詐欺商材と言われるような情報商材、高額塾の共通点。

井上です。


2017年、あけましておめでとうございます。


2016年も相変わらずマイペースな活動をしてきた私ですが
業界的には色々な意味で「2極化」が進んできたように思えます。


稼げる人と稼げない人。

優良な情報商材とほぼ詐欺まがいな情報商材。


とくに「高額塾」と呼ばれるようなものを乱発し、
一時期は荒稼ぎしていたようなインフォプレナーなどは、
ほぼ赤字状態でほとんど稼げなくなった人も少なくないようです。


実際、以前に比べて「高額塾」と呼ばれるようなもの自体が、
かなり少なくなっている事は間違いありません。


もちろん、それでも定期的にそのような高額塾の案内や、
それに先立つ無料オファーなども飛び交っている状況ですが
その中には普通に赤字で終わっているものもあるという事です。


まあ、消費者側もさすがに色々な事に気付き始めますから、
以前のように、そう簡単にはウン十万円という高額塾が
爆発的に売れてしまうような状況にはならなくなっているようですね。


ただ、そのような状況にあるからこそ、ここ最近見られるのは、


「熱意を込めた泣き落とし動画」

「家族、親族を登場させて信頼性を植え付ける動画」

「病気を理由に覚悟を見せ、同情を引く動画」



などなど、このようなもので商品を売り込むものが多くなってきています。


動画で涙を見せるのは、もはや常套手段で、
某有名なインフォプレナーさんなどは「癌」を告白し、
それを高額塾や高額な教材の販売に結び付けているくらいですから。


まあ、もともと私は「ローンチ」と呼ばれる、
動画を2話、3話と分けて公開していく手法で、
高額な情報商材などを売り付ける手法はあまり好きではないので、
基本的に、その手の無料オファーの紹介などは一切やっていません。


おそらく、今後もやる事はないと思います。


もちろん、そういう手法で本当に優良な商品を
実際に販売しているというなら何の問題もありませんが
そのような「ローンチ」というものに力を入れる人ほど
その商品内容が「売り方」に見合っていないのが現実です。


手の込んだロンチ用の動画を何時間分も作り込んでいたわりに、
実際に販売している商品のコンテンツはそれ以下の情報量で、
その内容もスカスカというものがほとんどなわけです。


実際、過去にこのような「ローンチ」を用いて、
爆発的に売上を伸ばした高額塾などは、
ほぼ全てが例外なく被害者を続出させてますからね。


そして、そのような売り方で情報商材を世に出す人達は、
決まって次から次へと新たな企画、新たなオファーを立ち上げ、
また新たな高額教材の販売を度々行っています。


それこそ「高額塾」と呼ばれるものが実際に始まった頃には、
次の高額塾を販促するための販促動画の撮影を始めていて、
それくらいのサイクルで次々と高額な教材を販売しているんです。


そんな人の高額塾、情報商材の内容やサービスが
本当にウン十万円もの価格に見合うものなはずがありません。


まして、その多くには100万円単位の
超高額なバックエンドなども絡むわけですから、
どう考えても価格に見合うような商品を提供できる売り方、
そして、それが可能な販売サイクルではないわけです。


それでも、ろくに利益を上げられない高額塾が多くなっていますので、
ある意味、インフォプレナー側も稼ぐために必死なんですね。


それこそ、そういう人達の大半は、豪華な私生活などを
ブログやフェイスブックなどにアップする事で、
自らのブランディングを保っている傾向にありますから、
そういう画像をアップできなくなる事自体が死活問題なりかねません。


ですが、ここまであからさまになってくると、今後は


「売り方が必死な情報商材(高額塾)ほど要注意」


という方程式が普通に成り立ってくると思います。


むしろ今はこの方程式こそが後々、問題になってしまうような、
詐欺まがいの情報商材や高額塾を見分ける最適な判断基準です。


そもそも情報商材や塾などにおいて重要なのは、


・どのようなノウハウを教示してくれるか

・どのようなコンテンツが提供されるのか

・どのようなサービスを提供してくれるのか



といったものであり、これこそが重要な判断基準と言えます。


よって、然るべき情報商材や塾のアピールは、
これらを内容や詳細をアピールする事のはずなのですが、
ここ最近の「高額塾」と呼ばれるものの多くは、


「熱意を込めた泣き落とし動画」

「家族、親族を登場させて信頼性を植え付ける動画」

「病気を理由に覚悟を見せ、同情を引く動画」



など、明らかにノウハウやコンテンツ、
その塾で提供するサービスとは無関係な部分で
その塾に「信憑性」を持たせようとしているんです。


コンテンツやサービスのアピールを二の次にして、


「この人の言う事を聞けば儲かりそう・・・」


という雰囲気作り=(信憑性の演出)に力を入れているわけですね。


ですが、こういう雰囲気作り、演出に力を入れている情報商材、
高額塾は、ほぼ例外なく「ハズレ」だと思った方がいいと思います。


むしろコンテンツやサービスにさほどウリないからこそ、
このような雰囲気作りや演出に力を入れているんです。


ですので、その高額塾の案内に先立つ無料オファーを介して、
1話、2話と提供されていく動画の内容なども含め、
明らかにコンテンツやサービスのアピールにあたる情報より、


「この人の言う事を聞けば儲かりそう・・・」


という雰囲気作り=(信憑性の演出)に力を入れている、
そのウエイトが高いようであれば、その案件は要注意です、、、。


というより、参加を見送った方が身のためだと思いますね。


おそらく、この傾向は今後ももっとエスカレートすると思いますし、
ネットビジネス業界で右も左もよくわからないような人は、


「この人の言う事を聞けば儲かりそう・・・」


という雰囲気作り=(信憑性の演出)に、
ものの見事にヤラれてしまう事になるのかもしれません。


そして、そんな雰囲気作り、演出に、
まんまとヤラれてしまった経験がある人も、
今となっては決して少なくはないと思いますし、
当のあなたがその一人なのかもしれません。


ですので、そのような人はもう少し情報を見極める目を養い、
そのような実際のコンテンツやサービスの内容云々とは無関係な、
雰囲気作り、演出にヤラれないようにしてください。


それだけでも、この業界の見方や歩き方は、
大きく変わってくるはずです。


それこそが「本物を見極められる目」を持つ、
その最初の一歩に他ならないからです。


そして、本当に良質な情報やサービスを提供する人は、
決して次から次へと新たな商品や企画を乱発する事なく、
また、決して必死な売り方をする事もなく、


・どのようなノウハウを教示してくれるか

・どのようなコンテンツが提供されるのか

・どのようなサービスを提供してくれるのか



これらに比重を置いた商品の売り方をしているはずですので、
本当に価値のある情報や信頼のおける情報提供者は、
そのような視点で見極めていく事をお勧めします。


もちろん、これは「アフィリエイター」にも同じ事が言えますので、
あなた自身がアフィリエイターとして活動していく上でも、
そんなアフィリエイターを目指していくべきだと思いますね。


少なくとも、私はそういう姿勢でやっていますので、
2017年も、変わらずこのスタンスを続けていきたいと思います。


それでは、今年もよろしくお願いします!


PS

去年(2016年)の新年のご挨拶で


「裏では大がかりな企画やコンテンツの作成を着々と進めてます!」

「年内にはその幾つかは発足していけると思います!」


とお伝えしていた件ですが、実を言うとこれは
私のメルマガの読者さんなら既にご存知かもしれませんが、
私が推奨しているコピーライティング教材である、


「The Million Writing」


の著者、宇崎恵吾さんが公開を予定している企画、教材があり、
そちらの販売に併せて私の方でも特典となるコンテンツなどを用意し、
新しい企画などを発足していこうと思っていたものでした。


ですが宇崎さん側の方で昨年中の公開が間に合わなかったようで、
私の方もコンテンツ、企画などを詰め切れなかったという感じです。


ちなみに宇崎さんが公開を予定している新しい教材については、
宇崎さんのブログの方でも、つい先日の年明け後記事で、
昨年度の公開が間に合わなかった旨が報告されていました。

>宇崎さんのブログ:コピーライティング至上主義者の会


ただ、こちらの上記にも書かれている通り、
その新作となるライティング教材の方は今年には公開できるそうなので、
私もそちらに併せて新たな企画を発足していきたいと思います。


とは言え、宇崎さん側でその新しい教材を実際にどういう形で、
どのような条件で公開するかなども決まっていないようですので、
基本的には、全てそれらが決まり次第ですね。


「何らかの形でアフィリエイターさんにも協力してもらいたい」


という事は以前に宇崎さん自身も言われていましたので、
何らかの形では、私も企画等の発足は出来るんじゃないかと思います。


宇崎さんの新しいライティング教材は私も本当に楽しみなので、
それに見合うだけの企画を作れるように私も頑張ります。


是非、期待してください!


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2017年1月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

2016年のご挨拶~ネットビジネス、アフィリエイトはもう稼げない?~

井上です。


2016年、あけましておめでとうございます。


去年、このメディア(ブログ)を介してのアフィリエイター活動は、
どちらかと言うと、それまでに積み上げたものの「継続」が主で、
表立っては、そこまで大きな動きは取っていませんでした。


淡々と新たな情報商材を取り上げ、
批評しながら、既存の企画等の紹介をしていた感じですね。


実際に、そこまで大がかりな特典コンテンツや
新たな企画の公開なども行っていなかったと思いますので、
このメディア自体の売上のみを言えばやや昨年よりも悪かったです。


と言ってもそこまで大幅なダウンをしているわけではありませんので
むしろ「労力に対しての得られている対価」という点では、
昨年よりも遥かに大きなリターン率があったと言っていいと思います。


まさにこれはDRMの仕組みをしっかりと構築して、
リストをしっかりと集め、


「積み上げられるビジネス」


を展開しているからに他なりません。


むしろ、このメディアに関しては、
もうそこまで大がかりな仕掛けを打たなくても、
これまでに構築しているコンテンツでそれなりの収入は、
普通に継続出来るだけの仕組みが出来上がっていると思います。


既存のブログコンテンツが検索エンジンから、
良質な見込み客を集めて続けてくれますし、
その見込み客からは更に良質なリスト(読者)が集まり、
そこへ既にメルマガによるステップメール講座が流れていきます。


そこで私の講座に価値を感じてくださった人が、
こうして打ち立てている私の企画などに参加してくれるわけです。


>井上太一アフィリエイト倶楽部

>井上太一ツイッター倶楽部

>井上式せどりインサイダープロジェクト


こうしたこのブログからの収益だけでも、私は概ね、
年収3000万円くらいは稼げるようになっているという事ですね。


ただ、先程もお伝えしたように、
去年は表立ってはそこまで大がかりな動きは取っていませんでしたが、
裏では、かなり大がかりな企画やコンテンツの作成に関わり、
今後の大きな展開に備えて着々と準備を進めています。


年内にはその幾つかは発足していけると思いますので、
このブログでも、そういった企画などについては、
随時、ご紹介、ご案内していきたいと思っていますので、
是非とも、ご期待頂ければと思います。

ネットビジネス、アフィリエイトはもう稼げない?


「もうネットビジネス、アフィリエイトは稼げなくなった。」

「これから参入しても、もう遅い。」



この業界には、そんな事を言っている人が「常に」います。


もう5年くらい前からずっといるんじゃないですかね(笑)


確かに5年くらい前は目立って稼いでいたような人が
今では影も形も・・・というケースも珍しくありませんが、


「稼げなくなった」

「稼げない」


というような事を言っているような人の大半は、
そういう一部の「一過性の成功者」の事例に振り回され、
それが業界の流れだと思い込んでいるような人達です。


確かに、どんな業界にも「流れ」のようなものがあり、
その流れに乗れない人は消えていきます。


でも、その流れの中には本質的なもの、
変わらないものというのも間違いなくありますので、
それをしっかりと押さえている人は消えていきません。


少なくとも私はそんな「流れ」が変わる事で、
簡単に稼げなくなりような一過性なノウハウや情報などは、
このブログでは一切扱っていないつもりです。


確かに「流れに乗るだけのノウハウ」で稼ぐのは簡単ですが、
そういう稼ぎ方をしても、長くは続きません。


また次の流れに乗り続けていかない限り、続かないものです。


そういう稼ぎ方を否定するつもりはありませんが、
私はしっかりと「積み上げられるビジネス」をやりたいタイプなので
私のブログやメルマガで取り上げていくノウハウや情報は、
基本的にはその「積み上げられるビジネス」に役立つものだけです。


一見はそれが遠回りに見えるものでも、
最後にはその「積み上げられたもの」こそが、
大きな財産になっていくというのが私の考えなんですね。


少なくとも、私のブログやメルマガを愛読してくれている方は、
そういう私の考えに共感してくれている人達だと思っています。


今年もその方針を変えるつもりは一切ありませんので、
引き続き、学べるものはどんどん学んでいってください。


そんな感じで、今年も有益な情報を提供していきますので、
今年もどうぞよろしくお願い致します。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2016年1月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワンは詐欺?(クリアイズム有限会社)片桐健

井上です。


インフォトップの売上ランキングの20位圏内くらいに、
何とも「くだらなそうなツール」が出ていましたので、
一応、注意勧告も含めて取り上げておきます。


こちらの「ゼロワン」というツールです。


ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン(クリアイズム有限会社)

http://clearism.jp/infotop/zeroone/company/index.html


ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン(クリアイズム有限会社)片桐健


1日7分、パソコンの前に座ってキーワードを入力するだけで、
アフィリエイトで収入を得る事が出来る「ツール」だそうです。


この謳い文句の時点で「やれやれ」なのですが、
未だにこういうツールを買ってしまう人がいるというのも事実です。


現に、インフォトップの売上ランキングに入っているんですから。


私からすると、未だにこういう謳い文句のツールを目にして、


「そこに信憑性を感じてしまう無知さ」


に呆れてしまうのですが、
実際、この業界にはまだそういう人がたくさんいるようです。


そして、そういう人がいる限り、
こういうツールを売る人はおそらくいなくなりません。


そこに「需要」があるから「売る人」がいるわけです。


ただ、残念なことに、こういうツールでは、
その需要を「満たしていく事」は出来ません。


「また駄目だった・・・」

「また騙された・・・」



基本はこの繰り返しです。


そこで学習能力がある人は、気付くはずなのですが、
考えが甘い人は、また別のこういう情報にお金を払います。


そうやってどんどん「深み」にハマっていくわけです。


要するに「無知」な上に「考えが甘い」わけですね。


現に「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作る」という謳い文句の
この「ゼロワン」というツールは、


「これがどういう仕組みのどういうツールなのか」


が、ほぼ全くと言っていいほどセールスレターには、何も書かれていません。


この「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン」にお金を出している人は、
どういうロジックで動く、どういうツールなのかも分からないものに、
3万円以上もの大金を支払っているんです。


それこそ、自分勝手に都合の良い「妄想」を膨らませているわけですね。


実際「稼げる」と思ってお金を払っているわけですから。


ですが、この手の情報商材やツールのセールスレターにおいては、
その内容や詳細を書いていないようなものは、
ほぼ100%、使い物にならない情報、ツールだと思った方が身の為です。


現にこの「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン」の販売者は、
意図的にその詳細を「書かない」わけですから、
これは「書くと売れなくなるから書いていない」と考えるべきなんです。


要するに、そのロジックが分かった時点で、
ちょっと考えれば「稼げない事が明らかなツール」なわけですね。


だから、そういう「都合の悪い部分」を隠して、
こういう不透明なセールスレターでツールを売ろうとするわけです。


こういう不透明な情報やツールにお金を出してしまうような人は、
その「不透明な部分」に勝手に都合の良い妄想を膨らませて
そこに期待をしてお金を支払う傾向にありますが、
その「都合の良い捉え方」こそが全ての元凶を招いています。


それこそ、こういう情報やツールを売るような人は、
その「勝手な妄想」を都合よく利用して、
こういうセールスレターを作り、こういうものを売っているんですよ。


「都合の悪い部分を書かなければ、読んだ方が勝手に妄想してくれる」


更に言えば、


「ただ、稼げる事を強調しておけば、勝手に妄想して買ってくれる」


こんな考えで、こういうくだらない情報やツールを作り、
それが何なのかもよくわからないコピーでそれを売っているんです。


都合が悪い部分を隠す事、何も言わない事で、
勝手に妄想を膨らませてお金を払ってくるんですから、
これほど楽に情報やツールを売れる客層を逃す手はありません。


まさにこういう不透明度の高い情報やツールは、
そういう「おバカなお客さん」をターゲットにして、
こういう不透明な情報やツールを不透明な謳い文句で売っているわけですね。


つまりこういうものにお金を払っている人達は、
完全に「カモ」にされているという事です。


そういう人は1日でも早く、その現実に気付かなければなりません。


そして、そういう妄想を膨らませる事を辞めて、
もう少し知識を付けて業界の現実を知るべきなんです。


不透明な情報やツール=何の優位性も無い詐欺情報、詐欺ツール


その詳細やロジックをアピールしないという事は、
それをアピール「出来ない」のと同じです。


アピール出来ないという事はアピールするところが無いです。


だからこそ、この「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン」のような、
具体的なポイントは何も明かさない不透明なセールスレターになるんですね。


それこそ、この「ゼロワン」というツールの謳い文句なんて、
私からすれば本当に「ヒドイ」の一言に尽きます。


・1日7分、ゲーム感覚でゼロワンを起動しキーワードを入力

・あっという間に記事が自動でアップ

・その記事にアフィリエイト広告を貼りつける



これだけで「稼げる」と豪語してるんです。


だったら、こんな形で「売らず」に、
自分一人で何億円でも稼げばいいのに・・・(苦笑)


ちなみにこの「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン」は、
国内大手SNSサイトに自動で記事をアップするツールだそうです。


国内大手SNS?


ミクシィか何かですかね。


まあ、何でもいいですが、ハッキリ言って、
SNSに自動で作成された記事を投稿しただけで稼げるほど
アフィリエイトは甘いビジネスではありません。


どんな精巧な記事を自動生成してくれるのか知りませんが、


「SNSに記事を自動投稿して広告を貼る」


というだけで「稼げる」と思ってしまう人は、
ハッキリ言って知識が無さ過ぎますし、
この業界の現実が全く見えていないとしか言いようがありません。


そもそも「自動で作成された記事」から、
お金が生まれる可能性を感じてしまう時点で、アウトです。


そんなに甘いもんじゃないですからね。


それこを本当にそんな「自動生成した記事」で、
アフィリエイトで稼ぐ事が出来るツールが作り出せたなら、
その人は、間違いなく一人でごっそり稼ぐはずですよ。


間違っても、この「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン」のような
3万円とちょっとみたいな価格では売りませんね。


ただでさえツールなんてものは、
誰が使っても同じ動作をするんですから、
同じツールを使う人が増えれば競合が生まれるのは必然です。


この時点で、この「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作るゼロワン」は、
その理屈、理論が普通に破綻してるんですよ。


ただ、そこに気付かず妄想と期待を膨らませ、
お金を払ってしまう人達が未だにいるというのが現実です。


まあ、私のブログやメルマガを以前から読んでくれているような人は、
今更こんな謳い文句のツールに騙されるような事は無いと思いますが、
一応、注意勧告の意味も兼ねて取り上げておきました。


間違っても、こんなツールのセールスレターを読んで、
ありもしないものを妄想しないようにしてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

闇金牛島君「フリーエージェントくん」の天生翔=与沢翼の話。

井上です。


これはもう、さほどタイムリーではない話題になるのですが、
以前、「闇金ウシジマ君」といマンガに、
情報商材業界を題材にした話が長編で連載されていました。


そこに登場していたのが「天生翔」という、
あの与沢翼さんをモチーフにした人物がいたのですが、
その内容は、かなり情報商材業界の実状を忠実に描いてました。


もともと「闇金ウシジマ君」は、
作者の真鍋昌平さんが熱心な取材をした上で、
リアリティのある話を展開していく傾向にあるマンガです。


与沢翼さんをモチーフにした「天生翔」が登場する
単行本3冊分にも渡る「フリーエージェントくん」編は、
かなりの長編で、私的にも非常に興味深いものでした。


ただ、その「フリーエージェントくん」の話の中では、
与沢翼さんをモチーフにした「天生翔」という人物が、
ほぼ完全に「詐欺」をやっている前提で描かれていた為、


「これって、与沢さんはどういうスタンスで取材を受けたんだろう。」


と、その裏側の経緯がちょっと気になりました(笑)


実際、この話は与沢翼さん等がやっていた事を、
ほぼそのまま描いていたような話に近いので、


「こんな詐欺行為をやっている前提の取材を受けたの?」


としか思えないような内容が生々しく描かれていました、、、。


まあ、マンガはマンガですから、
与沢翼さん等の取材を受けた上での、
真鍋昌平さんの創作話というスタンスになるんでしょうけど、
あの話の内容はかなりリアルに近い部分も多かったと思います。


興味があれば、是非、読んでみて下さい。


それこそ、与沢翼さんが以前に主催していた、
与沢塾などを筆頭する「高額塾」などに、
幾度と何十万円ものお金を支払っているような人は、
色々な意味で興味深い話になっていると思います。

天生翔=与沢翼は、情報ビジネス業界の第3世代?


そんな闇金ウシジマくんの「フリーエージェントくん」編では、
与沢翼さんをモチーフにした「天生翔」が、


『情報ビジネス業界の第3世代の筆頭』


というような形で描かれていました。


当然、この「第3世代」というところも、
作者の真鍋昌平さんが情報商材業界の事をくまなく調べ、
取材を重ねた上で話の中に出しているものなので、
適当に創作したものではないと思います。


実際、情報商材業界の勢力図的なものの過去を遡ると、
確かに与沢翼さん等の「世代」にあたる人達は、
第3世代と言える人達だった気がします。


となると、今はそれに代わる


「第4世代」


の時期にあたる事になりますが、
その与沢翼さん等を筆頭とする「第3世代」には、
他にどんな人達がどういう傾向でビジネスを展開していたのか。


そしてそれに先立つ「第2世代」「第1世代」は、
具体的にどういう人達が該当し、
どういうビジネスを展開していたのか。


今日はそんな情報商材業界の流れにおける「あらまし」を、
その世代ごとのトレンドやビジネス傾向と共に取り上げてみます。


少なくとも「トレンド」というものには「流れ」がありますので、
そのトレンドを事例列的に知る事が出来れば、
おのずと今の「トレンド」も見えてくると思います。


では早速いってみましょう。


情報商材ビジネス業界の第1世代


いわばこれは、情報商材ビジネスを日本で、
最初に始めていたような人達の事を指すと思いますが、
この「第1世代」がどの辺りの人達なのかについては、
ちょっと意見が分かれるところかもしれません。


私の知る限り、最初に情報ビジネスをやっていた人達は、


「ヤフーオークションの情報カテゴリ」


を使って情報を売っていた人達じゃないかと思います。


ただ、この頃は今以上に情報商材業界は無法地帯で、
実際に売られていた情報はほぼ全て「詐欺」に近いもので、
この頃はまだ「情報起業家」という言葉さえ無かったはずです。


よって「これ」と言って筆頭に名前が挙がる人もいません。


そもそも「ヤフオクで情報を売っている」という時点で、
この頃はもうリストを取るという概念や、
ブランディングをするという考え方も無かった時代ですから、


「ただ匿名でヤフオクに情報を出品している人達」


が、言わばこの頃の情報起業家です。


そんな怪しい情報を買う人が後を絶たなかったわけで、
日本の情報ビジネス市場はここが発祥なんじゃないでしょうか。


ただ、これを「第1世代」というのかは怪しいところなので
一応、私の中の解釈としては、ここから、


・インフォストア

・インフォカート


などの「ASP」を使って情報商材を売り出す人が出てきた頃、
そこで活躍し始めた人達を「第1世代」とカウントしてます。


有名どころで言えば「菅野一勢」さんなどではないでしょうか。


後に「インフォトップ」を起ち上げる人の一人ですね。


私はこの頃からリアルタイムな活動をしていたわけではないので、
この頃の有名起業家というのは、ちょっとよくわかりません。


ただ、菅野一勢さんなどを初めとする人達が
手さぐり状態で情報商材を売っていたのが、
情報ビジネス業界の第一世代にあたるんじゃないかと思います。


それ以前の「創世記」的な位置にヤフオクの情報カテゴリの方で、
怪しい情報商材を売っていた人達がいるという感じでしょうか。


よって、この頃は特段、トレンドのようなものもなく、
とにかくほとんどの人が手さぐり状態で、
情報商材というものを作り、売っていたんじゃないかと思います。


そこが少し形になってきたのが、
菅野一勢さん等がインフォトップを起ち上げた頃で、
それを気に世に出てくるようになった人達が


「第2世代」


にあたるんじゃないでしょうか。


情報商材ビジネス業界の第2世代


ここでようやく何人か今も活動しているような、
有名どころの情報起業家やアフィリエイターが出てきます


・川島和正さん

・和佐大輔さん

・木坂健宣さん

・葉山直樹さん

・柴野雅樹さん

・蝶乃舞さん


この辺りの人達が言わばその「第2世代」だと思います。


ただ、彼等はわりと「表向き」でやっていた人達で、
この頃からは「裏」で荒稼ぎするような人達も出てきます。


まさに私が教えを受けた宇崎敬語さんの師匠なども、
この第2世代の人達が活躍している時期に
情報ビジネスを始めて億単位のお金を荒稼ぎしています。


情報商材のASPも若干、乱立状態になったのもこの時期で、
世間的な「情報商材」や「インフォプレナー」などのイメージが
実際に作られたのも、この時期なんじゃないでしょうか。


実状的には、まだまだ詐欺的な情報商材も多い頃で、
トレンド的な傾向としても、この時期は、


「アフィリエイトで稼ぎましょう!」

「アフィリエイターになりましょう!」



という趣旨の情報商材もよりも、圧倒的に、


「情報起業で稼ぎましょう!」

「インフォプレナーになりましょう!」



という情報商材が多く出ていたようで、
マーケティング的なところも


「とにかくスパムメールを無差別に送る」


みたいな事をやっている人が平気で稼いでいた時代だそうです。


その辺りの法律も緩かったわけですね(まあ、今も、ですが。)。


ただ、しっかりとしたマーケティング理論が
業界に根付き始めたのもこの頃で、
やっている人はこの頃から「DRM」を実践し、


「リスト取り」

「ブランディング」

「コピーライティング」


などを意識して大きな成果を上げていたものと思います。


ただ、そこまで真面目な事をしなくても、
情報商材が飛ぶように売れていた時代でもあるので、
まだまだ安易な稼ぎ方をしている人が多かった時期だと思います。


そして、そこから「次の世代」として登場してきたのが
与沢翼さんなどを筆頭とする「第3世代の人達」です。


情報商材ビジネス業界の第3世代


この「第3世代」の特徴は、言わずと知れた


「プロダクトローンチ」


を用いた「高額教材(高額塾)」の乱立ですね。


無料の動画コンテンツなどを配布してリストを集め、
そこから何通かのメールで教育の動画を流し、
一気に「限定募集」を謳って高額な教材を売るという手法です。


それまでは高くても数万円代だった情報商材の中に、
何十万円代の高額教材が次々と出てくるようになりました。


・与沢翼さん

・小玉歩さん

・土屋ひろしさん

・久積篤史さん

・ラストランプ(斉藤和也)さん

・SKナレッジ(小島幹登、佐藤文昭)さん

・ヒルズコンサルティング(木下昌英)さん


などがこの「第3世代」にあたる人達だと思います。


いわゆる「ネオヒルズ族」と、もてはらやされた人達ですね。


ただ、与沢翼さんの破産?騒動で、
一気にこの第3世代は消沈していったイメージです。


とは言え、今でもプロダクトローンチを仕掛けて、
高額で売られている「塾」を謳う高額教材は多いですし、
そこそこの売り上げは今も上がってるんじゃないかと思います。


まあ、一時期に比べればさすがに消費者側も、
その手の手法に「慣れ」を感じ始めていますので、
そこまで大きな売上にはならなくなった事は間違いありません。


ネオヒルズ族全盛?と言われた時期に比べれば
明らかにその手の高額塾等は少なくなっていますので。


そして今が第4世代?


そして、今がその次の世代にあたる、


「第4世代」


の時期なのかもしれませんが、
この業界も、ようやく少し「落ち着き」が見えて来て、
これまでほど「明らかに怪しげな情報商材」などは、
全体的には減ってきている傾向にある気がします。


何よりこの世代になって、ようやく


「表立っては活動せずに大きな利益を上げる人達」


が増えて来ているという印象です。


第3世代の人達が「前へ前へ!」という感じでしたから、
それとは真逆のトレンドで、あまり派手な生活等は見せず、
ASPなどで自分の商品を目立たせる事もせず、


「自身のリストのみにこっそりと商品を売る」


という「おごそかな感じ」の情報起業戦略、
マーケティング戦略が今の世代の特徴かと思います。


それこそ、第2世代の頃からそれを徹底していた、
宇崎恵吾さんの師匠なんかは、
これを第2世代の頃からやっていたわけですから、
ある意味、トレンドを先取りしていた人とも言えますね。


今の世代になって、ようやく本質的な商品力、
本質的なブランディング力が問われる、


「まともな市場」


になってきたという事だと思います。


第2世代の頃のようにスパムメールをまくだけの戦略や
第3世代の頃のようなプロダクトローンチを組めば
くだらない商品でも飛ぶように売れる時期は終わったという事です。


となると、これからの情報ビジネスの業界で、
より必要不可欠なものになっていくのは、
他でも無く本質的な「コピーライティング」のスキルや、、
王道的な「DRM」を展開できるようなスキルです。


少なくとも私はそういう考えを持っているからこそ、
コピーライティングのスキルを何よりも重視していますし、
DRMという王道的なマーケティングを第一に展開しています。


それがこれからの揺るぎない「トレンド」だと思うからですね。


まあ、これが有効であった事は、
それこそ「第1世代」の頃から変わらないので、


「小手先レベルのマーケティングが使えなくなった」


というのが正しいかもしれません。


今後は本当に価値のある商品だけが売れていく時代になり、
真を突いたマーケティングだけが、
本当の意味で「有効」になっていくだろうという事です。


そんな「一生涯のトレンド」を押さえられるノウハウこそ、
学んでいく価値があると思いませんか?


少なくとも私はそう思っていますので、
この企画などはまさにそれを形にしているものになります。


井上太一アフィリエイト倶楽部

少しでも興味を持たれたようなら、
是非一度、案内ページだけでもご覧になってみてください。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年11月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

井上太一は詐欺師で最悪の批判系アフィリエイターらしいですww

井上です。


一応、私もインフォトップのアフィリエイターランキングに
自身のアフィリエイター名を出すようにしてから、
何だかんだで上位に名前を連ねるようになっていますので、


「有名アフィリエイター」


として、他のアフィリエイターさんや、
インフォプレナーさんのブログで
良くも悪くも取り上げられるようになってきています。


そうなってくると必然的に出てくる事になるのが、


「コイツは詐欺師だ。」


という批判的な意見、コメントです。


まあ、私の場合はわりと多くの情報商材に対して、
批判的なレビューをしている事も多いので、
インフォプレナー系の人には嫌われているのかもしれません。


当然、そうなると今は大抵のインフォプレナーさんに
その取り巻き的なアフィリエイターさんもいますので、
そういう人達からも良くは思われないと思います。


自分達が一生懸命売ろうとしている商材に対して、
批判的な意見を述べて記事を上げているわけですから。


そしてそういう人達は口を揃えてこう言います。


「井上太一は詐欺師だ!」

「最悪の批判系アフィリエイターだ!!」



と。


この「批判系」というのは「ぶっ叩き系」とも言うらしく、
自分が売り込みたい情報商材以外をひたすら批判して、
最終的に自分の売りたい商品に誘導し、
売り込んでいるアフィリエイターをそう呼ぶらしいです。


で、私、井上太一は典型的な「それ」なんだとか(笑)

井上太一は詐欺師で最悪の批判系アフィリエイター?


では、私、井上太一はここで宣言致します。


「私は批判的アフィリエイターです!」(笑)


というか、情報商材のアフィリエイターって、
そもそもそういうものじゃないの?


というのが私の率直な考えです。


勿論、本当は価値のある良質な情報商材まで、
ろくに確認もせずに適当なレビューをして
批判していくような行為はよくないと思いますが
少なくとも私はそんな事は一切していません。


何より私が中身を批判しているような商材は、
それこそかなり数えるほどしかないくらいです。


実際に私が書いている過去の記事を読んでもらえば分かりますが
私の情報商材の批評はセールスレターを読んで、
その段階で私が思った事や意見を述べているものが大半です。


購入していない商材は購入していないとキッパリ明記した上で、
あくまでもセールスレターを読んで思った事を書いているだけなんです。


当然、そういう記事で「この商材は詐欺だ」なんて事を
断定的に書いているような事は一切ありませんし、
購入してもいない、中身を見てもいない商材を
適当に批判するような事も一切していません。


なので、もしもその「批判系アフィリエイター」の定義が


「自分が売り込んでいきたい商材以外のものを
 なりふり構わず適当に批判していくアフィリエイター」


である言うなら、


「そんな事は一切していません。」


と私はキッパリと否定します。


なりふり構わず適当なレビューは一切書いてませんし
素直に思った事を書いているだけですから、
良いものは良いときちんと評価しますし、
おかしいと思うものをおかしいと普通に書いているだけです。


ただ、その批判系アフィリエイターの定義が、


「自分なりの意見で情報商材を批評し、
 その結果として自分の売り込みたい商材を
 推奨していくアフィリエイター」



というのであれば、私はまさにそれをやっています。


その行為については全く否定するつもりはありません。


というか、情報商材を扱うアフィリエイターの存在意義は、
それをする為にあるのでは?というのが私の考えです。


良いものは良い、悪いものは悪い。


それを自分なりの意見で情報発信し、
それに共感してくれる人が「応援」してくれる。


その結果が収入に繋がっていくビジネスだと思います。


それの何が「詐欺」なんでしょうか。


次から次へと出てくる目新しい商材を取り上げて


「遂に最高の商材が出ました!」


と、次から次へと新しい商材を推奨していくのが
アフィリエイターの在るべき姿だとでも言うのでしょうか。


それはインフォプレナーの目線で言えば好都合なのかもしれませんが
消費者の目線で言えばそんなアフィリエイターは信用できませんし
そんな事をやっていたら、誰も信用してくれなくなります。


少なくとも私自分が本当に良いと思った商材だけを推奨し、
それに代わる更に良い商材が出てこない限りは、
常に決まった商材だけをお勧めし続ける方針で情報を発信しています。


まあ、ろくでもない情報商材を販売している
インフォプレナーやその取り巻きのアフィリエイターからすれば
自分達の商材を批判するアフィリエイターは皆、
邪魔な存在であり、目の上のたんこぶなんだと思います。


だからこそ、そういう商材を売っているような人達は、


「批判系アフィリエイター」

「ぶっ叩き系アフィリエイター」


というような言葉を持ち出して私のようなアフィリエイターを批判し、
そういうアフィリエイターが皆、自分が売りたい商材以外を
とくにく適当に批判しているという事を言い張ります。


自分の扱う情報商材はただその「的」にされたんだ、と。


勿論、中にはそういうアフィリエイターもいるかもしれませんが
少なくとも私は価値のある商材を批判した事は無いつもりですし、
本当に価値のある商材のみを推奨しているつもりです。


そして大半の情報商材の批評は、
セールスレターを見た時点での矛盾点や違和感を
自分なりの意見としてお伝えしているだけです。


結果的にそれが批判的な意見になっているとしても、
セールスレターの感想を述べているだけなんですから、
私の発言が全く持って「的外れなもの」なら、
そんな意見には誰も耳を貸さないはずなんです。


それで売れ行きが落ちる、落ちたと思っているのは、
おそらく私の指摘が図星だったからではないでしょうか。


少なくとも私は特定のインフォプレナーや商材を
詐欺師、詐欺商材と断定して記事を書いた事など一度もありません。


本当にただその商材、セールスレターに対して、
素直に思った事を「意見」として述べているだけです。


それで「都合が悪い」と思ってしまう人達は、
それこそ自分の商材やセールスレターの欠陥を
自ら自覚しているような人達なのではないでしょうか。


事実、この業界の商材は価値の無いものだらけ。


実際のところ、これが現実だと思います。


価格のわりに中身が見合わないものが多すぎるんです。


なので、情報商材の批評をまともにやっていれば、
やはり大半の記事は批判的な記事になってしまいます。


まして私も明らかに価値が「なさそう」な商材に、
あえてお金を投じて中身を確認し批評していくほど、
お金も時間も無限にあるわけではありません。


明らかにセールスレターを読んで矛盾や違和感を感じたものに
お金を払ってまで中身の確認をしていっても、
大抵、無駄な出費、無駄な労力で終わってしまいます。


ただ、実際に多くのレビュー依頼等も頂いていますので


「購入するまでも無い」(する気にならない)


という判断に至った商材に関しては、
その理由を素直に記事にしているだけの話です。


あとはそれを読んだ人がどう感じるか。


本当にその商材のセールスレターが魅力的なもので、
何の矛盾も違和感も感じさせないものになっていれば、
私が何を言おうと買う人は買うはずなんです。


ただ、そこに自信を持てていない人達ほど、
私のようなアフィリエイターが「邪魔」だと感じ
自分の商材の売上を妨げていると思い込みます。


そしてこう言いだす訳です。


「あのアフィリエイターは詐欺師だ!」

「最悪の批判系、叩き系アフィリエイターだ!」


と。


事実、私のようにビジネス系の情報商材を扱い、
このようにアフィリエイト活動をしていれば、
実際に影響力のある情報を発信できるようになるほど、
売上と共に自分を批判する人が出てくる事もあると思います。


確かに「詐欺師だ」言われるのはいい気分ではありません。


ですがそういう事を言っている人は
ほとんどが自分の商材が批判されたというインフォプレナーや
そういう商材を売り込もうとしていたアフィリエイターの人達です。


そういう人達に詐欺師だ、何だと言われるという事は、
それだけ私は消費者側にとっては、
意義のある記事を書けているという事でもあります。


それこそアフィリエイターとして、
在るべき姿を貫けているんだと考えて励みにしています。


勿論、そういった「井上太一は詐欺師」という記事を読んで、
私が詐欺師なんだと思いこんでしまう人もいると思いますが
そういう人はおそらく私の記事やメルマガを
ろくに読んでいないような人達です。


きちんと読んで頂けていれば、


「どっちが正しい事を言っているか」


は一目瞭然でわかるはずですので。


仮にそれでも「あっちが正しい」と思う人は
もともと感性が合わない人だという事ですので、
どちらにしても「分かり合えない人」です。


感性、考え方、物事の捉え方は人それぞれですから、
分かってくれる人が分かってくれればそれでいいじゃないですか。


10人に可も無く、不可も無いと思われるより、
9人に嫌われても、1人に好かれた方がビジネスはうまくいきます。


ビジネスとして成果を上げる為にアフィリエイトをしているなら、
そういう考え方で自分を信じてくれる人を大切にすればいいと思います。


自分の話をろくに聞いてくれない人、
根本的に分かり合えない人の事を気にするより
自分のスタンスを貫いていく事の方が大切だという事です。


少なくとも私はそういうスタンスで情報発信をしています。


PS


あと、私が宇崎恵吾さんの商材を主に推奨している点で、


宇崎恵吾=井上太一


みたいな事を一生懸命、2chや掲示板サイト、
いろんなブログのコメント欄に書きこんでいる人がいるみたいです。


それこそ書き込みのテイストが全て同じなので、
特定の人が一生懸命その情報を拡散しようとしているようですが
その時点で同業者系の人の書き込みなのは間違いありません。


でなければ、そこまで一生懸命あらゆるサイトで
そういう書き込みをする理由がありませんので。


その人曰く、せどりエイターのレオ☆さんや尾島幸仁さん、
アフィリエイターの足立博さん、イーブックジャパンの佐藤潤さん、
更に言えば宇崎恵吾さんの師匠に至るまで、
その全員が「同一人物」による自作自演なのだとか。
※他にも何人か「誰それ?」という名前が一緒に挙がってました。


そもそも私は過去に宇崎さんと宇崎さんの師匠、
両名が主催するセミナーに参加しているんですけどね。


なので 宇崎さん=宇崎さんの師匠 説は全くのデタラメですし
足立博さんは普通にお店の住所や画像などもブログに乗せています。
(これもダミーだと??)


まあ、仮に私も含めて全員が一人による自作自演なら
その方が逆に「凄い」と思うんですけど、、、。


それこそほぼ全員がそれなりに有名で、
アフィリエイター、インフォプレナーとしても
全員分で「結果」を出しているわけですから
一体その人は自作自演で幾ら稼いでるの?という話になります。


もしそうなら私がブログに掲げている年収3000万円なんて
あまりにも小さすぎる数字になると思います。


あえて実績を小さく言って信憑性を出しているとでも?


何にせよ、宇崎さん、宇崎さんの師匠のブログや
メルマガでその文章、記事は読む事が出来ますので
それを踏まえて「同一人物」と思われている事は
私にとってはただただ光栄な事でしかありません。


なのでその噂、もっともっと広めてください(笑)


そんな凄まじい自作自演をしている人がいるという事で、
このブログのアクセスや注目度がより高まるくらいだと思います。


ネットビジネスの都市伝説として語り継がれるレベルだと思いますね。
(宇崎さん等にとっては、迷惑な話かもしれませんが)


まあ、見る人が見れば「ありえない」という判断で終わる話ですが
私の目標は宇崎さんであり、宇崎さんの師匠ですので
もっとそう思ってもらえるように頑張るだけです。


それでは。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年8月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

疾風アフィリエイト(込山剛史)レビュー

井上です。


先日、物販系のアフィリエイト教材を取り上げたのですが、
そちらのレビュー記事の反響か、立て続けに
物販アフィリエイト教材のレビュー依頼を頂いてます。


物販のアフィリエイトはさほど私の専門分野ではないですし、
強いてそこを薦めるスタンスも取っていないのですが、
やはり需要としてはそれなりに「ある」みたいですね。


そういうわけで、今日はこちらのアフィリエイト教材を取り上げます。


疾風アフィリエイト(込山剛史)
http://sippunet.com/

疾風アフィリエイト(込山剛史)レビュー


物販のアフィリエイト教材の中では、
こちらもわりと「有名」の部類に入る教材だと思います。


物販アフィリエイトの教材で有名どころと言えば、
先日ご紹介した「アフィリエイトファクトリー」と「ルレア」と
この「疾風アフィリエイト」が3強ではないでしょうか。


ただ既にこのブログでもレビューしている
「アフィリエイトファクトリー」と「ルレア」と比較するなら、
私はこの「疾風アフィリエイト」を一番にお勧めします。


勿論、その評価は人それぞれ分かれるところもあると思いますが
私は「物販のアフィリエイト」は初心者層の人が
手始めに手にとっていくという前提で捉えています。


その観点で考慮するとこの「疾風アフィリエイト」が
最も「初心者向けのノウハウを丁寧に解説している」と思います。


アフィリエイターが推奨している絶対数で言うと
「ルレア」を絶賛している人が多い傾向にありますが、
私的にあの教材は正直言って、初心者向きとは言えません


ノウハウや教材をまとめている人達が、
情報商材系のアフィリエイターだというのもあると思いますが
とにかくやる事が「無駄に」多すぎて初心者の人には
消化不良を起こす可能性が高い教材だというのが私の批評です。


要するにノウハウも教材の構成も、
私の視点からするとルレアは初心者向きとは言えないわけです。


対してこの「疾風アフィリエイト」は、
そもそもの「ノウハウ」が軸もしっかりとしていて、
初心者にもすんなりと飲み込みやすいと思います。


そして何よりそのマニュアル構成が、
アフィリエイト初心者を遥かに通り越して


「パソコン初心者」


を想定して書かれているところが、
ある意味ではポイントの1つになっていると思います。


ある程度のPC経験があるような人からすると、
そこまでの解説が必要なのか?と思えるところもありますが
主にそのスキルに応じてファイルが分かれていますので
自分にとって必要な段階のマニュアルから進めていけます。


私の知る限りでも、ここまで「初心者向け」を意識して
しっかりと作り込まれている教材はそうそうありませんので、
そこがこの「疾風アフィリエイト」を評価するポイントの1つです。


・学習フローチャート
・実践フローチャート
・記事例集
・無料画像サイト集



などの特典もその配慮の延長線上にあるもので、
この「疾風アフィリエイト」は本当に“初心者目線”で
手厚いコンテンツを作り込んでいる教材だと思います。


ただそこまでの「初心者目線」でありながら、
その「振り幅」もわりと広い内容で、


「上級編」


あたりに書かれている内容は、
私がやっている情報商材アフィリエイトにも
そのまま活かせるような教材内容でした。


勿論その名の通り「上級編」ではありますが、
この一冊が付いている事で、この教材の「ふり幅」が
かなり広くなっている事は間違いありません


ただ、改めてレビューをしようと思い、
マニュアル内容を一通り読んで
セールスレターの方も読み返したのですが、
この商材は本当に「コピー」で損をしてますね、、、。


セールスレターが全般的に
物凄く表面的なところしかアピール出来てません。


販売者の込山剛史さんが書いたのか、
どこかのライターに外注したのかわかりませんが、
本当にこのセールスレターは「勿体ない」と思います。


「実践者の声」をこれでもか!という程、詰め込んでますが、
肝心な教材やノウハウの中身をほとんどアピール出来てません。


もっとこの教材の中身を魅力的にアピールしてくれれば
もっともっと売れてもおかしくない教材です。


これだけ「中身」がしっかり伴っているだけに
本当に勿体ないな~と思いますね。


まあ、この教材の中身を見る限り、
販売者の込山剛史さんが物販のアフィリエイトで
本当に成果と実績を積んでいる人なのは分かりますので、
こういう情報商材のコピーを為のスキルや知識は
さほどお持ちじゃなかったんだと思います。


なので、こういう残念なコピーになってしまったんでしょう。


私でいいなら普通にコピーを書き直したいくらいです(笑)


こうして初心者向けの物販アフィリエイトの教材としては
普通に「推奨」出来る教材ではありますが、
もしこのレビューを見て関心を持たれたなら、


「あんまりセールスレターは読まずに買ってください。」


というのが本音と言えば本音です。


セールスレターを読んでも全くイメージが膨らまないので、
おそらく逆にピンと来ない感じになってしまい、
普通に「やっぱりいいや」になってしまうと思います。


私からすると、そんな感じのセールスレターです。


「実践者の声」に相当するものはたくさん載ってますが
今時、そこを指標に情報を買う人なんて稀ですからね。


何にせよ「物販アフィリエイトに特化した教材」としては
この「疾風アフィリエイト」は普通にお勧めです。


井上太一限定特典


こちらの「疾風アフィリエイト」ですが、
セールスレターの方が本当にぼんやりした内容なので、
購入されるのであれば、そのまま購入ボタンに直行してください(笑)


ですので「直行してもらえるように」、私の方で特典をお付けします。


物販アフィリエイトは「トレンドアフィリエイト」とも相性が良いので、
私の方からはこの疾風アフィリエイトとも並行して実践出来る、
トレンドアフィリエイトの実践マニュアルをお付けします。


井上限定特典1:井上式キーワードリサーチマニュアル

トレンドキーワード集客の肝はズバリ、キーワード選定です。

まあ、ライティング、SEOに頼らない以上、
集客の要がキーワードになることは当然なのですが
そのポイントを私なりに強化させてもらいました。

シンプルな方法で有効なキーワードを見つけられる、
私なりのキーワードリサーチノウハウを提供させてもらいます。

集客についてはこのノウハウを軸にしてもらう方が
手軽により効果的なキーワードを
ごく自然に狙っていける形になるはずです。

これは収入そのものにも最も差が付く部分ですので、
私のリサーチノウハウがあるだけでその即効性と再現性には
それなりの差が出来てくるのではないかと。


井上限定特典2:ロングレンジキーワードリサーチマニュアル

このノウハウは基本として「即効性」が重視されていますので
ややロングレンジな戦略がおろそかになっています。

これだと中々収入が右肩上がりに上がっていきません。

どうせなら収入を積み上げていきたいじゃないですか。

そこで重要になるのが「ロングレンジキーワード」です。

要するに長期的な集客を見込めるキーワードを
日々の更新作業の中に盛り込んでいく事です。

3カ月先、4カ月先の収益性には
これを取り入れておくだけで差が出てくるはずです。


井上限定特典3:井上太一のメールサポート

3つ目の特典が私、井上のサポートです。

私から1つでも何かの教材を購入してくれたなら、
その瞬間からあなたは同じ教材をもとにビジネスを進めていく仲間です。

あなたが望む限り私は私の知っている限り、
そのノウハウやスキルを惜しむことなく提供させて頂きます。

実際に私は近い友人やその知人などを
しっかりと稼がせている実績もありますので
稼がせる」という点のスキルもある程度は持っています。

稼ぐため、稼がせるために必要なスキルと
その正しい道筋をしっかりと持っているという事です。

本人にやる気と行動力さえがあれば他に必要なものなの何もありません。

ですので何か聞きたい事などがあればいつでもこちらに相談してください。

可能な限りあなたの環境にあった的確なアドバイスをさせていただきます。

>疾風アフィリエイト+井上太一オリジナル特典購入はこちらから


また、この疾風アフィリエイト、及び、
今回の特典コンテンツにはこちらのツールの相性が「抜群」です。

>キーワードスカウターS


集客効果の高いキーワードや複合キーワードを
瞬時にリサーチ出来るキーワードリサーチツールで、
価格も非常にリーズナブルです。


疾風アフィリエイトを実践されるのであれば、
作業の効率化等も含めて確実に大きな戦力になりますので
出来ればこちらも併せてご購入頂く事をお勧めします。


疾風アフィリエイト+井上太一オリジナル特典

キーワードスカウターS


それが再現性をより高める事に繋がると思いますので。


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年3月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

私が「情報発信」をしていく理由。

井上です。


つい最近、私の活動の「根本」と言いますか、
アフィリエイターとしての「有り方」を問われる質問を
たまたま立て続けに頂く事がありました。


要するに、


「何のメリットがあってライバルを増やすような事をしているのか。」


という根本的なご質問ですね。


確かに私はネットビジネスやアフィリエイトで、
実際に成果を上げていく為のノウハウや戦略などを
自分からも無料で発信しています。


そして時にはそのノウハウや戦略を駆使していく上で、
確実に即戦力になっていくような教材なども紹介しています。


でもこれは裏を返すと自分で自分の「ライバル」を増やし、
同じような稼ぎ方をする人達を増やしている事になります。


そこを突き詰めて考えた場合、


「本当に有益な情報を提供し、紹介してくれているの?」

「実は何か秘密のノウハウを出し惜しみしてるんじゃないの?」



という疑念を感じてしまう人がいるのも当然ではないかと思います。
(勿論、こんな直球な聞き方をしてくる人はいませんが。)


ですので、今日はその辺りを私自身の自己分析も兼ねて、
その「真相」を告白してみたいと思います(笑)

私が「情報発信」をしていく理由。


まずこの「根本的な理由」は一言で片付きます。


「それが今の私の“仕事”だから。」


これについてはそれ以上でもそれ以下でもありません。


現にこういった情報発信を「ビジネス」にして、
こうして収入を得ているわけですから。


ですので、私が情報発信をする理由は、
これが仕事だからであり、要するに「お金の為」です。


ここについては綺麗事を言うつもりはありません。


だってこれが私のやっている「ビジネス」なんですから。


アフィリエイターさんによってあーだこーだと、
綺麗事を言っているような人もいるかもしれませんが、
私はこの活動を率直「ビジネス」と捉えていますので、
根本的な目的は当然「営利の追求」に行き着きます。


ただ、確かに私が有益な情報を提供していく事で、
私から情報を受け取っていく人達の多くが
言わば「ライバル」になっていっていく可能性は否定できません。


とくに私は「井上太一アフィリエイト倶楽部」や
「井上太一ブログ解体新書」などの企画で、
本当に「私が実際にやっている事」はほぼ赤裸々に公開しています。


それは実際に私のコンテンツを手にしている、
アフィリエイト倶楽部の参加者さんなどであれば
重々承知頂いているものと思います。


ブログ媒体であれば、メルマガ媒体であれ、
本当に隅々まで実際にやっている事の全てを公開して、
そのポイントなども1つ1つ細かに説明していますから。


ですので、そこについては私は全く持って
出し惜しみのようなものは一切していない自負があります。


本当に自分がやっている事は「全て」そのまま公開していますね。


「じゃあ、周りがどんどん強力なライバルになってもいいの?」


そんな疑問が生まれてしまうのも当然かと思いますが、
これは本音で「いい」と思ってます。


むしろ「そうなって欲しい」が私の本音です。


言い方を変えれば私は私と同じ戦略で、
私と同じくらい稼げるアフィリエイターという人達を
もっともっと増やしていきたいと思っているんです。


「強力なライバル達」を自らの手で増やしていく理由。


そんな「強力なライバル達」を増やす事に何のメリットがあるのか。


その疑問はごもっともかと思いますが、
私の考えではそういう人達を増やしていく事こそが、


“もっとも私自身の利益に繋がる”


と考えています。


要するにビジネス的な観点、営利を追求する観点で


「私くらい稼げるアフィリエイターを増やしていきたい」


と思っているわけです。


勿論、そういう人達は考えようによっては「ライバル」になりますが
強い信頼関係を構築した「優良なお客さん」にもなってくれます。


少なくとも私のノウハウを学んで稼げるようになってくれたわけですから、
私に対する「信頼度」は間違いなくそれなりのものになります。


「井上さんの推奨するノウハウやツールは今後も取り入れていこう」


そう思ってくれるのは当然の流れかと思います。


実際に私くらい稼げるようになっていれば、
月に数百万円は稼ぐアフィリエイターになっているわけですから、
有益なノウハウやツールに投資できる資金も潤沢になっているはずです。


要するに「もっと稼ぐ為」に「もっと有益なノウハウ」を
また私を介して購入してくれる可能性が更に高まるわけです。


だからこそ私は出し惜しみなく本当に有益な情報を提供して、
アフィリエイターとして「稼げるように」その人達を導きます。


それが結果的には最も大きな「営利の追求」に繋がるからです。


ただ、そこで重要になってくるのは、
周りの人達がどんなに稼げるようになっていっても、
常に私がその人達の一歩先、二歩先にいなければならない事です。


そうでなければこのビジネスモデルは成り立ちません。


常に私がそういう人達の「一歩先」「二歩先」を行って、
その一歩先を行けるノウハウや情報を提供していくわけです。


要するに私自身が努力をして、常に誰よりも
その「一歩先」を進んでいれば稼ぎ続けられるわけですね。


そして実際に私が紹介した情報やノウハウなどで
更に大きな収入を得る事が出来れば、、
また惜しげも無く私が提案していく情報にお金を払ってくれます。


それはまさに


「私が推奨するもので実際に収入を上げていけるから」


であり、


「私が推奨するものなら間違いない」


と思って頂けるからです。


そう思って頂けるように本当に価値のあるものを提供し、
そして常にみなさんよりも一歩先の行く努力をする。


私はこれこそが「理想のアフィリエイター像」だと思っているわけです。


でも実は・・・。


ただ、実際のところを言うと、
私がどんなに「有益な情報」を発信していっても、
実はそこまで「競合」が起きるような事はありません。


要するに同じように稼ぐような人達がどんなに増えていっても、
実はとくに「市場を奪い合うような競合状態」にはならないわけです。


その理由は私が「有益なノウハウ」として発信しているものが
それが無料の情報であれ、有料の教材であれ、
そのほぼ全てが


「本質的なスキルを培っていく教材やノウハウ」


ばかりだからです。


実際に私が提供していっている情報の中で、
一過性の単発的なノウハウなどは1つもありません。


皆が同じ事をしたらすぐに有効性が弱まるような、
そんな薄っぺらなノウハウは1つも提供していないという事です。


それぞれがそれぞれのスタンスでそのスキルを駆使していける、
そういうノウハウや教材だけを推奨しているという事ですね。


つまり、そういった情報やノウハウを広めていく事で
市場が煮詰まっていく事は実質的にありえないわけです。


だからこそ、私は出し惜しみなくそのノウハウの全てを提供し、
実際に「有益な関係」を互いに築いていけるような
そういう良い意味での「ライバル(仲間)」を増やせているんです。


それが私のアフィリエイターとしてのスタンスだという事です。


「そういうスタンスの有益なビジネスなら、自分もやってみたい!」


そういう人はまずは私の無料メルマガ講座から始めてもいいですし、
一気にアクセルを踏み込みたい人は
そのまま私のアフィリエイト倶楽部に参加してください。


私が実際にやっている事や駆使している戦略、ノウハウなどは
そこで全て出し惜しみなく公開していっていますので。


そうして一流のアフィリエイター集団を作って、
本当に価値のある情報だけを市場に残していくのが、
当然の私の「目標」でしょうか。


今はほとんど中身の無い「くだらない情報」を
目先の利益だけを目的に押し売りするような
エセアフィリエイターが多いのが実状ですので、
そういう現状は一日でも早く塗り替えていきたいですね。


そんな理念、スタンスに少しでも共感できるという人は、
是非、少しづつでも出来る事を進めていきましょう!


今日はそんな私のアフィリエイターとしての在り方的なお話しでした。


それではまた次回。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年1月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

2015年のご挨拶~ネットビジネス・アフィリエイト活動のまとめ~

井上です。


新年あけましておめでとうございます。


新年、初のブログ更新になりますが、
今年もどうぞよろしくお願い致します。


昨年の年初めは「井上太一アフィリエイト倶楽部」発足の為、
そのコンテンツ作りに没頭する年末年始でした。


お陰様で2014年の1年間で、
アフィリエイト倶楽部の会員は500名以上に上り、


「ゼロからのスタート」


でしっかりと結果を出していく方々も
本当に数多く輩出していく事が出来ました。


勿論、その「結果」に対して私が貢献したのは
本当に僅かながらの「微力」でしかないと思います。


アフィリエイト倶楽部のメインコンテンツである、
宇崎恵吾さんのCopyrighting Affiliate Programの教材や
宇崎さん等の徹底したサポートとコンサルティング。


これがノウハウ面でもモチベーション面でも
参加者様の協力の後ろ盾になっている事は間違いありません。


そして何よりその成果に最も直結している要因は
他でもなく参加者様自身の「意欲」と「努力」と「行動」、
それらの賜物である事も間違いないと思います。


ただ私の「井上太一アフィリエイト倶楽部」が
実際に成果を上げ始めている多くの方々の
その「意欲」と「やる気」に火を灯すきっかけになった事は
私としても本当に誇らしい事であると自負しています。


SNSマーケティングだ、Youtube動画だと、
どんどん「目新しい」ように感じられるノウハウや
マーケティング手法が世に出回っていく中、


「文章を主体とするコピーライティング」


というスキルを全面に押し出し、
そのスキルを主体として成果を上げていく戦略に
本質的な「可能性」を見出して頂く事は、
私のブログ、メルマガの「メイン」とも言える
コンセプトの1つと言っても過言ではありません。


今でこそ、SNSで稼いでいるという人、
Youtubeなどの動画サイトで稼いでいるという人も多いですが
やはりコピーライティングという文章のスキルを無くして


“確固たる「圧倒的な収入源」の構築”


は不可能でないかというのが私の持論です。


実際に私は今の「井上太一ブログ」を軸として、
ブログ&メルマガという「文章」を主体とする戦略で


「3日一度30分くらいで作れるブログ記事の更新」


という労力のみで昨年も、これまでと同様
年間で3000万円以上の報酬を稼ぎ出す事が出来ています。


勿論、その合間を縫って「特典」の作成や
企画の案内やその提供コンテンツなども制作していますが
それも昨年は片手で数えられるほどのものしか作成していません。


このブログ媒体のみの活動で言えば、
本当に1年の4分の1くらいしか仕事をしていないわけです。


それでも年間にして3000万円もの収入を手に出来ているのは
他でもなく私がコピーライティングというスキルを重視して


確固たる圧倒的な収入源


をこうして構築出来てるからに他なりません。


まさにあなたが目にしている私のブログ、
メールマガジンが「それ」にあたるわけです。

私のアフィリエイト倶楽部で成功している人の共通点


ただ500名以上に上る私のアフィリエイト倶楽部も
500名全員の成功や成果を確認出来ているわけではありません。


勿論、人知れず大きな成果を上げている人も
実際はたくさんいると思いますが、
そうではない人もいるであろう事は私も否定しません。


ではそういう「成果を上げられなかった人」と、
実際に「成果を上げて成功の階段を上がっている人」、
それぞれの大きな違いは何なのでしょうか。


本人のやる気、モチベーション、継続力。


このような「根本的な要素」も当然あると思いますが
これらの要素にも深く関係している要素としては、


・はじめの「一歩」をどこまで踏み込むか。

・どこまで本気で「環境」を整えていくか。



実情としてこの2点の要素が非常に大きい事が
多くの参加者様の「結果」にそのまま表れています。


まず私のアフィリエイト倶楽部にご参加頂く際、
Copyrighting Affiliate Programの申込みを行い際、
月額9800円からの月額プランでの参加者さんと
年間98000円の年間プランでの参加者さんでは、
明らかに「年間プランでの参加者様」が
ほぼ「確実」と言えるレベルで成果を上げていっています。


これはもはや「圧倒的」と言えるくらい大きく差が出てきます。


やはりこれは「覚悟の差」なのか、
1年間、腹をくくって「やるぞ!」という人と
月額プランで「とりあえず」という人では、
その時点で覚悟の差がその意識や行動に現れるのだと思います。


勿論、経済的な事情などがあった上で、
月額プランで参加された人もいるでしょうし、
月額プランでも成果を上げている人はたくさんいます。


ただやはり最初の一歩を踏み出す際の覚悟。


これが大きな差を生み出す要因となる事は間違いないようです。


どこまで本気で「環境」を整えていくか。


また、これは当然と言えば当然なのですが、
やはり「環境」を最初の段階で徹底して整える人も、
これまたほぼ例外なく確実に成果を上げていく傾向にあります。


これは何より成果を上げるまでのスピードに
歴然とした差が出る傾向にありますので
その先立つ「結果」がモチベーションの維持に繋がり、
更に次の一歩、次の成果に繋がっているのではないでしょうか。


その「環境を一気に整えていく人」というのは
例えば「ブログ」1つにしてみても、
私のブログと同様に「賢威」のテンプレートを即採用して、
私の「集客戦略」をスタート段階から徹底して取り入れいく人。


キーワードリサーチの精度を上げるツールや
ツイッター系「ほったらかし」系の集客ツールを導入していく人。


こういう人達は成果を上げるまでのスピードも
圧倒的に早まる傾向にありますので
そこからのモチベーションも維持されやすく、
どんどん成果を積み上げていく傾向にあります。


これもまた「覚悟」の現れでもありますし、
物理的な面でも「成果が早まる事」は
やはり初めてネット上のビジネスを進めていく上では
その実感が早い事は大きな要因になるのだと思います。


勿論、その必要性を感じないものまで
何でもかんでも導入する必要は全くありませんが
その「必要性」や「価値」を感じるようなものは
やはり早い段階で導入していく事が成功の要因となるようです。


私のアフィリエイト倶楽部への参加を検討されている、
もしくは参加されたもののまだ結果を出せていないという人は
一度、こちらのブログ講座の方をご覧になってみてください。


今、自分にとって必要なものは何なのか。


それが見てくるかもしれません。


ネット集客の自動化、効率化について

集客、マーケティング系教材、ツール、テンプレートのまとめ


私のアフィリエイト倶楽部へのご参加はこちらからどうぞ。


井上太一アフィリエイト倶楽部のご案内


何にせよ2015年も「価値のある情報」を見定め、
時流に流される事の無い「有益な情報」を
私なりの「本質的な視点」で発信していきたいと思います。


今年も何卒よろしくお願い致します。


井上太一


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2015年1月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

稼げるSNS「Tsu(スー)」の仕組み。フェイスブックとの比較。

井上です。


何やら「情報業界(ネットビジネス業界)」では、
あちこちで「Tsu(スー)」というSNSの話題を見かけます。


ブログで、メルマガで、SNSで。


あちらこちらでTsu(スー)の事を取り上げて、


「登録するなら今がチャンス!」

「この波に乗り遅れるな!」



的な事を謳って登録を煽っている節もありますね。


今日はこの稼げるSNS?「Tsu(スー)」についてです。

稼げるSNS「Tsu(スー)」の仕組み。フェイスブックとの比較。


ちなみに私はまだ登録さえしていません(笑)


今のところ、登録する気もゼロです。


なのでTsu(スー)については実際に使ってもいませんから、
「利用者」としての意見や批評は一切ありません。


ただ今の段階でとくに登録する気が無い事には理由があります。


まあ、さほど大した理由ではありませんが、


「別に今、登録する事に全くメリットを感じないから」


というのが一番大きいです。


一応、簡単に「Tsu(スー)」の説明をしておくと、
ザックリと言えば「フェイスブック」のようなSNSで、
普通に日記を書いたり友達と交流したりという点で、
機能的にはほぼフェイスブックそのものらしいです。


ただ、「Tsu(スー)」がやたらと話題になっているのは、
「Tsu(スー)」はSNSとしての広告収入の方を
その約9割を会員(ユーザー)に還元する仕組みになっていて、


「フェイスブックと同じように記事を投稿していくだけで稼げる」


みたいな謳い文句で広まっているようです。


確かにフェイスブックなどのSNSでは、
どんなに記事を投稿して自分のページにアクセスを集めても
フェイスブック側から報酬の還元される事はありませんでした。


それが「Tsu(スー)」なら報酬が還元される・・・という事で、


「どうせやるなら今はフェイスブックよりTsu(スー)だ!」


的な風潮を、多くの情報起業家系の人達は作り出したいみたいです。


確かにフェイスブックは今やビジネスに活用するには窮屈になりましたので、
今は規制などもユルユルな「Tsu(スー)」に人が集まった方が、
SNSを軸にマーケティングをしたい人には都合が良いのかもしれません。


あと、「Tsu(スー)」には自分が「Tsu(スー)」に紹介した人からも
紹介者として報酬を受け取れる仕組みや、更にその紹介者からも
2ティア、3ティア、4ティア的な報酬を得られる仕組みもあり、


「今からたくさんTsu(スー)に人を紹介しておけば…」


的な感じで、不労所得を夢見る人達が、
やっきになって「Tsu(スー)」を紹介しているところもあるみたいです。


ただ肝心の「Tsu(スー)」自体には今のところ、
日本語対応で解説された報酬プランの解説ページや
サイトの利用についてのヘルプページなども存在しません。


つまり今、横行している情報の大半は
Tsu(スー)利用者のユーザー間の情報から派生したものだという事です。


要するにイマイチ信頼性に欠けるものだという事ですね。


実際、まだ「Tsu(スー)」からの報酬を
日本円で受け取ったという人もいないみたいですし、
今の段階でそこまで一生懸命このサイトを紹介したり、
記事を投稿したりするのは私的には「まだ早い」と思ってます。


「Tsu(スー)」に飛びつくのはまだ早い?


まあ、あらゆる観点で「問題の無いサイト」であればそれでいい話ですが
別に今、急いで登録してどうこうしたところで、
こういうサイトに「先行者利益」なんて実は存在しません。


よくよく考えてみてください。


ツイッターやフェイスブックで「○○万円稼ぎました!」とか言っていた
いわゆるこの手のSNSの先行者を名乗っていた多くの人達、、、。


今、何をやってますか?


変わらずツイッター、フェイスブックを利用して、
その第一線で稼ぎ続けているような人、普通にいますか?


いませんよね。


紹介者報酬やら2ティア報酬やらについても同じですよ。


例えば今はもう情報商材ASPとしては当たり前になったインフォトップ。


インフォトップも発足時は先行者利益、先行者利益と言われて
いち早く登録して2ティアを集めれば、
一生安泰の「不労所得」なんて言われていた時期もありました。


でもインフォトップの2ティアで実際に稼いでいる人、
ランキングなどを見れば分かりますが本当にタカが知れた金額です。


結局こういう紹介者報酬なんてそんなもんなんです。


自分が紹介したユーザーが多額の広告収入を稼ぐユーザーになるとでも?


そんな僅かな可能性に賭けて一生懸命ユーザーを集めるなんて、
「労力」と言う名の投資をして宝くじを買っているようなものです。


ビジネスの世界は運任せ、他力本願じゃまず上手くいきませんから。


そんな甘いもんじゃないって事です。


仮にこ「Tsu(スー)」というSNSが物凄く流行ったとしても、
今から始めている人の先行者利益なんてほぼ「無い」と思ってください。


後発組で始めていく人でも稼ぐ人は稼ぎますし、
「ビジネス」なんて本当にそんなもんです。


それこそ今、ツイッターやフェイスブックで稼いでいる人は、
ツイッター、フェイスブックがいざ流行ってから、
それこそ後発組で始めた人がほとんどだと思いますよ。


少なくとも「早く始めていた人」に有利な事なんて
何1つ無いんじゃないかと思います。


それはこの「Tsu(スー)」でも同じだと思います。


仮に今後「Tsu(スー)」がどんなに流行ろうと、
今、利用しておこうが流行ってから利用し始めようが、
稼げる人は稼げるし稼げない人は稼げません。


早く始めておけば先行者利益が・・・なんて、
このサイトを広めたい人達のただの「煽り文句」です。


そんな口車に乗せられてこういう目新しいサイトに飛びついていっても、
結局、何も得られず無駄な労力だけを使いますから気を付けてください。


「Tsu(スー)」は今後、本当に流行るのか。


まあ「そこそこ」は流行るのかもしれませんが、
私はツイッター、フェイスブックに並ぶことは無いと思ってます。


例えばコンテンツを作っていくだけで収入が入るサイトだと
「NEVERまとめ」などもそうですが、
こういうサイトはいざやってみればわかりますが
実際はそこまでまとまった収入を稼げるようなものでもありません。


結局、自分でブログなどを作って
アドセンス広告を貼っているのとさして変わらないわけです。


「Tsu(スー)」の自分のページにアクセスを集めるのと
自分のブログにアクセスを集める事の違いです。


実際、アクセスを集めないと稼げない事には変わりありません。


要するに「稼げるSNS」というような事を言われていますが
自分でブログを作って広告を貼っているのと、
そこまで物凄い大差があるわけではないって事です。


少なくとも私はそう見てますし、それが「現実」です。


今、その目新しさで人が集まっていますが
その現実が見えてくると結局そこで頭打ちになる気がします。


「稼げる」というところで集まった人達は
結局、稼げなければ離れていくわけで、
「楽しい」「友達と繋がれる」を前提に人を集めている
ツイッターやフェイスブックには適わないんじゃないかと、、、。


広告収入の9割を還元するという点も、
利用者にとってはありがたい話に聞こえますが、
運営者側は残りの10%のみでサイトを運営して、
サービスを提供していく事になります。


運営にかかる諸経費や人件費も全て、、、です。


それで優秀な技術者を雇えるのか。


質の高いサービスの提供を継続できるのか。


時代のニーズに合わせたサイト運営を継続できるのか。


広告収入をしっかりと事業として回せるフェイスブックに対し、
その10%しか事業に回せない「Tsu(スー)」。


あなたが「投資家」ならどっちに出資しますか?


私なら断然、フェイスブックですけどね。


以上が私の「Tsu(スー)」への見解です。


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年12月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

Youtube、Twitter、トレンドアフィリエイト、せどり。最も結果を出し易いネットビジネスとは。

井上です。


先日ご紹介したこちらの「Youtubeアドセンス」教材ですが、
想定した以上の反響でメルマガで紹介してから、
かなりの数のお申込みを頂いています。

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム




その数、約1日半で100件以上。


9800円という安価の教材だとしても、
この短期間でこの申し込み件数は予想外でした。


お蔭さまでアフィリエイト報酬約5000円で
こちらの紹介だけで50万円くらいの報酬が上がっています。


新作の教材を推奨するのはかなり久しぶりなのもありますが
ここまで申し込みが殺到するとは、、、。


何というか、私がこれまで推奨してきている商材や、
主な「軸」としているビジネス、ノウハウとは、
ちょっと毛色が違うものだったのでかなり意外な結果です。


勿論、先日のレビュー記事に書かかせて頂いた事は全て本音ですし、
そこについては一点の嘘も「ただの売り文句」的なものも交えていません。


そこに「大きな可能性がある」と思うものに対して、
私なりの率直な意見を述べた上で
純粋に「良質な教材」という事を率直にお伝えしたつもりです。


ただとくに私は


「私が推奨するものは何でも買ってください!」


というスタンスでは無いので、
今日はこれまで私が推奨してきている
各ジャンルのビジネスモデルやノウハウを比較して、


「結論として結果を出し易いのはどれなのか。」

「どういうものがどういう人に合っているか。」



という観点で各ビジネスの補足講義をしてみたいと思います。

初心者が「最も結果を出し易いネットビジネス」とは。


一応率直な私の本音の方を先に言っておきますが、
私が「一番お勧めしたい」と思っているビジネスは
もう「これ」という確固たるものが結論として決まっています。


「今、実際に私がやっている事」です。


自分が一番やり甲斐があって、
自分の労力と時間を最も大きなお金に換えられると思い、
こうしてやっているビジネスを一番に推奨する。


これは当然の事だと思いますし、これが私の結論であり「本音」です。


要はこういうブログやメールマガジンを使った情報配信で、
価値のある情報を提供して、対価を頂いていくようなビジネスですね。


ザックリ言うと「情報商材のアフィリエイト」という事になりますが
そこは私自身はそこまで固執しているつもりはありません。


私は私なりに情報発信をして特典コンテンツや企画を立てる際は
自分がお金を頂くつもりで企画やコンテンツを提供していますし
実際にやっている事はあくまでも「情報発信」という意識で、


「その発信情報に対して対価を頂いている」


というつもりで情報を発信していってます。


結果として先日ご紹介させて頂いた、
Youtube-Ads Capture Sheet CLUBのような
良質な教材を純粋に自分の特典コンテンツと共に
普通に1つの情報として「紹介」させて頂くだけでも、
現に1~2日でウン十万円という対価を頂けるようになっています。
(報酬単価5000円くらいの商品でも、です。)


また、今後も私の発信情報に価値を感じてくれる人達が増えていけば
この金額はもっと大きなものになっていく可能性もあります。


実際に私はそれを目指してこの情報発信ビジネスをしているわけです。


そしてそんな私が実際にやっている事、やってきた事を
優良な教材プログラムと共にコンテンツ提供しているのが、
このブログの右側のサイドバーの一番上にバナーを貼っている


>井上太一アフィリエイト倶楽部


というわけですね。


あの最も目立つ位置にあのバナーを貼っているのは、
あれが私自身が実際に実践しているノウハウそのものであり、
それを本心で一番にお勧めしたいからに他ならないという事です。


本心で私はこのようなブログやメルマガを使った
情報発信ビジネスこそが「最も効率的に稼げる」と思ってますし、
きちんと取り組んでいけば「誰でも成功出来る」と思ってます。


楽に、簡単に稼げるというつもりは毛頭ありませんが、
努力と継続を前提とするなら必ず誰でも結果を出せます。


それが私の持論(というか、これはほぼ「確信」ですが)です。


現に私のアフィリエイト倶楽部に参加して、ゼロから
ネットビジネスで結果を出せるようになった人もたくさんいます。


私のブログやメルマガを読んで


「自分もそういう情報発信ビジネスをやってみよう!」


と思って参加してくださっている人達もたくさんいますし
そういう人達もしっかりと結果を出していってます。


まあ、これは私がのアフィリエイト倶楽部で題材にしている
大元のプログラムが本当に優れていて、
そのプログラムの講師の方々が本当に素晴らしいので、
全然私の手柄でも何でもないのですが、
それでも「私がきっかけ」で成功している人達が
こうしてどんどん出て来ている事は紛れもない事実です。


この話を聞いて


「よし!自分も井上みたいな情報発信ビジネスをやってみよう!」


という人はもう、迷う事なく私のアフィリエイト倶楽部に参加してください。


それが私の考える「成功への最短ルート」である事は間違いありませんので。


>井上太一アフィリエイト倶楽部


「でも、、、。」という人がいるという現実。


ただ、それでもこういった「情報発信ビジネス」は、


「敷居が高い」


と思う人が多いというのは私も分かっています。


それこそブログ、メルマガを過去にやって
既に挫折した経験があるような人は、
どうしてもその選択肢には二の足を踏んでしまうと思います。


あとは


「自分に情報発信をしていくネタなんて無い」


とか


「そもそも文章を書くのが苦手だから無理。」


というような事を考えてしまう人もたくさんいます。


まあ、そこも含めての「努力」ですし、
何とかする方法、何とかなる余地は幾らでもあるのですが
そこを含めても


「そんなに何百万円とか、稼げなくてもいいので、
 もう少し手軽に副収入を稼げるくらいのビジネスないですか?」



という人達も実際はたくさんいるわけです。


確かに私のアフィリエイト倶楽部は、
全然副業レベルでも作業量や時間的には問題ありませんが、


「ある程度の覚悟を決めて本気で取り組んでもらう」


という事は、ある程度の前提なので、


「もっと肩の力を抜いてビジネスをしたい。」


という考えの人達がたくさんいるというのも事実です。


そういう層の人達が求めるビジネスや情報は、
本気で努力するとか、勉強してスキルを上げるとか、
出来る限りそういう要素を排除して、


「今、自分がすぐに出来る事でお金を稼ぎたい。」


というニーズだと思います。


では、その辺りのニーズを満たせるビジネスは何か。


ここからはそういう視点で、
私が自分の情報発信ビジネス「以外」で勧めているのは、


・トレンドアフィリエイト(物販orアドセンス)
・Twiteerアフィリエイト
・Youtubeアドセンス
・せどり(もしくは転売ビジネス)



この4つです。


実際、この4つはそのノウハウによっては、
それこそ、とくに「スキル」というほどのものは
さほど身に付ける必要も無いものも無い事はありません。


ただ「どれが一番か。」は人それぞれの適正もありますし、
向き不向きに近いものもあると思います。


まあ、スキル的なものがあまり関係ない以上、
向き不向きというよりは、


「必要な作業をどういうテンションで続けられるか」


が大きいかな、と思いますね。


例えばトレンドアフィリエイトだと、
とにかくキーワードをリサーチしていって、
そのトレンドキーワードを狙った記事を
とにかくひたすら淡々と書き続けていく必要があります。


正直、私はこういうキーワードを狙いを一番の目的にした
無機質な記事を淡々と書いていく事はかなり苦痛です。


それなら「意味のある文章」を書いて、
今のような情報発信をしていく方が楽なわけです。


でも私とは逆の観点を持っている人もいますから、
そういう人はトレンドアフィリエイトに向いてます。


ツイッターもその辺りは少し似ているところもあって、
140文字以内という文字数制限の中で、
ゆるーい感じでアフィリエイトリンクをツイートしたり、
これも私はあまり「面白味」は感じません。


やっていてどうも物足りなさを感じてしまいます。


なので、私はツイッターは基本、アフィリエイトより
集客の導線の1つに利用している比重が高くて、
実際はほとんど「ツール任せ」でさほど手は付けてません。


それでも結果に繋げられていますので、
そういう意味でツイッターは優れたツールがあれば、
まあ、何というか普通に「おいしい」です。


先日教材をご紹介してこの記事の冒頭でも
ちょっと取り上げたYoutubeアドセンスは
まさに次世代のビジネスモデルという感じですが、


「動画を撮影して投稿する」


という工程がありますので、
むしろYoutubeアドセンスで本気で稼いでいく場合は
パソコンに向かっているよりスマホや
デジカメを手にしている時間の方が長くなると思います。


「それが楽しい!」


という人でパソコンに向かう事自体が
あまり好きではない人には打ってつけかと思いますが
私は普通にパソコンに向かっている方が楽しいです(笑)


スマホやデジカメで動画を撮っているより、
キーワードを叩いて文章を書いている方がいいですね。


せどりは扱う商品が好きな方が良いと思いますが
これは意外と関心が無くても、
仕事と割り切れるなら大丈夫みたいです。


私の方でも音楽CDせどりの企画を実際にやっていますが
全く音楽CDに興味の無い人でも結果を出していますので、
強いて言えばある程度の資金は必要という事くらいでしょうか。


まあ、言っても「物販」なので、
あまりレバレッジが効くビジネスではありませんが
その分「シンプル」という点では優位性があると思います。


安く仕入れて高く売れれば儲かるというビジネスですからね。


で、「最も稼ぎやすいビジネス」の結論ですが。


・・・と、一通りのビジネスの特色や、
メリット、デメリットを挙げてきましたが、


「今、自分がすぐに出来る事でお金を稼ぎたい。」


というニーズを満たせるビジネスモデルとしては、
先程挙げた4つは本当に人それぞれ、
自分に合うビジネスに取り組んでいけば、
どれを選んでもそのニーズを満たせると思います。


それが私の結論ですね。


それでも「難易度」「簡単さ」を強いて挙げるなら、
これは先日紹介したばかりだからという観点を抜きにしても


「Youtubeアドセンス」


は、その手軽さ、簡単さに対する


「可能性」
「継続性」



は非常に大きいビジネスではないかと思います。


投稿していった動画1つ1つが、
物凄い報酬を生み出してくれるル可能性。


今後、継続した報酬を生み出してくれる可能性。


これが比較的「高め」なので、
これはトレンドアフィリエイトやせどり、
ツイッターアフィリエイトには無かった優位性です。


難点はガチで動画の作成や撮影が必要な事なので、
そこを「面倒」とか思ってしまう人はダメですね。


まあ、私などは動画を撮影するより
キーボードを叩いている方が楽しいタイプなので、
完全にその線がありますが、私と逆タイプな人は
それこそこれ以上のビジネスは無いと思います。


とくにこのプログラムに参加しておけば、
その辺りの動画作成や稼げる動画撮影のネタには
ほぼ困る事は無くなると思います。


>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


ただ「ツイッター」は私のように情報発信を行うような
軸となるブログやメルマガがあるようなら、
活用していく価値は多いにあります。


優れたツールを使えば「ほったらかし」も出来るので、
最初にちょっと力を入れれば自動化も可能です。


それこそYoutubeアドセンスと並行するなら
自分で投稿したYoutube動画に対して、
ツイッターから自動集客という事も出来ますからね。


ツイッターとYoutubeは比較的相性がいいというか、
ユーザーをわりと自然に誘導出来るので、
そういう点で、やはりこちらのツールを活用すれば、
色々な観点でビジネスの幅はかなり広げられると思います。


>Twitter Brain(ツイッターブレイン)


実際、トレンドアフィリエイトも、
Youtube、Twitterとの連携の良いは多いにありますので、
こちらは「ほったらかし」という事は出来ませんが


「1日1時間くらい、ブログを更新する時間はある」


という人は、トレンドブログも交えて


・Youtube
・Twitter



を連係させる事でそれぞれから
相乗した収入基盤を作っていく事も出来ます。


「Youtube」「Twitter」と比べると、
トレンドアフィリエイトはどうしても、
継続的な労力という点で見劣りするところはありますが、


「大元のメディアに依存しない」


というメリットもあります。


Twitter、Youtubeは大元の両サイトがあってナンボですが、
トレンドブログはあくまでも自分独自のメディアです。


そういう観点でのリスクへッジはあってもいいと思います。


一応、私が推奨しているトレンドアフィリエイトの教材は
こちらの「イメージングアフィリエイト」と、
キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」の組み合わせです。

>イメージングアフィリエイト

>キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」


最後は「せどり・転売ビジネス」ですが、
これはもうこういう「シンプルなビジネス」こそが
自分には向いているという人向けですね。


YoutubeだTwitterだアフィリエイトだと言っても
結局、何だかよくわからん!という人は、
もう素直に物販で稼ぎましょう!というジャンルです。


安く仕入れて高く売る。


これ以上分かり易いビジネスは無いですから。


あと、音楽好きな人は私の推奨している企画は、
色々な意味で楽しんで実践出来るんじゃないかと思います。


>せどりインサイダープロジェクト


自分に合うビジネスがどれかわかりません、、、。


中にはそういう人もいると思います。


勿論「それじゃあ一通りやってみましょう!」とは言いません。


ただ情報としてその特性を理解すれば、
自分にどれが合うかも分かってくると思いますので、
一度、私が推奨している教材のレビューや、
そのセールスレターなんかをくまなく読んでみてください。


「あなたに合っているかどうか。」


くらいの判断基準になる情報はそこにある程度は書いてますから。


今後の自分の人生を左右するかもしれないビジネスを選ぶのに
情報をきちんと読み込んで整理するのは必要な事かと思います。


私の推奨する情報商材はそういうところも含めて
セールスレタ-の方でその辺りの判断基準も
しっかりと書かれているようなものばかりですし、
私もその判断が出来るようなレビューを書いているつもりです。


勿論、興味があるものだけでも構いません。


まずは出来る事から行動していく。


これが大事だと思います。


●Youtubeアドセンス

>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


●ツイッターアフィリエイト

>Twitter Brain(ツイッターブレイン)


●トレンドアフィリエイト

>イメージングアフィリエイト


●せどり・転売ビジネス

>せどりインサイダープロジェクト


あと、一応これも(笑)


●私と一緒に情報発信ビジネス。

>井上太一アフィリエイト倶楽部


それではまた。


井上


<井上太一の無料講座一覧>


井上太一のブログ講座一覧

井上太一の無料メルマガ講座

井上太一の推奨情報商材一覧

タグ

2014年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ