPアドレスを分散したサイトが
100サイト、200サイトと大量にあったとしても、
そのサービスやツールを利用していくサイト全てに対し、
全く同じような被リンクが貼られていく事になるわけです。


このような被リンクの規則性、類似性も、
グーグルはしっかりと監視し、チェックしている為、
そのような規則性、類似性が確認された時点で、
そのサービスやツールを利用しているサイトは全て


「人為的な被リンク対策を行っている」


とみなされてしまうという事です。


その結果として、被リンク対策の効果が無くなるどころか
最悪はペナルティの対象になってしまう事も考えられるため、
例えIPアドレスを分散している事が強調されているとしても、


・被リンクサービス

・被リンクツール



などの利用は、少なくとも私は避けた方がいいと思います。


そのようなサービスやツールを「商品」として、
不特定多数の人に提供している時点で、
それはもはや「無意味なもの」になっているか、
今後、グーグルからの対策を受けると考えられるからです。


被リンク対策、IPアドレスの分散対策の効果。まとめ


結論として、検索エンジン対策においては、


「被リンクが多いサイト」


がSEO対策上、有利になる事は間違いないものの、


「人為的」


とみなされるような被リンク対策はほぼ意味が無く、
あくまでも自然な被リンクこそがその「評価」の対象となり、
SEO対策においても効果を発揮出来るものと言えます。


故に、被リンク対策における「IPアドレスの分散」を徹底すれば、


「個人的にそれを徹底していく範囲」


であれば、ある程度の有効性や効果はあると言えますが、
そのような「IPアドレスの分散」を売り文句とするような


・被リンクサービス

・被リンクツール



などについては、それらを不特定多数の人に提供する時点で、
グーグルからは「人為的な対策」とみなされる可能性が高い為、
まず、SEO対策における効果は「期待できない」と考えるべきです。


よって、IPアドレスの分散対策などは、


「自分自身を主体に個人的な対策として講じる」


というのであれば、一定のSEO対策効果は見込めますが、
それを前提とするようなサービスやツールなどは、
基本的に「利用しないに越したことはない」という事ですね。


ただ、このような被リンク対策やIPアドレスの分散対策は
結局のところ、小手先レベルの「外部SEO対策」でしか無い為、
実質的にそこにかかる労力ほど、高い効果を見込めるものではありません。


ですので、私自身も「ほとんどやっていない」というのが現実です。


そのような小手先レベルのSEOに時間と労力を割くなら、
もっと別のところに時間と労力を割いていく方が、
遥かに効果的な「SEO」を講じていけるという事です。


もし興味があれば、その他のSEO関連講座も
以下より併せて参考にしてみてください。


井上


集客・SEO対策講座一覧


SEO対策とは?その考え方、方法と基本。

SEO対策におけるキーワード選定について。

ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEO対策に最適なのか。

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略。

ワードプレス(WordPress)と無料ブログサービスの比較。

日本語ドメインのSEO対策効果、優位性、メリットについて。

中古ドメインの有効性と効果、リスクと懸念点、選び方について。

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について。

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ。

費用対効果、労力対効果の高い集客方法とは。


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年9月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

日本語ドメインのSEO対策効果、優位性、メリットについて。

井上です。


この「ブログ」や「メールマガジン」の方針上、
アフィリエイトを1から始める人などの相談を多く頂きます。


その中で、わりと多く頂く傾向にあるのが、


「独自ドメイン」


についての質問や相談です。


1からブログなどを立ち上げる際の選択肢としては


・無料ブログサービスを利用した立ち上げ

・ワードプレスなどを利用した立ち上げ



主にこの2つの方法が挙げられるのですが、
私は後者の「ワードプレス」を利用して、
このブログを立ち上げて、こうして運営しています。

>ワードプレス(WordPress)と無料ブログサービスの比較。


それぞれのメリット、デメリットについては、
上記のブログ講座の方を参照して頂ければと思いますが、
基本的に「ワードプレス」などのオープンソースを使って、
独自のブログを構築する場合は基本的には、


「独自のドメイン」


を取得していく必要があります。


私のブログで言えば、


http://toudai5000.net/


が「ブログのURL」で、この中の、


toudai5000.net


がその「ドメイン」にあたります。


要するに「ワードプレス」など1からブログを立ち上げる場合は、
この「ドメイン」を自分で取得していく必要があり、
基本的には「自由」にそのドメインを指定して取得出来るのですが、


「どんなドメインがビジネス的に有利なのか」

「SEO対策に有利なドメインはあるのか」

「ドメインは日本語ドメインにした方がいいのか」



といったところが気にされる方が比較的、多いようなので、
今日はこの辺りの「ドメインの優位性」について講義していきます。

日本語ドメインのSEO対策効果、優位性、メリットについて


まず、今回のテーマにおける「結論」を先に示してしまうと、


「SEO対策を含めて、ドメインに有利、不利はほとんど無い」

「日本語ドメインがSEOに強いという事もほぼ無い」



というのが、率直なところではないかと思います。


勿論、ドメインによるSEO対策上の有利、不利が、
全く無いというつもりはありませんし、
日本語ドメインの優位性が「無い」と言うつもりもありません。


ですが、強いてそこを意識して


「どういうドメインを取得したらいいか」


を試行錯誤するほどの優位性は無いんじゃないかと思います。


要するに、そこに時間を費やすくらいなら、
もっと他の事に時間を費やした方がいいという事です。


そして、その理由としてまず第一に挙げられるのが、


「検索エンジン(グーグル)から見たウェブサイトの評価基準」


であり、主要検索エンジンの「グーグル」は、
あくまでもインターネット利用者の「利便性」を第一に考え、
それを検索時の上位サイトの一番の基準にする事を前提にしています。


つまり、検索エンジンでキーワード検索を行った人が、


・最も求めている情報が書かれているサイト

・そのコンテンツ内容に価値を感じてもらえるサイト



を上位に表示させたいというのが検索エンジンの基本方針なわけです。


そんな検索エンジン側の基本方針を前提に捉えるなら、
どう考えても「ドメイン」という要素が訪問者側から見た


・そのブログやサイトの「良し悪し」

・そのブログやサイトの「印象」



をそこまで大きく左右する事など、考えられません。


現にあなたも検索エンジンを介して、
多くのサイトやブログに訪問された事があると思いますが、
そのサイトの「良し悪しの判断」や「印象」という部分において
ドメインという要素は、何の判断材料にもなっていないはずです。


むしろ、その判断においては「どうでもいい部分」ですよね。


それはあなたに限らず、誰から見ても同じですので、
こうした「利用者目線」を重視して進化してきた今の検索エンジンが
強いて、そんな「どうでもいい部分」を評価する理由が無いわけです。


つまり「ドメイン」の綴りをあえて評価するレベルは、
どう考えても「タカが知れている」と考えるべきであり、
ほぼ評価の対象にさえなっていないと考えるのが建設的です。


現にサイトを訪問する人達が「どうでもいい」と思うところなんですから。


SEO対策上の「ドメインの優位性」はほぼ皆無!?


とは言え、そのサイトの良し悪しの判断では「どうでもよい」ところでも、


「どういう情報を扱っているサイト(ブログ)なのか」


の印象レベルの指標としては「ある程度の意味」はあると思います。


例えば、


seo-taisaku.com


というドメインや、これを「日本語ドメイン」で


SEO対策.com


というドメインが綴られているサイトがあったなら、
その内容の良し悪しは別として、そのサイトが


「SEO対策に関係する情報を扱っているサイトである事」


は、そのドメインを目にしただけで直感的に分かると思います。


一応、このような「何の情報を扱うサイトかが直観的に分かる」という点は、
インターネットの利用者側としても、多少は評価できるポイントであり、
そこは検索エンジン(グーグル)にとっても同じです。


検索エンジンから見ても、そのドメインの綴り1つで、


「どういう情報を扱っているサイト(ブログ)なのか」


を判断しやすいという点は、多少の優位性にはなるという事です。


とは言え、それは本当に「多少の優位性」であり、
そこまで大きなSEO対策効果があるとは言えません。


理由は、結局のところサイトの良し悪しは中身次第であり、
多くの人が求めているサイトは「中身の伴ったサイト」だからです。


ですので、検索エンジン側も強いて、


「どういう情報を扱っているサイト(ブログ)なのか」


をドメインで判断しやすいというだけのサイトを、
そこまで優位に評価するような事もまず「無い」わけです。


要するに、ドメインの綴りや日本語ドメインにおける、
SEO対策の優位性というのは「その程度のもの」なんですね。


インターネット利用者が「ドメイン」という要素を、
サイトの良し悪しを判断する上でさほど重要視していない以上、
検索エンジン側がそこに強いて評価するはずがないという事です。


それこそ都市伝説的なレベルでは、


「日本語ドメインがSEO対策で有利になる」


というような事が言われている節もあるようですが、
実際のあらゆるキーワードにおける検索結果を見ていっても
日本語ドメインがそこまで優遇されている節は全く見受けられません。


それこそ仮に日本語ドメインがそこまで「有利」だと言うなら
当の昔に大半のサイトが「日本語ドメイン」に
自サイトのドメインを切り替えているはずなんです。


でも、そんな様子は全く見受けられませんよね?


要するに「ドメインの綴り」や「日本語ドメイン」が、
そこまでSEOに有利という事は「無い」ということです。


それこそ、私のブログのドメインも


toudai5000.net


と、アフィリエイトやネットビジネスとは、
全く関連性も感じられないようなドメインですが、
現に私のブログは上記のようなテーマの関連キーワードで
数多く、実際に上位表示を取る事が出来ています。


その点を踏まえても「ドメイン」がSEO対策において、
強いて不利になるという事も無いと考えて問題ありません。


ですので、ドメインの取得時においては、
そこまで「綴り」や「日本語ドメイン」を意識する必要は無く、


「取りたいドメインを自由に取ればいい」


と思います。


結局のところ、実際にブログを運営していって際、
検索エンジンに自分のブログが評価されるかどうかにおいて、
ドメインの優位性など、ほぼ「あってないようなもの」ですから。


むしろ、そこで微々たるSEOへの優位性を優先するより、


「覚えやすいドメイン」


を取得した方が、まだ普通にメリットがあるくらいだと思います。


その結果が、私の場合、


toudai5000.net


だったわけです(笑)


何にせよ、そこまで「ドメイン」が、
SEO対策において影響を及ぼす事はありませんので、
そこまで綴りを意識するような必要はないという結論です。


是非、参考にしてください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

情報商材レビューの書き方とその集客効果を高めるポイント

井上です。


情報商材のアフィリエイトをブログなどで行っていく上で、
最もその「集客効果」が高い集客方法は、やはり


「類似、関連する情報商材のレビュー記事を書く事」


だと思います。


ここで言う「集客効果」というのは、
単純な「アクセス数」だけの話ではなく、
そのアクセスの「質」も含めて考えるべきですので、


集客効果 = 集客数×その属性のマッチング傾向(質)


という図式で考えるべきであり、この前提で考慮するなら、
やはり類似、関連する情報商材のレビュー記事を書く事は、
最もそのこの図式に沿った高い集客効果を望める方法にあたります。


そのようなレビュー記事は必然的に、
そのレビュー対象となる情報商材の名称や
その販売者名をキーワードとして狙っていく事が出来ますので、


・既に類似、関連する情報商材に興味、関心を示している人

・既に類似、関連する情報商材に対して購買意欲を抱いている人



を検索エンジンを介して集客していく事が出来るわけです。


ただ、そのような「集客効果」をより高く発揮していく為にも
幾つか押さえていくべきポイントがありますので、
今日はそんな情報商材のレビュー記事の書き方、
そのポイント等を併せて講義しておきたいと思います。

集客効果の高い「情報商材レビュー記事」の書き方


まず、その前提的な考え方として、
検索エンジンから集めてきたアクセスにおける「質」は、
アクセスを集めた時点の質のみで決まるものではなく、


「実際にその記事でどんな情報を与えるか」


によっても大きく変わってくるものになります。


集客というものをただ純粋な「数」で捉えるなら、
それは検索エンジンからのアクセス数のみが全てになりますが、
そこから何らかのレスポンス(反応)を取っていくとなれば、
その記事における反応が先立つものとして重要になるからです。


まずはその見込み客との「接点」となる記事によって、


「もっと他の記事も読んでみよう」

「この人が推奨している情報商材が気になる」

「この人のメールマガジンを読んでみたい」



という反応を取れてこそ、その「集客」は意味を成します。


逆に、どんなに質の高い見込み客を呼び込んでも、
その先立つ接点となる記事で良い反応を取れなければ、
その記事を読んでいる途中や読み終えた段階で、
やはり、その見込み客はページを閉じてしまうわけです。


つまり、ブログにおける「集客」本質は、
その集客の入口となるコンテンツにおける最初の反応を含め、
それによる反応を含めて「集客効果」を意識していく必要があります。


故に、情報商材のレビュー記事において重要なのは、
ただその商品名キーワードや販売者名キーワードを狙って
検索エンジンから見込み客を集める事だけを意識するのではなく
そのレビュー記事を実際に読んだ人が


「もっと他の記事も読んでみよう」

「この人が推奨している情報商材が気になる」

「この人のメールマガジンを読んでみたい」



と思うような良質な記事を書いていく事が必要不可欠になります。


少なからず、そのレビュー内容において「価値」を感じてもらい、


『読んで良かった』『為になった』


と思ってもらう必要があるという事です。


その上で、最もそう感じてもらいやすいのは、
やはり、その情報商材の中身を批評、レビューして、
その情報商材の内容の良し悪しを的確に分析し、


「説得力のあるレビューでその情報商材の価値を判別させる事」


だと思います。


そもそもの前提として、情報商材の名称や、
その販売者名のキーワードで検索しているような人は、
そのような価値判断における的確な情報を求めているからです。


ですが、そのようなレビュー記事を的確に書いていくには、
実際にその情報商材の中身をきちんと確認していく必要があります。


言わば集客を目的とするレビュー記事を書く為だけに、
その対象となる情報商材を購入していく必要があるわけです。


勿論、方法の1つとして、インフォプレナーの方に直談判をして、
レビューする事を目的として商材の無料提供をお願いする事も出来ますが、
仮にそのような形で情報商材を無料提供してもらった場合などは、
その商材の内容がいまいちでもあまり辛口な批評はしにくくなります。


故に、自由に辛口で的確なレビューをしていくには、
やはり実際にその商材を購入していくのがベストと言えますが、
集客目的のレビュー記事を書く度に情報商材を購入していくというのは、
アフィリエイトを始めたばかりの段階では経済的にも厳しいはずです。


ある程度、アフィリエイターとしての活動も軌道に乗って来れば、
実際にレビュー目的でどんどん情報商材を購入していっても、
その情報商材の内容について的確なレビューを書いていける事が、
その購入代金以上の集客効果を生んでいきますので、


「費用対効果の仕入れ」


というような感覚で情報商材を購入していけるようになりますが
そこまでの経済的余裕がない段階ではやはり、
そのようなレビュー目的の商材を購入していく事は厳しいと思います。


よって、そのような段階においては、


「実際の情報商材の内容(中身)を確認していないスタンス」


での、批評、レビューを書いていくしかありません。


ですが、実際にそのようなスタンスの批評であっても、
その記事の内容に「価値」を感じさせた上で、


「もっと他の記事も読んでみよう」

「この人が推奨している情報商材が気になる」

「この人のメールマガジンを読んでみたい」



と思ってもらえる記事を書いていく事は十分に「可能」であり、
それこそ私のこのブログには、そのようなスタンスのレビュー記事が
レビュー記事全体の半数以上の割合で投稿されています。


現に私はそのようなレビュー記事で、
それなりの集客効果を得て結果を出してきているわけです。


その「中身」を確認せずに集客効果の高い記事を書く方法


このような実際の「中身」を確認する事なく、
その情報商材の批評、レビューを書いていく方法は1つしかありません。


それは「セールスレターを読んだ上での意見、見解」を述べていく事です。


というより、そのスタンスのレビューや批評であっても、
十分に「意義のあるレビュー記事」を書けてしまうような情報商材が、
この業界には多数出回っているというのが実状であり、
そのような情報商材は実質的にあえて買う必要はありません。


とくに買うまでも無く、集客効果を得られるだけの、
相応の価値を感じてもらえる記事を書く事が出来てしまうからです。


勿論、全ての情報商材がそうであるとは言いませんし、
中には実際に買って中身を確認していかない言には
それなりに意義のある記事を書く事が困難なものもありますが、
大半の情報商材はセールスレターの情報のみでも批評は可能と言えます。


例えば、そのような記事を書いていく際は、


・セールスレターのみから見て取れる矛盾や整合性を指摘する

・ビジネスモデル、ノウハウに対して見解、意見を述べる

・販売者の過去の販売経歴や評判とその見解、意見を述べる

・他のレビュアーのレビューを総括し、その見解、意見を述べる



などの書き方、方法があり、このような記事の書き方でも、
読み手に価値を感じてもらえる記事を書ける余地は十分にあります。


勿論、知識や経験が浅いうちは大変かもしれませんが、
それは誰もは通る道ですので、そこはしっかりと勉強し、
他のアフィリエイターの記事などを参考にした上で経験を積んでください。


次第に、情報商材を実際に買わずとも、
読み手にそれなりに価値を感じてもらえるような
集客効果を見込めるレビュー記事が書けるようになるはずです。


現に私のブログでも、先程挙げた4つの方法、
それぞれの方針で書いたレビュー記事が幾つもありますし、
そういう記事を書いて実際にそれなりの集客効果を得て来ています。


そうして、私自身が実際にブログのアクセス数を伸ばし、
メールマガジンの読者を増やして結果を出してきているんです。


あとは本当に内容勝負。


これに尽きると言っても過言ではありません。


今はそれで十分にグーグルが評価してくれる時代になっているからです。


ハッキリ言って、もう被リンクを増やしてどうこうとか、
サテライトブログを作ってどうこうとか、
そんな小手先レベルのSEO対策はする意味がほとんどありません。


むしろ、それをやっている暇があるなら、
質の高い記事、読者にとって為になる記事、
価値を感じてもらえる記事を書く事に時間と労力を使い、


・記事そのものの質の向上させていく事

・質を向上させた記事をとにかく増やしていく事



この2つだけを徹底していく方がよほど効果があります。


今はそれが一番の究極的なSEO対策であるという事です。


この辺りの理屈にはついては過去にも
集客関連の講義をしていますので併せて参考にしてみてください。


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


尚、今回は「レビュー記事の書き方」に特化した講義をしましたので、
次回は、このレビュー記事の書き方のもう一歩「手前」のステップである、


「集客効果の高いレビュー記事を書く為の商材選びのポイント」


ついて、追って講義していきたいと思います。


よろしければまたお付き合いください。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング SEO対策

ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEO対策に最適なのか。

井上です。


このブログでは「アフィリエイト」を主として、
ネットビジネスで稼ぐ為の情報を発信しているのですが、
そのブログ、メルマガの読者さんから非常によく頂くのが、


“ブログに記事を書く際の文章量、文字数”


についての質問です。


ブログ内でのアフィリエイト系のネタとしては主に


・情報商材を扱うブログとメルマガを使ったアフィリエイト

・物販、アドセンスなどを扱うトレンドアフィリエイト



この2つを主に取り上げている事が多いのですが、
ブログ記事における文字数、文章量についての質問は、
この双方のアフィリエイターさんから非常によく頂くので、
これはまさにあらゆるアフィリエイターが抱いている


「ブログ運営における共通の疑問」


なのだと思います。


ただ、多くのアフィリエイターがこれに悩んでしまうのは無理も無く、
このブログ記事における文字数、文章量については、
この手の情報を発信しているアフィリエイターによっても、
どうするべきかの意見が分かれている傾向にあります。


また、ブログ運営を前提とするアフィリエイト系の情報によっても、


「文字数はとにかく多くしましょう。」

「○○文字以上の記事は必ず書くようにしましょう。」



というものもあれば、


「文字数にばかり捉われず内容を重視しましょう。」


というものもあり、更にその


「○○文字以上の記事を書け」


という文字数のところも情報商材によってまちまちなので、
そういう多様な情報をあちこちで目にしてしまう度、
ブログを初めたてのアフィリエイターさんは迷ってしまうわけです。


ただ、これには実際のところ、この


“ブログ記事の情報量、文字数をどうするのが最適なのか”


というところには「明快な答え」がありますので
今日は、私が「誰もが納得できる形」で解明しておこうと思います。

ブログ記事の文章量、文字数は何文字以上がSEOに最適なのか。


まず1つの前提として、ここで言う、
ブログ記事における最適な文字数、文章量というのは、
あくまでも「検索エンジン(SEO)対策」を前提として、


「より検索エンジンに優遇されやすい記事の文字数、文章量」


という視点で解説していくものになります。


その上で、まず1つ明確な事を言っておくと、
検索エンジン(今でいえばGoogle)は、
その検索キーワードに対しての上位表示判断において、


「文字数(文章量)」


という要素そのものは、実質的にほぼ指標にしていません。


つまり、


「とにかく文字数の多い記事を書けばSEOに有利になる」


というのは嘘(間違い)だと思ってください。


これは実際に検索エンジンの検索結果を見れば分かります。


必ずしも文字数、文章量の多い記事やサイトが
検索結果の上位に来ているわけではありませんよね?


実際に文字数が少ない記事やサイトが上位に来ている事もあるはずです。


まあ、当然と言えば当然ですが、
文字数、文章量がどんなに多くても、
それだけでは検索エンジンはとくにその記事を評価してくれません。


「それでも文字数が少ないよりは多い方がいいんですね?」


と思われている人もいるかもしれませんが、
厳密に言えばそれも「間違い」です。


ハッキリ言って、文字数、文章量そのものは、
SEO対策の観点ではほとんどと言っていいレベルで関係ありません。


理由としてまず明確に言える事は、


「検索エンジン(Google)は決して、文字数、
 文章量が多いサイトを求めているわけではないから」



です。


検索エンジンは全く文字数、文章量を求めてはいない。


基本原則として検索エンジン(Google)が求めているのは、


“検索エンジンを利用してキーワード検索をする人達が求める情報”


であり、


“そういう人達が価値を感じ、満足する情報”



こそを求めています。


そういう情報を提供している記事やサイトを上位に上げてこそ、
検索エンジンを利用してそのキーワード検索を利用した人は、


「やっぱりこの検索エンジンは役に立つなぁ」


という気持ちになり、またその検索エンジンを利用して、
キーワード検索を繰り返し行っていってくれるようになります。


つまり、検索エンジン(Google)がやりたいことは、


「キーワード検索をする人達にとって役立つ情報を与える事」


であり、


「そういう情報が載っているサイト、記事を上位に上げる事」


なわけです。


全くもって、そこに文字数やら文章量などは無関係であり、
あくまでも「利用者目線の情報の質」が全てなんですね。


ただ、確率論的に、文字数、文章量に乏しい記事よりも、
文字数、文章量が豊富な記事の方が、情報量も多くなる事から、
その記事を読んだ人が満足する可能性は少なからず高くなります。


強いて文字数、文章量が多い記事が「有利」なのは、
ほぼその「情報の手数」に近いような発想であって、


“文字数、文章量そのものが検索エンジンに評価されるわけでない”


という事です。


ただ、この検索エンジン(Google)側の目的を捉えて、


「価値のある情報さえ提供していれば文字数なんて無関係」

「質が高い記事は文字数は少なくても上位表示される」



という事を高らかに断言している情報商材やアフィリエイターもいますが、
実を言うと、これも決して正しいとは言えないところがあります。


つまり、価値のある質の高い情報を記事に載せていても、
極端に文字数、文章量が少なければ、
検索エンジン対策の観点では「不利」になるという事です。


言い方を変えれば、文字数、文章量という要素は、
それ自体を検索エンジンが求めているという事はありませんが、


「文字数、文章量が多い記事」


は、その質がそれなりに伴っている事を前提とするなら、
結果的には検索エンジン対策においても、


「極めて有利に働くもの」


になっているわけです。


何故、求められていない文字数、文章量が「有利」に働くのか


検索エンジン(Google)が、検索エンジンを利用し、
そこで検索を行う人達が価値を感じる情報、
満足する情報を求めている事は「揺るぎない事実」です。


ただ、グーグルの検索エンジンがどんなに進化しても、
実際に記事を目にしていった人達の「心の中」を覗き込み、


「どれくらいその記事に満足しているか」


などを図っていく事は絶対に出来ません。


その検索結果というものを機械(システム)で判断している以上、
生身の人間の心の中までを覗いていくことは出来ないわけです。


そこをグーグルは精密なアルゴリズムを組み込んで、
出来る限りロジカルにそれを判断していくようにしています。


その精度が年々高まっている事も揺るぎない事実であり、
それがグーグルが多くの人に支持される理由でもあるのです。


ですが、やはりその判断が「機械(システム)」である以上、
そこには少なからず「明快なロジック」というものが存在し、
そのロジックを突いていくのが俗に言われる


「SEO対策」


というスキルでもあります。


以前はそのロジックに「被リンク数」というような要素や、
記事内における対策キーワードの出現頻度などの要素が挙げられ、
そこを巧妙に突けば上位表示が取れる時代もありました。


ただ、そのような「被リンク対策」「キーワード対策」も、
今はそれを無理に増やすような対策してもほぼ評価はされません。


これもグーグルの進化の賜物ではあるのですが、
そのような「進化」を実際に遂げて来たからこそ、
グーグルがその記事やサイトの良し悪しを判断する際、
大きな比重を占めて重視しているポイントがあります。


それが、


「そのサイト(記事)の滞在時間」


という要素です。


要するに、検索エンジンから利用者が
特定のサイト、記事に訪問していった際、


「その訪問者がそのサイト(記事)にどれくらい滞在するか」


をグーグルは計測し、大きな判断材料にしていると言われています。


事実、この判断基準は、


訪問者が長くそのサイトに滞在する(滞在時間が長い)
⇒ そのサイト(記事)は役立つ情報を提供している

訪問者がすぐにそのサイトを閉じてしまう(滞在時間が短い)
⇒ そのサイト(記事)は役に立たない情報を提供している



という事ですので、これほど合理性のある判断基準はありません。


普通に考えて役に立たない記事、価値を感じられないサイトに
長々と滞在し、その記事やサイトをくまなく見る人はいないからです。


となると、やはりブログの記事は、その内容は伴っていれば、
その文字数、文章量は多ければ多いほど、
その記事の文章を長く読んでもらえる事になりますので、
必然的に検索エンジン対策には「有利」に働く事になります。


逆にそれなりに価値のある情報を提供していても、
その文字数、文章量が少ない記事の場合は、


「知りたい事は知れたし、もういいや。」


と思われた時点で、記事やサイトを閉じられる可能性があり、
そのような場合は、必然的にグーグルのロジックでは、


訪問者がすぐにそのサイトを閉じた(滞在時間が短かった)
⇒ そのサイト(記事)は役に立たない情報を提供している



という判断になってしまう可能性があるわけです。


いかにグーグルのアルゴリズムが進化してきたとは言え、
訪問者の「心の中」までは読み取れませんので仕方がありません。


決してはそうはならない為にもブログの記事は
やはりそれなりの文字数、文章量を伴い、


「グイグイとその続きを読みたくなるもの」


にする事が最もSEO対策的にも有利に働きます。


理想はその滞在時間をより伸ばす為に、
その記事で情報を得た人が次に知りたくなるような情報や、
その取っ掛かりになるような情報を与えた上で、
また別の記事に誘導を図り、ブログを巡回させていく事です。


このようなブログの巡回率を高める事で、
必然的にブログの滞在時間も高まっていく事になり、
それがそのまま検索エンジンの評価にも繋がっていきます。


これをまさに理想的な形でやっているのが、


「ウィキペディア」


ではないでしょうか。


現に「ウィキペディア」はあらゆるキーワードで
軒並み上位に出てくるグーグルに非常に好かれているサイトです。


ただ、実際に何かのキーワード検索を介して
ウィキペディアにアクセスした人は、
その大半がその記事の中にあるリンクを踏んで、
また別の記事、別の記事を読んでいく事になります。


あなたも「ウィキペディア」でそういう経験がありますよね?
(私は本当によくあります。)


多くの人が実際にそうなっているからこそ、
ウィキペディアは訪問者の滞在時間が長いサイトとなり、
それがグーグルの評価にそのまま表れているわけです。


記事の文章量、文字数は何文字以上が最適なのか。総括


それこそウィキペディアはどのページを見ても、
その大半は文字数、文章量がとんでもないボリュームだと思います。


結局、それも含めて検索エンジンに対しては、
非常に有利に作用しているわけですね。


よって、ブログ記事における文字数、文章量は、


「質が伴っているものなら、あればあるほど良い」


というのが1つの結論になると思います。


つまり、○○文字以上書けばSEOに有利だとか、
○○文字以上はかかないとスパムになるのか、
そんな「文字数的な線引き」のようなもの基本存在しません。


訪問者(=グーグル)はそんな事に拘っていないからです。


やはり、重要なのはあくまでも「内容」であり、
その内容にこそ拘っているという事だけは間違いありません。


ただ、グーグルが機械(システム)によって、
そのサイト(記事)の質や価値を判断していく以上は、


「訪問者の滞在時間」


というのは、非常に分かり易い判断指標になりますので、
これを伸ばせるほど、その記事はSEOに有利なわけです。


故に、文字数、文章量は、


「質が伴っているものなら、あればあるほど良い」


というのが結論になるという事です。


まず重視するべきはその内容。


その上で、文章量はあるに越した事はないということですね。


これはSEO対策、検索エンジン集客を前提とする
ブログ記事における文字数、文章量についての「答え」です。


異論、ありますか?


無ければ、しっかりと意識していくようにしてみてください(笑)


間違っても、ペラペラの内容で文字数だけをひたすら稼いだり、
検索キーワードに対して端的な「答え」だけを書いて終わり、、、
みたいな記事を量産しないように。


そういう記事は結果的にどちらも検索エンジンの評価を下げますよ。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

SEO対策におけるキーワード選定について。

井上です。


これまで、このブログでは何度か


「SEO対策」


についての記事を書いて、
私が実際にこのブログでやっている、
検索エンジン集客についてのポイントを講義してきました。


SEO対策についての講義1~内部SEOと外部SEO~

SEO対策についての講義2~SEO対策をしないSEO対策~


ただ、メルマガの読者さんから頂く集客についての相談内容や、
あまり集客が上手くいっていないブログやサイトを見る限り、


・アフィリエイトで思うように稼げていない人

・ブログの集客が上手く出来ていない人



などは、これまで私が講義してきている「SEO対策」以前に、
そのSEO対策で集客を狙って以降としている、


「キーワード」


の方に根本的な問題があるように思えます。


言い方を変えると、


“SEOを意識するキーワードが悪い為に集客が上手くいっていない”


という事です。


というわけで、今日は「SEO対策」における、
その「キーワード選定」について講義してみたいと思います。

SEO対策におけるキーワード選定について。


まず基本的な考え方として、
検索エンジンから集められるアクセスには、
質の高いアクセスと質の低いアクセスが存在します。


質の高いアクセスというのは、
自分のサイトやブログのテーマに見合った、
俗に「見込み客」と言うような人達のアクセス。


質の低いアクセスは「そうではない人達のアクセス」ですね。


アフィリエイトなどを目的とするサイトやブログであれば、
そのサイトやブログで扱っている商品などを
実際に買ってくれる可能性が高い人が「見込み客」であり、


「アフィリエイトで稼ぐ事」


を目的に運営しているサイトやブログであれば、
そういった見込み客と言える人達を集客出来なければ意味がありません。


どんなに「大量のアクセス」を集める事が出来ても、
それが1件の成約にも繋がらなければ意味がないわけです。


そういう観点で言えば、
アクセスは「数」よりも「質」が重要であり。
そういった「質の高いアクセス」を集められなければ、
ビジネス目的のサイトやブログはまず結果を出せません。


そしてその「アクセスの質」を左右していくものが、


「どういうキーワードを狙ってSEOを意識していくか」


といった“キーワード選定の視点”なわけです。


ただ、実際にアフィリエイトなどを目的として、
サイトやブログを運営しているような人は、
少なからず自分のサイトやブログのテーマに沿って


「見込み客となるような人達が集まるキーワード」


を一応は意識している“つもり”でいます。


ダイエット系の商品を扱うサイトであれば、


「ダイエット」


というキーワードを意識したり、
私のようにビジネス系の情報商材を扱うサイトであれば


「ネットビジネス」


とか


「副業」


というようなキーワードを狙っていくなどですね。


実際にそういったキーワードを
サイトタイトルやブログタイトルに入れたり、
その後のコンテンツや記事を作成していく際にも、
そういったキーワードを意識する事は最低限やっていると思います。


確かに自分が運営しているサイトやブログに対して、
そのテーマに沿ったキーワードを狙っていく視点は重要であり、
その考え方自体はとくに間違ってはいません。


ですが、いまいち検索エンジン集客が上手くいっていない人や
アフィリエイトで結果を出せていない人は、
そこからもう1歩必要なキーワード選定の視点が抜けているんです。


キーワード選定においてもう一歩踏み込むべき視点。


先ほど例に挙げたような、


「ダイエット」

「ネットビジネス」

「副業」


などのキーワードはいわゆる「ビッグキーワード」であり、
このようなビッグキーワードでは、
なかなか検索エンジンの上位表示は実現出来ません。


この手のビッグキーワードはそれを狙っているライバルサイトも多く、
既に検索の上位サイトは「強力なライバルサイト達」で
突け入る隙も無く完全に埋められてしまっている傾向にあるからです。


また、何よりそのようなビッグキーワードで上位表示を実現したとしても、
このようなビッグキーワードで集められるアクセスは、
極めて「質の低いアクセス」にしかならない為、
結局は『結果に繋がらないアクセス』にしか集められないのです。


「なんで?」


あなたはそう思うかもしれませんが、
そもそも検索エンジンからの集客を意識していく際は、


「そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか」


が極めて重要な視点の1つになってきます。


そういった検索を行った人が求めている情報を、
自分のサイトやブログでしっかりと提供してあげてこそ、
訪問者のそのサイトへの評価、満足度が高まり、
そのような評価、満足度の高さこそが、


「検索エンジンからの評価」


にそのまま直結してくるからです。


そして何よりもそのような訪問者の満足度こそが、
サイトの成約率やオプトイン率にもそのまま繋がってきます。


つまり、検索エンジンからの集客は、


・SEOの観点

・そのサイトで成約を取っていく観点



このどちらの観点においても、
検索エンジンからアクセスを集めるまでが重要なのではなく


“検索エンジンからアクセスを集めた後の訪問者の反応”


こそが何よりも重要になってくるという事です。


そして、


“検索エンジンからアクセスを集めた後の訪問者の反応”


を意識していく上では、


「そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか」


をある程度、明確に捉える事が出来なければ、
いざ検索エンジンからアクセスを呼び込んだとしても、
そこで訪問者が満足するような情報を与える事は出来ません。


いざ訪問者を満足させる事が出来なければ、
そのサイトはすぐに閉じられてしまう事になりますので、
検索エンジンからの評価も下がってしまい、
そこで成約などを取っていく事も到底出来ないわけです。


・SEOの観点

・そのサイトで成約を取っていく観点



このどちらにおいても、それを満たせないわけですね。


つまり、検索エンジンからの訪問者を「満足」させるには、


「そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか」


を知る必要があり、それがわからないキーワードで集客をしても
そこでどういう情報を提供していいかもわからない為、
そんな訪問者を満足させる事など出来るはずがないのです。


そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか。


現にその視点で考えてみてください。


「ダイエット」

「ネットビジネス」

「副業」


仮にこんなビッグキーワードだけで検索をしている人が、
どういう情報を求めているのか、
一体何を求めて検索をしているのかが分かるでしょうか。


おそらく「憶測」のレベルでしか分かりようがないと思います。


「ダイエット」というキーワードであれば、
ダイエットという言葉の意味や語源を知りたいのかもしれませんし、
有効なダイエット法を知りたいのかもしれません。


ダイエットのメリット、デメリットを知りたい可能性もあります。


つまり、このようなビッグキーワードのみを幾ら狙っても、


「そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか」


をほぼ分かりようがない為、
どんなにこのようなビッグキーワードでSEOを意識しても


・そもそもの上位表示がほぼ不可能

・上位表示を取れても訪問者のニーズが不透明

・故に訪問者を満足させられない



という状況に陥り、結局のところ、
サイト本来の目的であり「成約」には結びつきません。


集客そのものが困難な上にそれが上手くいっても、
さほど結果には繋がらないような、
質の低いアクセスが集まってくるだけなのです。


つまり、SEOを意識してキーワードを選定していく際は


「そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか」


が、ある程度は明確に分かるような
複合キーワードも併せてキーワードを選定していくべきであり、
そういった複合キーワードを併せて集客を狙っていくコンテンツは、


「その人が求めている情報を提供してあげる事」


を意識して作成していく必要があるという事です。


実際にそれを徹底していくようにすれば、、
必然的にSEOを意識していくキーワードは、


「上位表示を狙い易い複合キーワードを併せたキーワード」


になっていく事になるだけではなく、
そのコンテンツでも訪問者の満足度を高め易くなる為、


・SEOの観点

・そのサイトで成約を取っていく観点



このどちらにおいても相乗してプラス効果を生み出せるようになります。


どんなにSEO対策のスキルやテクニックを身に付けても、
そもそもの前提として、ここでお話ししたような


「キーワード選定の視点やその考え方」


が間違っていては、仮に上位表示が困難なビッグキーワードで、
どんどん上位表示を取っていく事が出来たとしても、
それは「無駄な集客」にしかならないという事です。


ただ、私が「稼げていない人」のサイトやブログを見る限りでは、
かなりこの「キーワード選定の視点」が疎かな傾向にあり、


「ビッグキーワードばかりを無駄に狙っている」


というケースや、


「狙っている複合キーワードが的外れ」


というケース、更には、


「狙っているキーワードに対して
 そのコンテンツ内容が全く伴っていない」



というケースなどが非常に多いです。


検索エンジンからの集客を意識していく際は、
テーマに沿ったキーワードを狙っていく事も重要ですが


「そのキーワードを入力した人が何を求めて検索をしているのか」


が、ある程度、明確に分かるような複合キーワードを併せて意識し、


「その人が求めている情報を提供してあげる事」


を前提にそのコンテンツを作成していくべきだと思います。


そういう意味でもキーワードとコンテンツ内容は、


「検索エンジン利用者がどういう情報を求めているのか」


という視点で、それぞれ密接な関係性があるという事ですね。


もしもこの視点が疎かになっていたようであれば、
是非、今後のコンテンツ作成においては、
しっかりと意識していくようにしてみてください。


井上


<SEO対策関連講座一覧>


SEO対策についての講義1~内部SEOと外部SEO~

SEO対策についての講義2~SEO対策をしないSEO対策~


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ。

井上です。


ここ最近「集客」「マーケティング」について、
私なりの考え方やそれに基づく教材、
ツールなどをご紹介する記事が続いていましたので
ここで一度その「まとめ」的な記事を書かせてもらいました。

井上太一の集客「理論」


まず私の「集客」についての根本的な考え方や、
実際にこのブログなどでやっている事についての視点などは
こちらの記事に書いてある事が「ほぼそのまま」かと思います。


>投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略。


そんな私の集客の視点、捉え方、
そしてその「ノウハウ」という点に関して、
最もそれに近いものをそのまま学べる「教材」は、
やはりこちらの「本質のビジネスSEO術」かと思います。


本質のビジネスSEO術


こちらの教材は一時、販売終了となっていましたが、
ここ最近、再販売となり、また追加コンテンツも加わった事で、
一層お勧め出来る「集客教材(SEO対策教材)」になったと思います。


ちなみに私の方がお付けしている特典がこちら。


・井上流SEO効果抜群の記事の書き方
・井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル


どちらもメイン教材をより実践的に活かせる、
私がこのブログで実際に実践している集客ノウハウになります。


ちなみに教材本体の方は「10000円」という価格ですが
こちらには「メール1通で教材代金は全額返金」という
「無条件返金保証」も付いています。


要するに


「役に立たなければ返金してもらえればいい。」


という意識で購入して頂いても一向に構わないという事です。


ただその内容は本当に本質的なもので、
ネットビジネスにおける集客の基本、理論、視点、捉え方など、
その根本的なところからをしっかりと学べる教材になっています。


それを踏まえた返金保証ですから、
これは「とりあえず」でも購入しておいて損は無いと思います。


仮に返金を請求しても教材も私の特典も手元に残りますから(苦笑)


ただこのような保証が付いている点も含めて、お勧めしています。


井上太一の集客「環境」


そして先ほどの「集客理論」において欠かせない要素が


「キーワード」


になります。


少なくとも私のブログの集客網はヤフーやグーグルなどの、
検索エンジンが主体となっていますので、
そこにはやはり「キーワード選び」が大きな比重を占めてます。


そんなキーワード選びを精巧且つ効率化させてくれるのが、
こちらのような「キーワードリサーチツール」です。


キーワードスカウターS


こちらには私の方からも以下のようなラインナップの
かなり手厚い(手厚すぎるほど)の特典一式を付けています。


・キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・物販編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~情報商材アフィリエイト編~


こちらのお値段は「買い切りタイプ」のツールながら、
4980円という格安な値段設定で、
私の特典を抜きにしてもかなりお得なツールになっています。


そこに私の特典も含めて価値を換算して頂ければ、
もうかなりの「おつり」が永久的に出て来てもおかしくない
そんなツールと特典の一式になっていると思います。


ちなみにこのツールはPC起動が基本のツールなので、
サーバーなどを借りる必要も無く、
一度購入すれば一生涯「無料」で使い倒せます。


先程の「本質のSEO術」と私の特典で、
検索エンジン集客における理論をしっかりと身に付け、
こちらの「キーワードスカウターS」を手にすれば、
まずそうそう集客に手を焼く事はなくなると思います。


無条件保証付きの10000円の理論教材と、
4980円で永久的に使えるツール。


いずれも決して高い買い物では無いかと思いますので
ネットビジネスにおける「集客」に
知識面、実践面での手薄さを感じるような人はとくに
その双方でしっかりとした基盤を作れるはずです。


井上太一の集客「基盤」


ここでもう1つ「集客」を語る上で、
やはり加えておかなければならないのは、

「その基盤となるもの」

についてではないかと思います。


言わばその「集客理論」や「ツール」を役立てる“場”ですね。


まさにこの「ブログ」がそれにあたるわけですが、
このブログはワードプレスというブログソフトに
賢威という「有料のテンプレート」を利用しています。


SEOマニュアル+テンプレート「賢威」


仮に私が今と同じ集客作業を
他の環境(既存の無料ブログなど)で実践していた場合、
おそらくですが現状の環境ほどの成果は上がっていないと思います。


どれくらいの差が出るかは推測の範囲でしかありませんが、
やはり同じ集客作業を行っていく上でも、
その「基盤」となるものの差は作業を行っていくほど大きくなります。


「何故、テンプレートでそこまで差が出るのか」


という点は諸説あるところですし一言では語り尽くせませんが
簡潔に言えばグーグルはサイトを「ソース」で読み込んでいます。


私達が目で見ている情報とは全く異なる、
コンピュータ言語でサイトの情報を読み込んでいるわけです。


私達の目から見ると非常に綺麗なサイトでも、
グーグルから見ると物凄く見ずらいサイトである可能性もあります。


それを左右していくのがブログなどの「テンプレート」というわけです。


その上で「賢威」のテンプレートは非常に綺麗なソースで
グーグルに非常に評価されやすいと言われています。


多くのSEO関連の専門業者などにも高く評価されているわけです。


私もその手の知識に物凄く詳しいというわけではありませんが、
ある程度の原理原則は押さえていますので、
その私の目で見ても賢威のソースは確かに「綺麗」です。


24800円とお値段はやや高めですが、
長くネットビジネス、ブログを継続していくのであれば、
それ以上の費用対効果は十分に期待出来ますし、


「成果が上がっていくほどその差は大きくなっていく」


と思います。


そういう意味では私が「賢威」に受けている恩恵は
数十万、数百万円単位の金額になっているはずですし、
今後もそれは更に膨れ上がっていくと思います。


そんな賢威には「本質のビジネスSEO術」
もしくは「キーワードスカウターS」との「連動特典」として
以下のような私のオリジナルコンテンツを提供しています。


井上太一ブログ解体新書~井上式トレンドマーケティング~


こちらの案内ページには別の提供条件が書いてい有りますが、
「本質のビジネスSEO術」もしくは「キーワードスカウターS」と
この「賢威」の連動特典でも提供していますので、


「ベストな集客環境をすぐにでも整えたい」


というのであれば、


・本質のビジネスSEO術
・キーワードスカウターS
・賢威


この3点の購入で私の各特典コンテンツと連動特典。


(本質のビジネスSEO術特典)
・井上流SEO効果抜群の記事の書き方
・井上式SEO対策不要の“キーワード集客”マニュアル

(キーワードスカウターS特典)
・キーワードスカウターS活用講座~ゼロの視点~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・物販編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~トレンドアフィリエイト・アドセンス編~
・キーワードスカウターSを使ったキーワード集客戦略
 ~情報商材アフィリエイト編~

(賢威連動特典:井上太一ブログ解体新書)
・質の高いアクセスを“突発的”に呼び込んでいく
 マッチングトレンドキーワード集客。
・質の高いアクセスを“半永久的”に呼び込み続ける
 マッチングロングレンジキーワード集客。
・井上太一「賢威」設定+カスタマイズサポート


これら全てを手にする事が出来ます。


勿論、全てが必須という事を言うつもりはありませんが、
どれも間違いなく支払うお金以上の「対価」を得られる、
本当に良質な「教材」「ツール」「テンプレート」だと思いますので


「形から入ってこそ、モチべーションが上がる」


という人やそういう自覚があるような人は、
まずは万全な「集客環境」を用意していくというのも
選択肢の1つとしては十分にアリかと思います。


本質のビジネスSEO術

キーワードスカウターS

SEOマニュアル+テンプレート「賢威」

井上太一ブログ解体新書~井上式トレンドマーケティング~


以上、井上太一流「集客・マーケティング」についての「まとめ」でした。


それではまた次回


井上


<関連記事一覧>


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ講座 SEO対策

ワードプレスブログのSEO対策、検索エンジン対策について。

井上です。


今日はある意味、かなり初歩的なお話しなのですが、
「集客」というものについて、ふと思う事があったので


“「集客」における井上ブログ、2つの秘密。”


という題目で、集客やSEO対策等における、
かなり重要なお話しをしておきたいと思います。


集客に悩んでいるような人は是非、読んでください。

「集客」における井上ブログ、2つの秘密。


私は「井上太一アフィリエイト倶楽部」という、
アフィリエイトの実践企画をやっているのですが、
その参加者さんから稀に頂くご質問の中に


「SEO対策の為に○○○○はやらなくてもいいんですか?」


と「SEO対策系」のちょっとした技術的な作業について、


「○○はやった方がいいんですか?」


的な質問や相談を受ける事があります。


ただそういう質問や相談をして来られた方には、
まずは逆にこのようなご質問をお返しするようにしています。


「そもそもそれをやると、どういうメリットがあるんですか?」


このようにお尋ねすると、大抵の方は、


「以前、購入した教材にそう書いてあったので・・・」


というような回答が返ってきます。


ただそのような回答をくださる方は大抵、
その技術的な作業の優位性をそれ以上は認識していません。


要するにその「教材」にも、その辺りは、
あまり深くは追及されていなかったというわけです。


正直、SEO対策における細かいノウハウには、
実状として、そういうものが数多く存在します。


「あの教材に書いてあったから。」

「どっかのサイトに書いてあったから。」



ブログを運営しているような人の中には、
そういう理由であまり根拠も優位性もわからず、
とりあえず」レベルでやったようなSEO対策的な工程が
1つ、2つくらいあるのではないでしょうか。


勿論、その中には本当に有効なSEO対策もあると思います。


ただ私の「アフィリエイト倶楽部」の方では、
そういうSEO対策的な工程はほとんど書いていません。


それは私自身が実際にそういう事は一切やっていないからです。


それでも私は実際にこのブログと自分のメルマガだけで
月に200~300万円くらいのアフィリエイト報酬は、
今年に入ってからも安定的に稼ぎ続けています。


日々のアクセス数も安定してますし、
むしろ記事を更新していくごとに増え続けています。


そしてその大半が「検索エンジンから」です。


要するにそういうSEO対策的な事を一切しなくても
こうして検索エンジンからの集客が出来ているんですね。


然るべきキーワードできっちり上位表示を取れているんですよ。


では何故、私のブログはそういった
SEO対策的な事を何1つしなくても、
集客面を含めてしっかりと結果を出せているのか。


その理由は大きく言うと下記の2つかと思います。


1、その「SEO対策的な事」を一切やっていない

2、投資家ウォーレンバフェット的な戦略を取っている



ぞれぞれについて詳しく解説していきますね。


井上ブログの秘密①:
「SEO対策的な事」を一切やっていない


何故、SEO対策的な事を一切やっていない事が
ブログの集客力のアップに繋がっているのか。


これはそのようなものに割り当てる労力と時間を、
全て、質のコンテンツの作成に充てているという点で、
その事が「功を奏している」という趣旨の答えになります。


そもそも多くのSEO対策関連のブログやサイト、
また情報商材等に書かれているようなテクニックは、


「どんなキーワードにも適応できるSEO対策」


という事がそもそもの大前提になっています。


これはある意味、かなりのビッグキーワードを含めて、
とにかくサイトやブログを上位に表示させる為、
あれもこれもやった方がいいというような、
とにかく労力のかかるSEO対策が提唱されているわけです。


確かにそれはそれで有効なノウハウなのですが、
そういうSEO対策は、強いてそういった
ビッグキーワードを拾っていかない事には、
根本的に商売が成り立たない人がやればいいんです。


少なくとも私達のようなアフィリエイター。


とくに私のような情報系のアフィリエイターには、
そんなビッグキーワードで上位表示を取る為の
いわゆる“ガチ過ぎるSEO対策”などは全く必要ありません。


そんなキーワードで上位表示をとっても、
その労力に見合うほどの対価は得られないからです。


つまりそういった多くのSEO対策系のサイトや
それに右へ倣えをしたような教材に書かれているSEO対策は
私達のような個人ブロガー、情報アフィリエイターにとっては
あまり意味の無いSEO対策なんですね。


意味が無いというか、労力の割に合わないSEO対策なんです。


では、私達のような個人ブロガーや、
情報系アフィリエイターはどういうSEO対策を取るべきなのか。


その答えが次にお話しする


“投資家ウォーレンバフェット的な戦略”


と言えるSEO対策になります。


井上ブログの秘密②:
投資家ウォーレンバフェット的な戦略を取っている


世界長者番付の常連ベスト3に名を連ねる
世界一の投資家ウォーレンバフェット氏には、
下記のような「名言」があります。


「私に高いハードルを超える実力は無い。
 私はただ低いハードルを探して飛び越え続けて来ただけだ。」



これが世界で3本の指に入る投資家が発した投資の真髄であり、
むしろこれは「ビジネスの真髄」と言っていいと思います。


要するに難しいハードルを無理に超えなくても、
自分が超えられるハードルを見つけてたくさん超えていけば、
結果的に誰よりも高いリターンを得られるという事を言っています。


まさに私のSEO対策はこの戦略に尽きるもので、
私は上位表示を狙い易いキーワードだけを狙っています。


そういうキーワードを狙って、ただ記事を書くんです。


逆に言えば、ただそのキーワードを狙った記事を書けば
十分に上位表示を狙えるものだけを狙っているわけですね。


且つ、それでいて私のブログやメルマガにとって
質の高いお客さんを集められるキーワードを狙う。


言ってみればこれを徹底しているだけなんです。


一見難しそうに聞こえますが、
これは多くの人がやっているSEO対策より、
遥かに「簡単」で手間も労力も時間もかかりません。


基本的にやる事は「記事を書く事」だけですからね。


それくらい私のような情報系、ビジネス系のアフィリエイターは
検索エンジンからの集客が“イージー(簡単)”なんですよ。


だからこそ、私は現に3日に1回くらいしか更新しない
このブログ1つで月収にして200~300万くらいの収入を
毎月のように安定して稼ぎ続ける事が出来ているんです。


その辺りの「集客ノウハウ」の全てを公開しているのが、
私のこのブログのテンプレートの連動特典にしている
こちらの「井上太一ブログ解体新書」なんですね。


井上太一ブログ解体新書


SEO対策というものに疑問を感じていたり、
集客に悩んでいるという人には是非お勧めしたいコンテンツです。


おそらく(というか間違いなく)お役に立てるかと思います。


あとはこちらの「キーワードリサーチツール」ですね。


キーワードスカウターS


私の集客戦略は1にキーワード、2にキーワードですから、
キーワードリサーチの質と効率性を高める上で、
このツールは抜群の費用対効果を発揮してくれます。


このツールの提供特典もかなり手厚いものを付けてますので
こちらも併せて是非ご覧になってみてください。


言ってもネットビジネスは集客が出来なければ始まりませんからね。


それでは。


井上


<関連記事一覧>


SEO対策とは?その考え方、方法と基本

投資家ウォーレンバフェット氏の「真髄」に習う集客戦略

集客ツールというものの現実。ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

中古ドメインとは。その有効性と効果、リスクと懸念点、選び方について

井上です。


先日、こちらのツールについて問い合わせを頂きました。


効果抜群のオールドドメインを根こそぎ取得するソフト中古ドメインサルベージ極


その回答というわけではありませんが、
このツールで扱っている「中古ドメイン」というものについて。


その有効性、効果、リスクや懸念点などについて解説しておきます。


それではいってみます。

中古ドメインとは。その有効性と効果について


そもそも中古ドメインって何?という話ですが、
これは書いてそのまま、


「過去に他のサイトで使われていたドメイン」


です。


私のブログで言えばこれですね。


toudai5000.net


基本、ドメインは重複出来ませんので、
私が使っている「toudai5000.net」のドメインは、
私がこのドメインでこのブログを運営している限り、
他の人が取得して使う事は出来ません。


逆に私がこのブログの運営を辞めて、
ドメインの取得有効期限にその更新を行わった場合、
この「toudai5000.net」は「中古ドメイン」になります。


すると誰もが正規のドメイン取得手続きで、
私が使っていた「toudai5000.net」を取得して、
ブログやサイトを運営出来るようになるわけです。


この事に何の意味があるのか?と言うと、一般的には


「SEO対策に優位性を発揮出来る」


と言われています。


主要検索エンジンであるグーグルは、


・そのドメインにどれくらいの被リンクが付いているか
・そのドメインで何ページのインデックス(検索ヒット数)があるか



などを検索上位表示の基準の1つにしていて、
同じくその上位表示基準の1つである


・ページランク


などもドメインごとにランク付けされていると言われています。


なので、ページランクが高く、被リンク数が多く、
インデックス数の多い中古ドメインを取得して
サイトやブログを運営し始めれば、
いわゆる「スタートダッシュ」を図れるわけです。


本来、コツコツと増やしていく被リンクや
ページインデックス、ページランクを
サイト運営当初の段階から保持できるわけですから。


そういう観点で言えば、
どうせ一からドメインを取得してサイトやブログを作るなら
有効な中古ドメインを取得して作った方が
SEO対策の観点では色々な意味で優位性があります。


とは言え、これはあくまでも「前」のサイトの
被リンク数、インデックス数、ページランクですので、
それがそのまま100%効果を発揮してくれるとは限りません。


そこはやはりグーグルの精度が上がってきているせいもありますし、
そこまで単純に効果が期待できるものでは無いという事です。


ただ実際に中古ドメインを利用している多くの人の実例として、
その効果は少なからず発揮されている事が
多くのサイトやブログにある体験談からも見てとれます。


あくまでもその効果は「スタートダッシュ」程度に見るべきですが
そこを重要視したい人や結果を早く出したい人、
またサイトやブログを量産するような集客戦略や
アフィリエイト戦略を取っている人には事実、有効なもののようです。


中古ドメインのリスクと懸念点。


ただ中古ドメインにも多少のリスクと懸念点があります。


それはもともとのサイトやブログが
グーグルにペナルティを受けていたり、
スパムサイトとみなされている(いた)可能性です。


そのサイトが過去にどんなサイトだったかの確認などから
ある程度、そのリスクを回避する術はありますが
やはり完全にその辺りの懸念を解消する事は難しいようです。


またその中古ドメインサイトそのものが
スパム判定を受けていなくても
そのサイトがスパム判定を受けているサイトから
あまりグーグルにとって好材料とならない被リンクを貰っている可能性。


更にそういった中古ドメインサイトを量産して
被リンク効果などを狙っていった行為がスパム判定を受ける可能性など、
グーグルにおける不透明な基準にその行為が引っ掛かる可能性もあります。


中古ドメインにはそういったリスク、
懸念があるという観点はきちんと踏まえておく必要もあります。


そこまでのリスクを負って既存のサイトやブログを
あえて中古ドメインに切り替えるメリットはあまりありません。


ですので、今やっているサイトやブログに対して、
思ったように検索エンジンからのアクセスが増えないという理由で
中古ドメインを導入するというのは私はあまりお勧めしません。


それは単純に運営期間が短すぎるかコンテンツが不足している。


もしくはその質が引くという根本的な理由である場合がほとんどです。


その問題点は中古ドメインを入れたところで解決しません。


中古ドメインはあくまでもスタートダッシュでしかないからです。


結局、更新していくコンテンツの質が低ければ、
検索エンジンからの評価はどんどん下がっていきますからね。


何にせよ、中古ドメインはその程度のものだという事です。


自分自身で質の高いコンテンツを更新していかない事には
長い目で見てネットビジネスで成功していく事は出来ません。


あくまでも多少の優位性のあるスタートダッシュ要因。


ただしリスクもある。


そのレベルで考えるべきですね。


そんな「中古ドメイン」を有効に使えるのは・・・


そんな中古ドメインの優位性を多いに発揮していけるのは
量産系の手法を取っている人くらいかと思います。


私のように1年、2年としっかりとしたコンテンツを作って
1つのブログやサイトを運営していく前提であれば、
とくにその「スタートダッシュ」にさほど大きな意味はありません。


長くブログやサイトを運営してきちんと結果を出せる人は
検索エンジン対策という観点では遅かれ早かれ結果は付いてきます。


そういう意味でも私はコンテンツ重視で、
1つのサイトやブログをやっていく人には不要だと思うわけです。


対して量産系の物販やアドセンス主体のアフィリエイト、
量産型のトレンドブログや集客戦略を実践しているような人は
その1つ1つのサイトにスタートダッシュをかけられますので、
そういう人には中古ドメインは確かに有効だと思います。


一応、冒頭で紹介した「中古ドメインサルベージ極」を使えば、
中古ドメインの懸念点もかなりの確率で回避しやすくなります。


効果抜群のオールドドメインを根こそぎ取得するソフト中古ドメインサルベージ極


ここまでの話を聞いてその有効性に魅力を感じる人。


量産系のアフィリエイトや集客戦略を取っている人は
14800円という価格分の価値は見出せると思います。


ただ良質なコンテンツの継続更新は基本、必須です。


中古ドメインはその「解決策」では無いので、あしからず。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年7月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SEO対策

このページの先頭へ